【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 旅の達人
  4. 抹茶の里・西尾の魅力に触れて! 地域ブランドを発信するミュージアム

[愛知県西尾市] 株式会社あいや 店舗販売課 あいや本店・店長 伊藤 慎さん(35) 抹茶の里・西尾の魅力に触れて! 地域ブランドを発信するミュージアム

バックナンバー インタビュー一覧[愛知県西尾市] 株式会社あいや 店舗販売課 あいや本店・店長 伊藤 慎さん(35)

[愛知県西尾市]
株式会社あいや 店舗販売課
あいや本店・店長
伊藤 慎さん(35)

お知らせ

あいや西尾の抹茶ミュージアム
「和く和く」

ミュージアム来館対応時間:
10:00~、13:00~、15:00~

※ミュージアムは予約制です
 詳しくはHPをご覧ください
https://www.matcha.co.jp/factory/
ミュージアムの予約は
0563-77-6572(9:30~17:00)

あいや本店
営業時間/9:30~18:30
定休日/年始(1/1~1/3)

あいや本店

 全国生産量のうち約30%を占める抹茶の名産地・西尾。温暖な気候、肥沃な土壌と水資源に恵まれ、江戸時代以前から茶の栽培が行われてきました。製造が本格化したのは明治時代に入ってから。発展の歴史には近隣都市の名産品や名古屋の喫茶文化なども深く関わりがあります。そんな抹茶に関する様々な魅力を体験できる「あいや西尾の抹茶ミュージアム 和く和く」を店長の伊藤さんに案内してもらいます。

大人気の茶葉の品質鑑定体験 他ではできない体験を

あいや西尾の抹茶ミュージアム「和く和く」

 西尾市で栽培されている茶葉のほとんどは、抹茶の原材料となる「てん茶」を作るために育てられています。抹茶は、現在ではアイスなど多くの加工品にも使われるようになり、世界中で楽しまれるようになりました。ミュージアム入り口では、その一部ですが500種類以上の抹茶製品を紹介しています。

 製造工程の見学では茶畑にかぶせる黒い覆いの理由や、茶臼で碾(ひ)くことによる利点も解説しています。よく質問を受ける内容を中心に展示・体験・解説を行っていますので、見学を終えた頃には、より抹茶の魅力を知っていただけるのではないでしょうか。繊細な味を追求するために培われてきたこれらの作業は、昔から変わっていません。惜しむことなくかけられた手間ひまが、西尾の美味しい抹茶を育んでいます。

 見学の途中に行う「茶葉の品質鑑定体験」は加工品、常用、おもてなし用と、等級(品質)の違いを香りや味で確かめる人気の体験。製造行程の中でも最も重要な作業の一つで、弊社でも30年以上の経験を持つ職人さんが行う特別な作業なんですよ。自分で茶葉をブレンドして、それを抹茶にする茶臼碾き体験なども用意していますので、ぜひ挑戦してください。

茶匠が行う茶葉の品質鑑定体験

茶匠が行う茶葉の品質鑑定体験

自分でブレンドした茶葉を茶臼で碾き、自ら点てたお抹茶とスィーツを茶室で楽しめる

自分でブレンドした茶葉を茶臼で碾き、自ら点てたお抹茶とスィーツを茶室で楽しめる

地域活性の拠点に! 伝えたい抹茶と地域の魅力

カフェでは濃厚な抹茶スイーツが楽しめる

カフェでは濃厚な抹茶スイーツが楽しめる

 西尾市は全国に誇る茶処して知られる反面、これまで同市に足を運んでいただいた方が、その魅力に触れられる場所は多くありませんでした。そこで「他ではできないような思い出に残る体験を通して、西尾の抹茶の魅力を広く紹介したい。地域活性の入口となれば」という思いで、弊社の現社長・杉田が発案したのが「あいや西尾の抹茶ミュージアム 和く和く」です。

 抹茶は茶の湯の文化とともに広まりましたが、それに縛られることなく、若い方にももっと気軽に楽しんでいただきたいと思っています。当施設がそのきっかけになれば嬉しいですね。西尾市を訪れた際は、稲荷山茶園公園も訪ねてみてください。美しい緑の茶畑が続く西尾の象徴的な景色をご覧いただけます。他にも日本初の古書ミュージアム・西尾市岩瀬文庫など、のんびりとした一日を過ごせる西尾観光。その際はぜひ、あいや本店でご一服ください。

おすすめ! お土産の達人

お土産

抹茶バウムクーヘンとお茶の詰合せ
3,400円(税別)

2018年07月

旅コラム
国内
海外