【本文】

  1. トップ
  2. イベントガイド
  3. 2月 中部お出かけガイド

2月 中部お出かけガイド

2017年01月30日

催祭遊募集

催

「永青文庫 日本画の名品」展

26日(日)まで、名古屋市中区の名古屋市美術館。旧熊本藩の細川家に伝わる文化財から、横山大観、上村松園、菱田春草らの近代日本画をはじめ、江戸時代の名僧、白隠と仙厓の禅画・墨跡の名品を紹介。期間中展示替えあり。月曜休館。一般1300円、高大生800円、中学生以下無料。18日(土)後2から、学芸員の保崎裕徳さんによる作品解説会。定員180人。当日先着順で後1・30に開場。(問)同美術館=052(212)0001

木曽路氷雪の灯(ひ)祭り

2月11日(土・祝)まで、長野県塩尻市贄川から岐阜県中津川市馬籠間の宿場町などで順次開催。氷の器の中でろうそくをともすアイスキャンドルや雪像が並ぶ。今後の日程は▽2月3日(金)塩尻市奈良井 ▽3、4日(土)木曽町福島 ▽4日(土)木曽町開田高原、王滝村 ▽5日(日)塩尻市贄川 ▽11日(土)南木曽町妻籠、木曽町黒川、岐阜県中津川市馬籠。(問)木曽観光連盟=0264(23)1122

ゴッホとゴーギャン展

3月20日(月・祝)まで、名古屋市東区の愛知県美術館。2人の画家の関係性をテーマにした国内初の企画展。共同生活をしていたころの油彩画を中心に、モネやベルナールら2人が影響を受けた画家の作品を含め64点を展示する。最終日を除く月曜休館。一般1500円、高大生1200円、中学生以下無料。(問)ハローダイヤル=050(5542)8600

商家に伝わるひな人形めぐり

1日(水)~3月20日(月・祝)、滋賀県東近江市の五個荘(ごかしょう)地区。近江商人発祥地の一つとして知られる重要伝統的建造物群保存地区周辺の近江商人屋敷や博物館で、豪華ひな人形や創作ひな人形など約110組を一斉公開。2月18日(土)、19日(日)は地元の学生らがひな人形に扮(ふん)して観光客をもてなす「にんげん雛(ひな)絵巻まつり」もある。2月6日(月)は休館。一部施設を除いて有料で、共通券もある。(問)東近江市観光協会=0748(48)2100

伊奈波神社節分祭

3日(金)、岐阜市伊奈波通の伊奈波神社。前9から厄よけや開運などの祈祷(きとう)があり、夕方から火の粉で厄災を焼き払う節分手筒煙火(はなび)奉納祭が始まる。大小約170本の手筒煙火が次々と点火され、火柱が上がる。(問)伊奈波神社=058(262)5151

白峰雪だるままつり

3日(金)、石川県白山市白峰一帯。地区住民が作った雪だるまが並ぶ。雪だるまの中にろうそくを仕込み、後5から明かりをともし、幻想的な雰囲気を醸す。後3から地区内各所で特産品を中心に飲食物を販売。後2~9・30は地区内の車の通行は禁止。特設駐車場料金は大型バス5000円、マイクロバス3000円、乗用車500円。(問)白峰観光協会(ファクス)=076(259)2741

雪灯(あか)りの散歩路(みち)=昨年

雪灯(あか)りの散歩路(みち)=昨年

雪灯(あか)りの散歩路(みち)

3日(金)、4日(土)後6、長野県木曽町福島の旧中山道や福島宿一帯。約4000個の氷の器を沿道などに並べ、器に入れたろうそくに灯をともし、幻想的な明かりで、古い町並みを照らす。地元の住民や学生らが作った雪像も並ぶ。(問)まちづくり木曽福島=0264(22)2766

鳳凰(ほうおう)座歌舞伎特別公演

3日(金)~5日(日)後9、岐阜県下呂市幸田の水明館。地元の鳳凰座歌舞伎保存会が「縁結神釣女(えんむすびのかみつりおんな)」を披露するほか、衣装体験と記念撮影、下呂温泉の芸妓(げいぎ)による日本舞踊もある。無料。(問)岐阜地歌舞伎ツーリズム事務局=0584(71)6133

結(ゆい)の故郷(くに)越前おおの冬物語

4日(土)後3、5日(日)前8、福井県大野市の結ステーションや七間通り周辺。一帯にかまくらや滑り台、雪像などが登場する。夕方には400基以上の雪見灯籠が城下町を彩り、4日後7・30からは、越前大野城をバックに花火の打ち上げ。市まちなか交流センターでは両日、黒砂糖を使った冬季限定の「でっちようかん」の食べ比べが楽しめ、特産品、名物の販売もある。(問)市観光協会=0779(65)5521

伏見サイエンスエリアに行こう!

4日(土)、5日(日)、名古屋市中区栄のでんきの科学館と市科学館、エコパルなごやの3館同時イベント。でんきの科学館と市科学館では職員による実験ショー「電気ってなに?対決」(前11、後2からでんきの科学館で)、「いろいろびっくり!対決」(後1、2、3から市科学館で)がある。エコパルなごやではワークショップで作った作品を持ち、クイズゲームなどをクリアするとプレゼントがもらえる。(問)名古屋市科学館=052(201)4486

おひなさまめぐりin二見

4日(土)~3月5日(日)、三重県伊勢市二見町茶屋の展示施設「賓日館」など。夫婦岩で知られる観光地の二見地区で、旅館や公民館など100カ所に計6000体のひな人形を飾る。今年のテーマは「華やぐ二見浦の早春賦」で、スタンプラリーも実施。(問)二見浦観光案内所=0596(43)2331

特別展「尾張徳川家の雛(ひな)まつり」

10日(金)~4月9日(日)、名古屋市東区の徳川美術館。尾張徳川家伝来のひな人形やひな道具を展示。蓬左文庫で同時開催の特別展「日本最大の婚礼調度 さちぎみ様のお嫁入り」では、尾張徳川家11代斉温(なりはる)夫人の福君(さちぎみ)が所持したひな道具も全点公開。月曜(祝日の場合は翌日)休館。一般1200円、高大生700円、小中学生500円。毎週土曜は小中高生無料。「日本最大の婚礼調度」も徳川美術館入場券で観覧可。(問)同館=052(935)6262

だるま市

11日(土・祝)前8ごろ、長野県伊那市高遠町のJRバス高遠駅一帯。鉾持神社の祭事に合わせ、福だるまの露店が並ぶ。商店街に人形飾りも登場する。(問)伊那市観光協会=0265(78)4111、市商工会=0265(94)2309

「𠮷田博木版画展」ミニレクチャー

11日(土・祝)後2~2・30、名古屋市中区の名古屋ボストン美術館5階レクチャールーム。講師は同館学芸員。定員40人、当日先着順で、後1から3階受付で整理券配布。聴講無料だが、入館券が必要。(問)同美術館=052(684)0101

佐布里池(そうりいけ)梅まつり

11日(土・祝)~3月12日(日)、愛知県知多市の佐布里池梅林と佐布里緑と花のふれあい公園。池周辺には25種5100本の梅がある。会場では地元の土産コーナー、朝市など開催。期間中は土日を中心に音楽や踊り、郷土芸能、落語などのステージも。駐車場は混雑が予想される。名鉄朝倉駅から路線バスもある。(問)市観光協会=0562(33)3151

東二口文弥まつり

11日(土・祝)後7、12日(日)後2と7、18日(土)後7、19日(日)後2、石川県白山市東二口歴史民俗資料館。東二口集落に約350年伝わる「文弥人形浄瑠璃・でくの舞」(国重要無形民俗文化財)の公演。演目は11日の公演から順に「出世景清」「大職冠」「酒呑童子」「源氏烏帽子折」「門出屋島」。無料。(問)白山市観光課=076(274)9544

ワクワクワークショップ~博物館でつくるモノ語り

11日(土・祝)、12日(日)前10~後4、名古屋市瑞穂区瑞穂通1の市博物館。「新人学芸員が展示に挑戦する」とした物語に沿い、組みひもやつづれ織り、型染めなどの体験が楽しめる。企画運営は名古屋市立大の学生。参加費は常設展観覧料(一般300円、高大生200円、中学生以下無料)のみ。(問)名古屋市博物館=052(853)2655

郡上たかす雪まつり

11日(土・祝)、12日(日)前10、岐阜県郡上市高鷲町ひるがの高原「牧歌の里温泉」が主会場。雪像コンテスト、かまくら、花火、ステージイベントなど。11日の夜にはライトアップやレーザーショーも。(問)高鷲観光協会=0575(72)5000

南砺ふくみつ雪あかり祭り

11日(土・祝)正午~後8、12日(日)正午~後6、富山県南砺市福光の「道の駅福光」付近。約50基の巨大紙風船が天高く浮かび上がる。夕刻には紙風船から漏れるバーナーの赤々とした色が幻想的。郷土民謡のステージショーや餅つき大会、鍋の販売、写真コンテストなどを予定。(問)実行委=0763(52)4100

南砺市アイスフェス

11日(土・祝)、12日(日)前9~後5、富山県南砺市井波の「いなみ木彫りの里・道の駅井波」。井波彫刻の職人らでつくる井波チェーンソーアート倶楽部による氷彫刻の制作実演と展示。会場隣の井波彫刻総合会館で「木彫りのお雛様展・招福展」を無料見学できる。(問)実行委=0763(82)5757

越中八尾冬浪漫

11日(土・祝)~26日(日)、富山市八尾町の八尾曳山(ひきやま)展示館など。「おわら風の盆」で有名な八尾町の魅力を体感できるイベント。18日(土)、19日(日)は「民謡セッション」があり、おわら風の盆の歌と踊りが楽しめる。期間中の土日は日没から後10まで町並みを幻想的にライトアップする「夢あかり」も。(問)越中八尾観光協会=076(454)5138

田峰観音奉納歌舞伎

12日(日)前11~後8、愛知県設楽町の田峰観音境内。村を苦境から救った観音様に感謝をささげようと、350年間続く伝統行事。竹と材木を組み合わせた特設の芝居小屋で、住民による歌舞伎保存団体「谷高(やたか)座」と田峯小の児童が計5幕を上演する。入場無料。(問)町観光協会=0536(62)1000

鹿谷町雪まつり

12日(日)前9・30~後3、福井県勝山市鹿谷町の鹿谷小学校と鹿谷公民館。雪像コンテストは恐竜化石発掘地・勝山にちなみ「恐竜」がテーマ。2メートル以上の大作をはじめ20体ほどの作品が並ぶ。屋内ではヨサコイなどさまざまな催しや飲食の出店も。第30回記念として11日(土・祝)に前夜祭があり、後7から雪像ライトアップ、7・30から1400発の「真冬の花火大会」も。(問)鹿谷公民館=0779(89)2111

平湯大滝結氷まつり

15日(水)~25日(土)後6~9、岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯の平湯大滝周辺。自然凍結した滝をライトアップするほか、ぜんざいや甘酒の振る舞い、餅つきなどがある。期間中の土日は花火、獅子舞の披露も。(問)奥飛騨温泉郷観光協会=0578(89)2614

富良野GROUP特別公演「走る」

富良野GROUP特別公演「走る」

富良野GROUP特別公演「走る」

16日(木)、17日(金)後7、名古屋市中村区のウインクあいち大ホール。テレビドラマ「北の国から」の原作者、倉本聰さんの脚本・演出作品。マラソンを走る若者の姿に「豊かさ」を求めて走り続けた戦後の日本人の姿を重ね合わせ、人が生きる意味を問う。全席指定5400円。(問)中日新聞コンサートデスク=052(308)8282

スター・ウォーズ展

16日(木)~4月9日(日)、名古屋市中区本丸の名古屋城。映画「スター・ウォーズ」をテーマに、ジョージ・ルーカス氏がえりすぐったアーティストによる作品や、シリーズ6作品の制作で使用された衣装、小道具など約150点を展示。会期中無休。一般1800円、小中学生700円(名古屋城入場料を含む)。(問)中日新聞社会事業部=052(221)0955

短歌道場 in 古今伝授の里

19日(日)前9、岐阜県郡上市大和町の古今伝授の里フィールドミュージアム文学館。トーナメント形式でチーム対抗歌合わせ会。参加者が作った短歌を審査員が紅白の旗を挙げて審査する。全国の大学生以上が参加。(問)同ミュージアム=0575(88)3244

新・介護グルメフェア

20日(月)正午~後5、名古屋市中区栄の中日パレス。介護食関連企業の展示会、料理研究家伊藤華づ枝さんによる介護食試食、介護ロボット展示など。入場無料。(問)事務局(平日前10~後6)=052(262)5558

ハッピーママフェスタ

24日(金)~26日(日)前10~後5(最終日は後4)、名古屋市東区のナゴヤドーム。子育てに関連する企業や団体のブース出展、キッズエリア、マタニティ&ベビーエリア、各種セミナーなど。ステージではスザンヌさんやDAIGOさんのトークショー、はんにゃなどよしもと芸人のお笑いライブ、キッズファッションショーなどを開催。入場料は中学生以上前売り1000円、当日1200円、小学生以下無料。(問)実行委=052(221)0955

飛騨神岡初金毘羅(こんぴら)宵祭

25日(土)前11~後9・30、岐阜県飛騨市神岡町の中心部。鉱山で栄えた昭和30年代に始まった商売繁盛と家内安全を願う冬の夜祭り。前11から露店が出るほか、午後から舞台でパフォーマンス。後5・30~9・30は山車行列。各企業や同級会など十七団体が作った個性豊かな創作山車や、市民らが金毘羅堂のある洞雲寺を目指して大通りを練り歩く。(問)市神岡振興事務所商工観光係=0578(82)2253

武四郎まつり

26日(日)前10~後3・30、三重県松阪市小野江町の松浦武四郎記念館。2018年2月に生誕200年を迎える北海道の名付け親で松阪出身の探検家、松浦武四郎を紹介する寸劇や展示。武四郎が交流したアイヌ民族の古式舞踊、民族衣装の着用や民族楽器の演奏など文化体験、北海道の物産販売など。(問)実行委=0598(56)7905

祭

壬生(みぶ)寺節分会

2日(木)~4日(土)、京都市中京区の同寺。白河天皇の発願で始められたといい、900年の伝統をもつ。厄よけなどを願い、素焼きの皿に家族や知人の数え年などを書いて納める炮烙(ほうらく)奉納があるほか、2、3日は各祈祷や壬生狂言「節分」の上演、4日は先着1000人に招福ぜんざいの無料接待がある。(問)壬生寺=075(841)3381

谷汲山華厳寺節分厄払い行事

3日(金)後1、岐阜県揖斐川町の谷汲山華厳寺。本堂で祈祷した後、本堂と仁王門前で豆まきがある。正午には甘酒のサービス。(問)町谷汲振興事務所=0585(55)2111

国府宮はだか祭

9日(木)後3、愛知県稲沢市の尾張大國霊神社(国府宮)。裸男たちが昼ごろから厄よけの願をかけたササの束を奉納。夕方ごろ神男(しんおとこ)が参道に群がっている裸男たちの中に飛び出す。群集にもまれ、触られ、人々の災厄を預かる。周辺は前10~後6に交通規制。(問)尾張大國霊神社=0587(23)2121

御願(ごんがん)神事

10日(金)前11、石川県加賀市大聖寺敷地の菅生石部(すごういそべ)神社。無病息災や五穀豊穣(ほうじょう)を願う神事で、県無形民俗文化財に指定され「竹割りまつり」の名で親しまれる。白装束の若者ら約30人が、境内で長さ2メートルほどの青竹400本以上を石畳などに打ち付けて割る。この後、田畑を荒らす大蛇に見立てた長さ20メートル、直径30センチの大縄を引きずり、正午ごろに近くの橋の上から大聖寺川へ投げ入れる。(問)菅生石部神社=0761(72)0412

牛蒡祭(ごんぼまつり)=2013年

牛蒡祭(ごんぼまつり)=2013年

牛蒡祭(ごんぼまつり)

11日(土・祝)前10、津市美杉町下之川の仲山神社。県指定無形民俗文化財で、ゴボウをみそであえた郷土料理を供え、五穀豊穣を願う。地域住民による祭りゴボウの販売や、供えたボラをさばくまな板行事、子孫繁栄を祈る男女のシンボルのみこしがある。(問)仲山神社=059(276)0337

御頭(おかしら)神事

11日(土・祝)、三重県伊勢市御薗(みその)町高向(たかぶく)の高向大社一帯。国重要無形民俗文化財。雌雄2頭の獅子が練り歩く「御頭行列」は前6・45ごろ、大社近くの会所を出発。境内で前8からの祭典に続き、悪疫払いの「七起こしの舞」を奉納した後、2頭が二手に分かれて各戸を回る。900年ほど前、少年が獅子舞をして悪疫を鎮めたのが起源とされる。(問)伊勢市教委文化振興課=0596(22)7884

田峯田楽

11日(土・祝)、愛知県設楽町の田峰観音。450年以上続く豊作祈願の民俗芸能で国の重要無形民俗文化財。前8~10の昼田楽、後4~8の夜田楽、後9~10の朝田楽で構成され、夜田楽では水稲耕作を模した田遊びを奉納。朝田楽では、たき火に照らし出された境内でさまざまな面を着けた地元住民が舞を披露する。(問)町観光協会=0536(62)1000

今尾の左義長

12日(日)正午~後3、岐阜県海津市平田町今尾の秋葉神社。無病息災や豊作を祈願する神事で、地元の自治会がササ竹を束ねて作ったみこし15基を、境内へ順番に運び入れて燃やしていく。女装姿の男衆がみこしの周りを駆け回って盛り上げる。(問)市観光協会=0584(52)1133

田の神祭り

14日(火)、岐阜県下呂市森の森水無八幡神社と下呂温泉合掌村。中世の田遊びが起源の豊作を願う祭りで、国の重要無形民俗文化財。正午から合掌村でみそぎや獅子舞をした後、約200人の行列が御旅する。後1・30から同神社で神主や踊り子が花笠(はながさ)踊りを披露。クライマックスでは縁起物の花笠(寄進笠)が観衆に投げられる。(問)下呂市観光課=0576(24)2222

水海(みずうみ)の田楽能舞=昨年

水海(みずうみ)の田楽能舞=昨年

水海(みずうみ)の田楽能舞

15日(水)後1、福井県池田町水海の鵜甘(うかん)神社。北条時頼が水海で越冬した時に村人が田楽を舞って歓待し、お礼に能舞を教わったのが始まりとされる。川で身を清めた舞人3人が田楽4番と能舞5番を舞う。国重要無形民俗文化財。町能面美術館では28日(火)まで、全国284人から応募のあった新作能面から選ばれた入賞・入選作品や過去の最優秀作品など約90点を展示。(問)いけだ農村観光協会=0778(44)8060

谷汲豊年祈願祭

18日(土)前11~後2・30、岐阜県揖斐川町の谷汲山華厳寺周辺。県指定重要無形民俗文化財の谷汲踊の上演は、前11に旧名鉄谷汲駅前、後1に町営門前駐車場、後2に谷汲山仁王門前。前10から仁王門前で祈祷餅を無料配布。(問)町谷汲振興事務所=0585(55)2111

黒倉田楽

19日(日)後1~3、愛知県設楽町平山の黒倉神社。山深い集落の住民たちが豊作を祈願し、200年以上前から伝承してきた。水田耕作を模した「田遊び」に奥三河の伝統芸能「花祭り」が融合した独特の形態で演じられ、鬼の装束を着けた三鬼の舞でフィナーレを飾る。(問)町観光協会=0536(62)1000

勝山左義長まつり

25日(土)後1、26日(日)前10、福井県勝山市中心街。奥越に春を告げる奇祭で300年以上の伝統がある。各町内に建てられた12基のやぐらの上で、赤い長じゅばんを着た大人や子どもが、三味線や笛、鉦(かね)のおはやしとはやし唄に合わせ、太鼓をたたきながら踊る。まつり最後の大がかりな「どんど焼き」は九頭竜川の弁天緑地で26日後9から。(問)実行委=0779(88)8117

火渡り神事

25日(土)前10~正午、滋賀県野洲市の菅原神社。境内で1万本の護摩木を燃やし、縦4メートル、横3メートルに広げた燃え殻を素足で渡り、無病息災を祈願する。火渡りは先着130人まで一般参加可能。前9・30ごろから受け付け開始。料金は1500円。(問)同神社=077(587)2003

遊

木曽三川公園ウインターチューリップ祭=昨年

木曽三川公園ウインターチューリップ祭=昨年

木曽三川公園ウインターチューリップ祭

3月12日(日)まで、岐阜県海津市海津町油島の木曽三川公園センター。1万8000個の球根を冷蔵保存し、この時期に合わせて開花させたチューリップが楽しめる。撮影スポットもある。入園無料。期間中の土日は管理棟1階で「鉄道おもちゃタウン」を開催。自分の鉄道のおもちゃを走らせることもできる。(問)木曽三川公園センター=0584(54)5531

募集

あ・い・ち・ふ・く・し シンポジウム

20日(月)後2・20~5・30、名古屋市中区栄の中日パレス。高齢者の食事支援などに関する活動報告や討論会。はがきに郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号、参加人数を記入し、〒461 0011 名古屋市東区白壁1の50、愛知県社会福祉協議会「あいちふくしシンポジウム」係へ。8日必着。先着300人。参加無料。(問)同協議会(平日前9~後5)=052(212)5500

 
※祭礼や催事などは変更もあります。お出かけの際は確認をお願いします。