【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. みきのトラベルトーク
  4. 聖母マリア出現100年目を祝う ポルトガル・ファティマ

コラム みきのトラベルトーク

聖母マリア出現100年目を祝う ポルトガル・ファティマ

聖母マリア出現100年目を祝う ポルトガル・ファティマ

前回のコラムに引き続き今回もポルトガルのお話しです。イギリスのエコノミスト紙が毎年発表している世界平和度指数。2017年、ポルトガルはアイスランド、ニュージーランドに次ぐ第3位!3位だけあってヨーロッパの中でとても治安が良く安全な為、今年はポルトガルの人口の2倍にもなるツーリストが訪れたそうです。
確かに、私もポルトガルは2度目の訪問でしたが食べ物は魚介類中心でとても美味しいですし、小さな国なので車で少し移動しただけでも色々な表情を見せてくれる魅力的な国だと改めて感じました。
中でも首都リスボンから車で約1時間半行った所にファティマという街があります。ここは聖母マリアが現れたという神聖な場所。バチカンが聖母マリアの出現を正式に認めた場所はファティマを含め世界で3つしかありません。今年は奇跡の聖母マリアの出現から100年目という貴重な年で、ミサに参加する為小さな街に約30万人もの人が訪れました。夜にはキャンドルミサが行われたのですが、ものすごい数の灯火がファティマの街を埋め尽くした光景は壮観の一言。でもそれ以上に世界各国の人々が共に祈る、その沢山の願いや想いに触れる事が出来て感動が止まりませんでした。キャンドルミサは日の入り前まで行われ、翌日は聖母マリアとの別れのミサが行われます。 ミサが行われた広場は霧がかかり、うっすらと光り射す中マリア像がゆっくり運ばれる姿を見ていたらまた何か奇跡が起こるかもしれないという不思議な気持ちにもなりました。
そんな神秘的な街ファティマ。新たな奇跡を求めてまた訪れに行きたいです。

キャンドルミサの様子です。 世界各国から沢山の願いがファティマの街に集まりました。

キャンドルミサの様子です。
世界各国から沢山の願いがファティマの街に集まりました。

お花の台座に乗ったマリア様が皆さんの前をゆっくり練り歩いて行きます。 輝くマリア様に感動いたしました。

お花の台座に乗ったマリア様が皆さんの前をゆっくり練り歩いて行きます。
輝くマリア様に感動いたしました。

こちらは翌日の様子。 さぁ私はどこにいるでしょう?!

こちらは翌日の様子。
さぁ私はどこにいるでしょう?!

取材担当プロフィール

白石みき
3歳よりモデルとしてデビュー。以来、ファッション誌や広告をはじめ、ドラマ出演、映画、舞台、雑誌、ラジオなど多方面で活躍。
現在TBS系「世界ふしぎ発見!」ミステリーハンターとして世界を巡る。

旅コラム
国内
海外