【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. みきのトラベルトーク
  4. すっかりハマってしまった街 福岡県久留米市

コラム みきのトラベルトーク

すっかりハマってしまった街 福岡県久留米市

すっかりハマってしまった街 福岡県久留米市

今回は福岡県久留米市に旅してきました。
福岡市内から電車で30分程で行くことが出来る久留米市は、九州一の大河である筑後川が流れる自然豊かな街。
初めて訪れたのですが、すっかりドハマリしてしまいました。
まずは久留米市に到着して、ホッと一息いれたくて立ち寄った「COFFEECOUNTY」。
初めてみる大きなドイツ製の焙煎機を眺めながら、この日は真夏日だったのでクールダウンにアイスコーヒーを注文。
本来の豆の味をもっと感じたい人はホットがおススメです。コーヒー豆をお土産にさらに足取りも軽やかになり、続いて訪れたのは「TAKECO1982」。
なんともお洒落なスパイス屋さんなのです。お手製サングリアを試飲させていただいたのですが爽やかなスパイスの風味がクセになるっ!
サングリアに使うスパイスとカレーキットなどを購入しました。
買い物を終え、日が暮れてお腹も空いてきたので、まずは肝臓の為の準備運動として角打ちへ。笑
最近流行りだした角打ちとは、酒屋さんの中で立ち呑みする事を意味します。
生ビールをグイッと呑もうかと思いましたが、せっかく酒処久留米に来たのだから山の壽 万作を一杯いただきました。
ワイングラスにたっぷりついでいただき500円。すっきりとした味わい、そして酒屋価格バンザイです!
準備運動を終えて向かったのは、ぎょうざの「娘娘」へ。メニューは水餃子、焼き餃子におつまみ約4種といたってシンプル。
オリジナルの酢醤油タレにゴマと刻みニラをトッピングしていただくのが娘娘流です。
水餃子は皮がモッチモチ!焼き餃子はカリッカリ!ひと口サイズが食べやすく、いくらでもいただける旨さでした。
ようやく胃と肝臓の準備は整った所で日吉町「酉雅」へ。
福岡の地鶏 はかた地どり専門の焼き鳥店で、昼引きされたばかりの鶏をオーダーが入ってからカットして串に刺すという まさに新鮮、贅沢な焼き鳥がいただけます。
どれも鶏本来の旨味が凝縮されていて、思わず目を閉じながら噛み締めたくなる味わい。
焼き鳥に合わせるワインは全て店主こだわりの自然派ワインなのも嬉しいポイント。
お腹いっぱいになるまで思う存分堪能した久留米旅。初日でこんなにも満喫出来て私がハマった理由も少しお分かりになったでしょうか?!
まだまだお伝えしたいので次回へ続きます。

外観も可愛いスパイス屋さん。おもわずパチリしてしまいました。

外観も可愛いスパイス屋さん。おもわずパチリしてしまいました。

店内にはズラッとスパイスが。わからないことがあったら、お店の方が丁寧にスパイスの使い方など教えてくれますよ!

店内にはズラッとスパイスが。わからないことがあったら、お店の方が丁寧にスパイスの使い方など教えてくれますよ!

こちらは角打ちでの一枚。空きっ腹に日本酒がききますっ!おつまみなどもあるので、ぜひ。

こちらは角打ちでの一枚。空きっ腹に日本酒がききますっ!
おつまみなどもあるので、ぜひ。

ひと口サイズの焼き餃子。これなら、いくつでも食べられます!

ひと口サイズの焼き餃子。これなら、いくつでも食べられます!

取材担当プロフィール

白石みき
3歳よりモデルとしてデビュー。以来、ファッション誌や広告をはじめ、ドラマ出演、映画、舞台、雑誌、ラジオなど多方面で活躍。
現在TBS系「世界ふしぎ発見!」ミステリーハンターとして世界を巡る。

旅コラム
国内
海外