【本文】

  1. トップ
  2. イベントガイド
  3. 8月 中部お出かけガイド

8月 中部お出かけガイド

2018年07月30日

催祭花火遊スポーツ募集

催

至上の印象派展 ビュールレ・コレクション

9月24日(月・休)まで、名古屋市中区栄の市美術館。スイスの大実業家エミール・ゲオルク・ビュールレ愛蔵のコレクションから、モネ、ルノワール、セザンヌ、ゴッホなど印象派を中心に約60点の名品を紹介。月曜(8月13日、9月17日、24日は除く)、9月18日休館。一般1500円、大学生1000円、高校生800円、中学生以下無料。7月31日から8月31日までの休館日を除く平日は、学生証の提示で高校生は無料。(問)同館=052(212)0001

尾州徳川の花相撲

26日(日)まで、名古屋・新栄のヤマザキマザック美術館。名古屋園芸(名古屋市中区)創業者、小笠原左衛門尉亮軒(さえもんのじょうりょうけん)氏のコレクション「雑花園文庫」の江戸時代に描かれた植物の精巧な図画や、日本の園芸文化の影響がみられる西欧のアールヌーボー作品など約230点を展示。13日を除く月曜休館。一般1000円、小中高生500円。(問)同館=052(937)3737

サヴィニャック パリにかけたポスターの魔法

9月2日(日)まで、津市大谷町の三重県立美術館。20世紀を代表するフランスのポスター作家レイモン・サヴィニャック(1907~2002年)の原画などを集めた企画展。生活用品の商業広告を中心に、パリの図書館などが所蔵する200点超を展示。一般1000円、学生800円、高校生以下無料。月曜休館。(問)県立美術館=059(227)2100

長谷川利行展

9月9日(日)まで、愛知県碧南市の市藤井達吉現代美術館。その短く激しい生涯のため、時に日本のゴッホとも呼ばれる画家・長谷川利行の新発見作品を含む代表作約140点を紹介。8月4日(土)後2、同館向かいの大浜まちかどサロンで「街がアトリエ」と題し、本展監修者の原田光さんによる記念講演会あり(先着60人、聴講無料だが要事前申し込み)。月曜休館。一般900円、高大生600円、小中生400円。(問)同館=0566(48)6602

外宮さんゆかたで千人お参り

1日(水)夕、三重県伊勢市の伊勢神宮外宮。五穀豊穣(ほうじょう)や無病息災を祈って参拝する風習「八朔(はっさく)参宮」にちなんだ催し。後6・20に外宮の火除(ひよけ)橋に集合し、一斉にお参りする。周辺には飲食の屋台、参道沿いには竹あかり(竹灯籠)が並び、後6から太鼓演奏も。浴衣の無料着付け(後4~7)もある。(問)実行委の坂田さん=090(3257)7674

ミュージカル「POWER OF DREAM」

1日(水)~31日(金)平日・土曜は、昼の部=後1、夜の部=後7、日曜のみ昼の部=正午、夜の部=後5・30、名古屋市中区栄のNDP STUDIO。地域で活動する女性アイドルたちの中からオーディションでメンバーを選び、本格的なミュージカル公演をする。観覧料3500円に当日ドリンク代500円、未就学児入場不可。火曜休演。(問)NDP STUDIO=052(684)9340

下呂温泉まつり

1日(水)~4日(土)、岐阜県下呂市の下呂温泉街。1日後7から「龍神火まつり」。5体の竜が光と炎の中を椀(わん)みこしを追って練り回る。2日(木)後6から「湯の華みこしパレード」がある。みこしやサンバの隊列が温泉街を練る。3日(金)後8から「下呂温泉花火ミュージカル夏公演」(中日新聞社協賛)。約1万3000発の花火が音楽に合わせ、打ち上げられる。4日後7からカラオケ大会「歌塚歌謡祭」がある。(問)市観光課=0576(24)2222か、市総合観光案内所=0576(25)4711

高岡七夕まつり

1日(水)~7日(火)、富山県高岡市の中心市街地。あんどん、吹き流しなどを付けたさまざまな七夕飾りが街中を彩る。3日(金)~5日(日)は、ジャズライブなどイベントがある。(問)まつり実行委員会=0766(20)0555

安城七夕まつり

3日(金)~5日(日)、愛知県安城市のJR安城駅前一帯。周辺道路3.5キロほどを竹飾りなどで彩る。6万枚の短冊が飾られる「短冊ロード」や願いごとを壁面に映し出す「願いごとスクリーン」も。(問)市商工課=0566(71)2235

SAKAE納涼盆踊り大会

4日(土)後5~9、名古屋市中区の錦通大津-錦通本町。錦通の真ん中にやぐらを設置し、両車線で行う初開催の盆踊り大会。本格的な名古屋踊りから近代的な盆踊りまで、さまざまな盆踊りが楽しめる。アイドルグループ「SKE48」や「BOYS AND MEN 研究生」などのゲストも登場予定。飲食ブースやショップブースが登場するほか、ワンコイン着付け・着付け直しサービスも実施する。(問)同実行委=052(955)3211

富山まつり

4日(土)~5日(日)、富山市本丸の城址(じょうし)公園、城址大通りとその周辺。大通りを踊り手が埋め尽くす恒例の「越中おわら踊り」など。(問)市観光協会=076(439)0800

北斎展~師とその弟子たち~

4日(土)~9月17日(月・祝)、石川県七尾市の県七尾美術館で江戸時代に活躍した浮世絵の巨匠・葛飾北斎と弟子たちの作品約200点を紹介する。主な出品作は「冨嶽三十六景」や「北斎漫画」、肉筆の自画像、影響を受けたフランス人画家アンリ・リビエールの「エッフェル塔三十六景」など。初日は、開会式の後、展覧会を監修した中右瑛さんのギャラリートークがある。一般800円、高大生350円、中学生以下無料。無休。(問)県七尾美術館=0767(53)1500

たんころりんの夕涼み

4日(土)~15日(水)、日没~後9。愛知県豊田市足助地区の夏の風物詩。竹で編んだかごに和紙を巻き、地元住民が手作りしたあんどん「たんころりん」700基が、1・5キロほどの古い町並みをやさしく照らす。街角では、三味線、尺八、ギターなどの演奏会もある。(問)足助観光協会=0565(62)1272

にゃんこ みっけパネル展

8日(水)~31日(金)、名古屋市中村区名駅の星野書店近鉄パッセ店。8日の世界猫の日を記念した、猫の写真集「にゃんこ みっけ」(中日新聞社刊)の作品パネル展。同書購入者に展示パネル約60点(A4サイズ)の中から1点をプレゼント。なくなり次第終了。定価1620円。(問)同店=052(581)4796

ダンボールtheライド

8日(水)~20日(月)、名古屋市千種区の名古屋三越星ケ丘店。7回目の開催となる「ダンボール遊園地」で、今年は乗り物をテーマに楽しめる。迷路や広場、過去最大のジャンボ機すべり台など。中学生以上500円、3歳~小学生300円。(問)同店=052(783)1111

名古屋城こども王位戦 予選大会

11日(土・祝)小学1~3年は前9・30、小学4年~中学3年は後2、受け付けは1時間前から、名古屋市千種区の吹上ホール。小中学生学年別の将棋大会。各学年上位4人が10月6日(土)に名古屋城で行われる決勝大会に進む。申し込みはホームページ(「名古屋城こども王位戦」で検索)の申し込みフォームから。締切りは8月3日(金)。(問)中日新聞社会事業部=052(221)0955(平日前10~後6)

中津川夏まつり おいでん祭(さい)本まつり

13日(月)後5、岐阜県中津川市のJR中津川駅前通り一帯。旧苗木藩に伝わる400年前の絵図を再現した「風流(ふりゅう)おどり」の披露、市民の創作みこし練り歩き、郷土芸能の太鼓演奏など。(問)中津川商工会議所内実行委=0573(65)2154

くるま・サマーフェスティバル2018

13日(月)~15日(水)前9~後5(入館は後4・30まで)、石川県小松市二ツ梨町の日本自動車博物館。懐かしいボンネットバスのクラシックカーや、タイのタクシー「トゥクトゥク」の乗車体験など。入館料は高校生以上1000円、小中学生500円、65歳以上600円。12月26~31日以外無休。(問)同館=0761(43)4343

鍋づる万灯

15日(水)後7~7・30、愛知県新城市市川の万灯山。鎌倉時代初期から続くとされる伝統の盆行事。長さ1.5メートルの青竹にたいまつを結び付け、山の斜面に半円状に並べる。寺の鐘を合図に一斉に点火し延長120メートルの炎の弧を描く。豊川を挟んだ対岸のJR飯田線鳥居駅付近からも遠望できる。(問)市観光協会=0536(29)0829

なめくじ祭

19日(日)後6・30、岐阜県中津川市加子母の加子母大杉地蔵尊。旧暦7月9日の夜、文覚上人の墓碑に現れるナメクジを拝む奇祭で、ナメクジは若き日の上人が誤って殺害した袈裟御前の化身と伝わる。(問)加子母総合事務所=0573(79)2111

永平寺大燈籠(とうろう)ながし

25日(土)に福井県永平寺町の九頭竜川永平寺河川公園。後7から曹洞宗大本山永平寺の役僚らによる大施食法要(だいせじきほうよう)があり、その後、先祖の供養や願い、感謝を託した約1万基の燈籠が川に流される。川面には幻想的で荘厳な光の帯が描かれ、クライマックスには約1000発の打ち上げ花火が夜空を染める。昼間は川下り体験やコンサート、バザーなど、親子で楽しめるイベントも。(問)実行委=0776(61)3930

最恐怪談師決定戦「怪談王」

25日(土)後2・30、名古屋市千種の今池ガスホール。関東、関西、東海地区の予選通過者ら8人がトーナメント形式で、最も恐ろしい怪談を語る「怪談王」の座を競う。作家の山口敏太郎さんがプロデュースし、蓮久寺(京都市)三木大雲住職、漫才師シンデレラエキスプレス渡辺さん、芸人松原タニシさんらが出場する。前売り券4000円、当日券4500円。未就学児入場不可。(問)中日新聞社会事業部=052(221)0955

長良川薪能

31日(金)後6、岐阜市長良の岐阜グランドホテル前の長良川河川敷。かがり火に照らされた特設舞台で能と狂言を披露する。演目は能「熊坂」、狂言「蝸牛(かぎゅう)」ほか。入場無料、申し込み不要。雨天・増水時は岐阜市民会館で行う。開催情報ダイヤル(当日のみ)=(0180)991509 (問)市文化芸術課=058(214)4973

祭

須成祭

4日(土)後7・30と5日(日)前9・30、愛知県蟹江町須成の蟹江川。国連教育科学文化機関(ユネスコ)無形文化遺産の祭礼。4日の宵祭ではちょうちんで飾られた巻藁(まきわら)船が、5日の朝祭では人形を載せた車楽(だんじり)船が、それぞれ登場する。(問)町観光協会=0567(95)1111

田峯念仏踊り=昨年

田峯念仏踊り=昨年

田峯念仏踊り

17日(金)後6・30、愛知県設楽町田峯の田峰観音。念仏衆が鉦(かね)と笛のはやしに合わせて太鼓を打ち鳴らしながら踊り、先祖の霊を供養する。地面を蹴りながら勇壮に踊ることから「跳ね込み」とも呼ばれ、県無形民俗文化財に指定されている。住民による昔ながらの手踊りもあり、伝統の盆唄が境内に響く。(問)町観光協会=0536(62)1000

 
貝津田の棒の手=昨年

貝津田の棒の手=昨年

貝津田の棒の手

19日(日)後8~9、愛知県設楽町西納庫(なぐら)貝津田地区の諏訪神社。戦国時代、農民が自衛のために身に付けたとされる武芸。六尺棒や槍(やり)、鎌、刀などを携えた地元保存会員らが拝殿でおはらいを受けた後、ほら貝の合図で起倒流棒の手の演武を奉納する。(問)町観光協会=0536(62)1000

 
輪島大祭=昨年

輪島大祭=昨年

輪島大祭

22日(水)~25日(土)、石川県輪島市中心部。豊漁を願い奥津比●(おきつひめ)神社を皮切りに、重蔵、住吉、輪島前(ざき)の各神社が催す夏祭り。見どころは、化粧をして髪を染めるなど女装した若衆が、みこしを担いだまま夜に海へ入る海中渡御。みこしが海に入っている時間が長いほど、豊漁になると伝えられる。(問)わじま観光案内センター=0768(22)1503
※●は口へんに羊

 
ぐず焼まつり=昨年

ぐず焼まつり=昨年

ぐず焼まつり

27日(月)後6・30、石川県加賀市動橋町の振橋神社周辺。災厄をもたらした伝説の怪魚「ぐず」の張り子を焼き払って退治する奇祭。見どころは、若衆が木枠に竹やこもを巻いて仕上げた全長10メートル以上の「ぐず」のJR動橋駅前での練り回しと、同神社での焼却。(問)実行委=0761(74)0715

花火

美濃市中日花火大会

1日(水)後7・40~8・40、岐阜県美濃市前野の長良川河畔。同市出身の歌手野口五郎さんの楽曲とともに、約1000発のスターマインなどを打ち上げる。荒天時は8日に延期。(問)市観光協会=0575(35)3660

岡崎城下家康公夏まつり花火大会

4日(土)後6・50~9、愛知県岡崎市の乙川と矢作川河畔。10号玉やスターマイン、仕掛け花火など計約2万発が夜空を彩る。荒天時は翌5日(日)に順延。(問)市観光協会=0564(77)7283

昨年の「びわ湖大花火大会」

昨年の「びわ湖大花火大会」

2018びわ湖大花火大会

7日(火)後7・30~8・30、大津市浜大津の滋賀県営大津港沖の水面一帯。今年のテーマは「虹色の旅へ。滋賀・びわ湖」。滋賀県の多様な魅力を虹になぞらえ、湖面を彩る1万発の花火で表現する。(問)びわ湖大花火大会実行委事務局=077(511)1530

みすぎ夏まつり納涼花火大会

11日(土・祝)後6・30~9、津市美杉町八知の美杉中学校グラウンド。盆踊りや太鼓演奏の後、後8から花火大会。地元の美杉手筒会による手筒花火や打ち上げ花火2000発。荒天の場合は12日(日)、16日(木)に順延。(問)市美杉総合支所地域振興課=059(272)8085

三国花火大会

11日(土・祝)後7・30、福井県坂井市三国町の三国サンセットビーチと九頭竜川ボートパーク。北陸最大規模の花火。直径450メートルに花開き、海面までたれ落ちる2尺玉をはじめ、10号玉一斉打ち上げ芸術花火、音楽スターマイン、300メートルナイアガラ、仕掛け花火など多彩。名物は水中花火船から花火師が、火を付けた花火玉を海に投げ込む水中花火。海面すれすれで美しい扇状に開く。同大会では、長野県の伊那火工堀内煙火店が一玉一玉手作りし、総勢30人の花火師が1万発を打ち上げる。荒天順延。(問)実行委=0776(50)3152

2013年のサマーフェスタインひさいの花火

2013年のサマーフェスタインひさいの花火

サマーフェスタインひさい

12日(日)後6~9、津市久居新町の陸上自衛隊久居駐屯地グラウンド。映画音楽に合わせた花火や、フィナーレのスターマインと幅約200メートルの大ナイアガラなど5000発。今年は仕掛け花火が復活する。花火の打ち上げは後8から。小雨決行で、荒天の場合は13日(月)に順延。(問)市久居総合支所地域振興課=059(255)8846、開催案内は当日前10から0180(99)3354

第10回記念関市民花火大会

13日(月)後7・30~8・30、岐阜県関市稲口の津保川河畔。約7000発を打ち上げる。当日は市役所から市保健センターまでシャトルバスを出す。荒天時は15日(水)に延期。(問)市観光協会=0575(23)6726

とうろう流しと大花火大会

16日(木)に福井県敦賀市の気比の松原。後6・30から赤・青・黄色の灯籠約6000個が松原海岸に流される。灯籠が漂う中、後7・30から花火開始。今年は、国体開催記念の花火に始まり、音楽とスポーツを融合させたスターマイン、日本では珍しい欧州の花火などがあり、フィナーレでは花火のごう音と衝撃波が響き渡る。(問)敦賀観光協会(平日)=0770(22)8167、敦賀観光案内所(土日祝)=0770(21)8686

馬瀬川大花火

25日(土)後8、岐阜県下呂市馬瀬中切の馬瀬川河畔。飛騨地区最大級の1尺玉をはじめとした打ち上げ花火が約1000発が夜空を彩る。山々に響く花火の音も魅力。(問)南飛騨馬瀬川観光協会=0576(47)2841

遊

ジオ・イルミネーション

10月28日(日)まで福井県勝山市のスキージャム勝山。9月14日(金)までは後6・30~10、10月28日までは後5・30~9。「太古と恐竜の世界」をコンセプトにした北陸最大級のイルミネーション。46億年前の地球誕生から先カンブリア、魚類やシダ植物が繁栄した古生代、恐竜が栄えた中生代までを6エリアに分け、約60万球を使った最新の光の芸術で、鮮やかに演出する。気軽に楽しめるバーベキューや軽食、宿泊施設も用意されている。散策は約1.7キロで45分程度。大人1000円、子ども500円。(問)スキージャム勝山=0779(87)6109

志摩スペイン村夏のナイター営業

31日(金)まで、三重県志摩市磯部町のスペイン村。後7・30から連日、ナイトパレードを開催。壁面に映像を映すプロジェクションマッピングや山車で盛り上げ、パレードの最後には花火を打ち上げる。後4からの入園がお得になる「ムーンライトパスポート」も販売。大人3200円。(問)志摩スペイン村=0599(57)3333

スポーツ

夏の雪まつり

5、12、19、26日(日)名古屋市中区の大須スケートリンク。整氷時に出る氷を使った雪遊びコーナーの設置や初心者向けスケート教室など。12日は滑走料600円(貸靴料別)の特別料金でリンクを開放し、フィギュアエキシビションも開催。(問)名古屋スポーツセンター=052(321)1591

メニコンカップジュニアサッカースクール

9月9日(日)前10・30、名古屋市瑞穂区のパロマ瑞穂ラグビー場。年長の幼児と小学生が対象で名古屋グランパスのコーチからサッカーの基礎を学ぶ。コーチ陣との写真撮影会も実施。定員は120人で応募多数の場合は抽選。8月16日(木)までに「メニコンカップ」のホームページから申し込む。(問)中日新聞社スポーツ事業部=052(211)4420(平日前10~後6)

募集

名古屋ボストン美術館最終展「ハピネス~明日の幸せを求めて」関連講演会

18日(土)後2~3・30、名古屋市中区金山の名古屋ボストン美術館。共立女子大教授の長崎巌さんによる講演会「ウィリアム・スタージス・ビゲロウ-日本の染織を誰よりも愛した外国人-」。定員150人。聴講無料だが、当日入館券または半券が必要。メールまたは往復はがきで事前申し込み(4日必着)。また、31日(金)まで、中学生以下1人につき、同伴の保護者2人の当日入館料が200円引きとなる「Go!Go!家族でびじゅつかん」を実施している(ほかの割引との併用不可、中学生以下は無料)。(問)同館=052(684)0101

こども絵画コンクール

幼児と小学生が対象で「スポーツ」「あそび」「アウトドア活動」をテーマに、四つ切り画用紙に描く。入賞者に賞状・記念品、全員に参加賞。応募は1人1点。所定用紙を添えて、13日(月)~9月14日(金)に愛知県教育・スポーツ振興財団へ。(問)同財団=052(242)1588

「JAバンクあいち ドームドッジinナゴヤ」参加チーム募集

11月18日(日)名古屋市東区のナゴヤドーム、幼児、小学低学年、同高学年、女子、一般があり、レベル別に全11部門に分かれ対戦。参加料(1チーム)は幼児、小学低学年が1万2000円、一般が1万9000円、他は1万4000円。詳細はHP(「ドームドッジ」で検索)で。9月17日(月・祝)必着で、定員になり次第締め切り。(問)事務局=080(5135)0204

 
祭礼や催事などは変更もあります。お出かけの際は確認をお願いします。

旅コラム
国内
海外