【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. みきのトラベルトーク
  4. パナマ運河

コラム みきのトラベルトーク

パナマ運河

パナマ運河

 今回は運河でおなじみのパナマ。

 北海道を少し小さくした面積をもつパナマは、運河によって太平洋と大西洋を結ぶ中継地ならではの様々な国の文化が詰まった魅力的な場所なのであります。

 気候はハワイのようにTシャツ一枚で気楽に楽しむ事が出来て、食べ物はスペイン、イタリアン、中華に和食、なんでもあり食に困る事がありません。

 そしてパナマへ行ったらぜひ飲んでいただきたいのがゲイシャコーヒー!

 といっても日本の芸者さんとは無関係で、産地である山の名前からとったもの。

 標高1600mあたりで栽培され、非常に収穫高も低く価値がある事から、世界一と言われる最高級のコーヒー。お花のような豊かなフレーバーで一口飲むとその香りの虜になってしまいます。お値段は一杯500円。 でも日本で手に入れると100gウン万円なんてするようです。

 パナマへ行ったら、ゲイシャコーヒーを飲みながら運河を眺める。そんな優雅なひとときを過ごしてみてはいかがですか?

今年で完成100周年。パナマ運河クルーズでは運河の仕組みを体感出来ます。

今年で完成100周年。パナマ運河クルーズでは運河の仕組みを体感出来ます。

パナマといえばパナマ帽も忘れてはならないアイテム。パナマ草を編んで作られ風通しも良いのです。安いもので12ドルからありました。

パナマといえばパナマ帽も忘れてはならないアイテム。
パナマ草を編んで作られ風通しも良いのです。安いもので12ドルからありました。

近代的なビルが立ち並ぶパナマシティ。まだまだ建設中のビルがあり、次回訪れた時はまたガラっと変わっているのでしょうね。

近代的なビルが立ち並ぶパナマシティ。
まだまだ建設中のビルがあり、次回訪れた時はまたガラっと変わっているのでしょうね。

ホテルの屋上にある空中プールからみる摩天楼。ん~贅沢~。

ホテルの屋上にある空中プールからみる摩天楼。
ん~贅沢~。

これがウワサのゲイシャコーヒー。パナマでもなかなか巡り合うチャンスが少ないので、見つけたら迷わず飲むことをオススメします!

これがウワサのゲイシャコーヒー。
パナマでもなかなか巡り合うチャンスが少ないので、見つけたら迷わず飲むことをオススメします!

(2014年6月号)

取材担当プロフィール

白石みき
3歳よりモデルとしてデビュー。以来、ファッション誌や広告をはじめ、ドラマ出演、映画、舞台、雑誌、ラジオなど多方面で活躍。
現在TBS系「世界ふしぎ発見!」ミステリーハンターとして世界を巡る。

旅コラム
国内
海外