【本文】

  1. トップ
  2. イベントガイド
  3. 12月 中部お出かけガイド

12月 中部お出かけガイド

2013年11月25日

催募集祭味花火遊

催

所蔵茶道具展 広間の茶 棚と水指

8日(日)まで、名古屋市昭和区山中町2の桑山美術館。早春や盛夏、端午の節句、米寿の祝いなど、季節や趣向の異なる八つの茶会を想定し、棚と水指を中心とした道具80点を展示し、取り合わせを紹介する。休館日は月曜日。一般500円、中学・高校・大学生300円。(電)同美術館=052(763)5188

重要文化財旧鈴木家住宅収蔵品展~あかりの道具

15日(日)まで、前9~後5。愛知県豊田市陣中町の市郷土資料館第2展示室。同市足助町にある江戸時代末期に建造された旧鈴木家住宅に残る4000点の民具の中から江戸時代から明治時代のあんどんやちょうちんなど80点を紹介。入場無料。休館日は月曜日。(電)同資料館=0565(32)6561

生誕130年彫刻家・高村光太郎展

15日(日)まで、前10~後6(入場は後5・30まで)、愛知県碧南市音羽町1の藤井達吉現代美術館。光太郎の原点ともいえる木彫作品や参照したロダンの作品、妻・智恵子の紙絵など約100点を展示する。「手」を題材にしたブロンズ6点の比較展示も。休館日は月曜日。一般700円、高校・大学生500円、小中学生300円。(電)同美術館=0566(48)6602

泥象(でいしょう)鈴木治の世界「使う陶」から「観る陶」、そして「詠む陶」へ

23日(月・祝)まで、愛知県瀬戸市南山口町の県陶磁美術館。初期作品から晩年の未発表作品を含む150点を紹介。7日(土)、21日(土)の後1・30、学芸員による展示解説。休館日は毎週月曜日(23日は開館)。一般600円、高校・大学生500円、中学生以下無料。(電)同美術館=0561(84)7474

蓬左(ほうさ)を掘る! 名古屋城下の人とくらし

23日(月・祝)まで、前9・15~後5、名古屋市南区見晴町の市見晴台考古資料館。名古屋城下の別称「蓬左」の発掘調査で見つかった遺物から当時の人々の生活の様子を紹介する。陶磁器などを中心に江戸時代の人々の暮らしぶりが分かる250点を紹介。入館は無料。休館日は、23日を除く毎週月曜日。8日(日)後2~4、「名古屋城 近年の調査成果から」と題した申し込み不要の無料講演会。定員80人。(電)同資料館=052(823)3200

反重力 浮遊-時空旅行-パラレル・ワールド

24日(火)まで、前10~後5・30(入場は後5まで)、愛知県豊田市小坂本町8の市美術館。重力に反する仮説の力をテーマに現代美術作品38点を展示。同市足助地区の伝統建築を忠実に再現し、鑑賞者が空中に浮遊しているように見える「豊田の家」など、既成概念を抜け出し、浮遊感を味わえるような作品が並ぶ。休館日は月曜日(23日は開館)。一般1000円、高校・大学生800円、中学生以下無料。(電)市美術館=0565(34)6610

2013タカシマヤクリスマス

12月25日(水)まで、名古屋市のジェイアール名古屋高島屋。▽7日(土)、14日(土)後2、4。2階プラダ横で、30分ほど、クリスマスをテーマにした音楽の生演奏▽11日(水)~25日(水)、6階ローズパティオで、「仕掛け絵本の展示」と「くるみ割り人形フォトスポット」。入手可能な国内外の8冊を含む約60冊の絵本の紹介とくるみ割り人形の登場人物になったような写真撮影ができる場所を用意▽21日(土)、22日(日)の前11、後1、3に8階のローズパティオで、フィンランドのラップランド州公認のサンタクロースとの写真撮影会。各回50組。

ヤマザキマザックコレクション展

12月27日(金)まで、前10~後5・30(土日祝日は後5まで)、入館は閉館30分前まで、名古屋市東区葵1のヤマザキマザック美術館。18世紀から20世紀までのフランス美術の300年の流れを紹介する絵画やガラス作品、家具など約200点を展示。6日(金)後6~7・40ごろ、クリスマスオルゴールコンサート。おつまみとワンドリンク付きで3000円。事前申し込みが必要。7日(土)と8日(日)の前11、後2、4、入館料のみで、予約不要のクリスマスオルゴールコンサート。14日(土)前10・30~11・30、学芸員によるガイドツアー。休館日は、月曜日(23日は開館し、24日休館)。一般1000円、18歳未満500円、小学生未満無料。(電)同美術館=052(937)3737

ラスター彩タイル 天地水土(てんちみずつち)の輝き

14年2月16日(日)まで、前10~後5(入館は後4・30まで)、愛知県常滑市奥栄町1のINAXライブミュージアム内の世界のタイル博物館。ラスター彩のタイルには、イスラムの世界観が反映されており、このタイルが使われた空間の効果を再現しながら、魅力の源泉を探る。休館日は、毎月第3水曜日(祝日の場合は、翌日)と12月26日(木)~1月4日(土)。一般600円、高校・大学生400円、小中学生200円。(電)同ミュージアム=0569(34)8282

エミール・ガレを中心に アール・ヌーヴォー&アール・デコ ガラス名品展

14年4月20日(日)まで、名古屋市中村区鴨付町1の大一美術館。ガレに刺激を受けたドーム兄妹やミューラー兄弟、ラリックらアールヌーボーとアールデコの時代の著名なガラス作家のランプや花器などの作品50点を展示する。休館日は毎週月曜日(祝日の場合は翌日)と12月30日(月)~14年1月1日(水・祝)。大人800円、高校・大学生600円、小中学生400円。(電)同美術館=052(413)6777

三州に一揆おこりもうす~三河一向一揆450年

11月30日(土)~14年2月2日(日)、前9~後5(入館は後4・30まで)、愛知県安城市安城町城堀の市歴史博物館。家康側と本願寺門徒側の資料約50点を紹介し、謎に包まれた一向一揆の実像に迫る。土器のかけらや瓦、三河一向一揆の拠点となった安城市の本證寺所蔵の古文書や掛け軸のほか、能見松平氏が使っていた「金の唐人笠馬印」などを展示する。休館日は、12月23日と1月13日を除く毎週月曜日、12月24日(火)、28日(土)~1月4日(土)、14日(火)。一般300円(中学生以下は無料)。(電)同博物館=0566(77)6655

明知鉄道急行大正ロマン号グルメ食堂車じねんじょ列車

1日(日)~14年3月30日(日)。恵那駅(岐阜県恵那市)後0・45発、明智駅(同)後1・38着。ジネンジョを使った天ぷらやとろろ料理を提供する。定員は30人。予約が7人以上に達した場合に運行。予約は、運転日の5日前の後3までに申し込む。往復運賃含み1人4000円。毎週月曜日と12月31日(火)~1月5日(日)は休み。(電)同鉄道=0573(54)4101

伝統文化シネマ鑑賞会

3日(火)後2、名古屋市西区花の木2の市西文化小劇場。人間国宝の卓越した技や各地域に伝承された民俗行事を記録した短編映画を上映。長野県の「伊那人形芝居-明日へつなぐ伝承のチカラ」など2本。入場無料。定員346人で、当日先着順。(電)同劇場=052(523)0080

VIVA!関!輝きのメタルアート

8日(日)~28日(土)、岐阜県関市役所の市民広場。刃物や金属加工の廃金属を材料にした立体造形のイルミネーションが一帯を彩る。点灯は後6~9。(電)関商工会議所青年部=0575(22)2266

とれとれ漁師市

8日(日)、22日(日)前9・30~正午、愛知県南知多町の大井漁港。伊勢湾、三河湾で捕れたての魚を漁業者が割安で販売。(電)大井漁協=0569(63)0314

ダンスイベント「HANDS UP!!!」

13日(金)後6~8、名古屋市天白区原1の市天白文化小劇場。専門学校名古屋ビジュアルアーツ音響学科の卒業制作で、難聴者も楽しめるダンスイベント。企画から制作、音響、照明、運営まですべてを学生が担う。前売り2000円、当日2500円。(電)同学科=052(263)0906

義士会法要

14日(土)前10・30~、京都市東山区の法住寺。同寺には赤穂浪士で有名な大石内蔵助(良雄)が、主君のあだ討ちを祈願した不動があり、その縁から四十七士の木像が安置されている。当日は、舞妓(まいこ)さんの献茶式、太夫道中、お茶席、討ち入りそばの接待もある。拝観料は茶席、討ち入りそばのセットで1000円。(電)同寺=075(561)4137

チョコレート展

17日(火)~14年2月23日(日)、名古屋市中区栄の市科学館。世界中で愛されるチョコレートに焦点を当て、約200点の展示物を通してチョコレートの歴史、製法、おいしさの秘密、工場の内側などチョコレートの魅力を紹介する。休館日は毎週月曜日(23日と1月13日は開館)、第3金曜日、24日(火)、29日(日)~1月3日(金)、1月14日(火)。大人1300円、高校・大学生800円(学生証の提示が必要)、小中学生500円。(電)同科学館=052(201)4486

御食(みけ)つ国・志摩年末海族市

19日(木)~23日(月・祝)前9~後2・30、三重県志摩市大王町波切の波切漁港。新鮮な魚介類や農産物、真珠製品など、伊勢志摩の特産品を扱う約50ブースが軒を連ね、市価より安価で販売する。(電)実行委事務局=0599(46)0570

煤(すす)払い

20日(金)、京都市下京区で西本願寺が前7~、東本願寺が前9~。室町時代後期に始まったといわれる迎春行事。僧侶や門信徒が堂内の畳をたたき、大団扇(うちわ)で一斉にほこりを堂外にあおぎ出す。(電)西本願寺=075(371)5181、東本願寺=075(371)9181

「北斎」展

21日(土)~14年3月23日(日)前10~後7(土日祝休日と1月2、3日は後5まで)、入館は閉館30分前まで、名古屋市中区の名古屋ボストン美術館。浮世絵名品展シリーズの第3弾として、世界屈指のボストン美術館のコレクションから、葛飾北斎の代表作や貴重な作品など約140点を紹介。休館日は、月曜日(祝日・振り替え休日は翌日)と12月27日(金)~1月1日(水)。一般1200円、高校生・大学生と65歳以上900円、中学生以下無料。(電)同館=052(684)0101

終(しま)い弘法

21日(土)前8~後4、京都市南区の東寺。弘法大師の月命日の毎月21日に骨董(こっとう)などの縁日が行われている。1年最後の縁日は境内に骨董品のほか縁起物、日用品、植木など所狭しと露店が並ぶ。(電)同寺=075(691)3325

大勢の参拝者が見守る中、宇治橋の中央から昇る冬至の朝日=昨年12月、三重県伊勢市の伊勢神宮内宮前で

大勢の参拝者が見守る中、宇治橋の中央から昇る冬至の朝日=昨年12月、三重県伊勢市の伊勢神宮内宮前で

冬至祭

22日(日)早朝、三重県伊勢市の伊勢神宮内宮の宇治橋前。1年で冬至とその前後の数日間だけ、宇治橋大鳥居の真正面から朝日が昇るのに合わせた催し。例年の日の出時刻は前7・30ごろ。日の出後、カボチャ入りの冬至ぜんざいの振る舞い、ユズの配布がある。雨天中止。(電)市観光協会=0596(28)3705

冬至祭

22日(日)前10~後2、奈良市菩提山町の正暦寺。護摩堂の不動明王前に供えられたカボチャに多数の塗り箸を刺して、中風(ちゅうぶ)封じの祈祷(きとう)が行われる。祈祷料3000円。事前に予約すると「かぼちゃ尽くし」の精進弁当(1000円)の接待が受けられる。祭りに合わせ、収蔵庫にあたる「瑠璃殿」で秘仏薬師如来倚(い)像を公開する。(電)同寺=0742(62)9569

デジタル掛け軸

12月31日(火)後9~14年1月1日(水・祝)前1・30、名古屋市中区橘2の東別院(真宗大谷派名古屋別院)。映像アーティスト長谷川章氏による「デジタル掛け軸」。アトランダムに組み合わせた100万枚以上のデジタル映像を境内の建造物に映し出す。(電)東別院(真宗大谷派名古屋別院)=052(331)9578

募集

昨年の伊勢志摩中日ウオーク

昨年の伊勢志摩中日ウオーク

第32回伊勢志摩中日ウオーク

1日(日)、伊勢志摩スカイライン鳥羽側入り口-朝熊山頂展望台(三重県鳥羽市-伊勢市)の約8キロを歩く。前8・30~9・30にドライブイン鳥羽で受け付け、前9・45にスタート。小雨決行。荒天時やコース不良等の場合は15日(日)に延期。当日参加ができ、大人1000円、小中学生500円(当日払い)。参加者全員に伊勢エビ汁の振る舞いや抽選会などもある。(電)中日新聞社スポーツ事業部=052(290)0013(平日前10~後6)

愛知県宅地建物取引業協会主催「不動産セミナー」

7日(土)後2、名古屋市中区の中日パレス。ファイナンシャルプランナーの二階堂敬子さんが「家を買う時に知っておきたい情報」をテーマに、実例を紹介しながら安心できる不動産取引について話す。参加無料。(電)中日新聞社会事業部=052(221)0955

将棋フェスティバル

8日(日)前10~後5、名古屋市港区の名古屋港湾会館。藤井猛九段、長沢千和子女流四段らプロ棋士による公開対局や指導対局(有料)、レベル別の将棋大会(同)、正解者に抽選で賞品が当たる懸賞詰め将棋、サイン色紙の販売など。(電)日本将棋連盟東海普及連合会=052(253)9441(平日後1~5)

祭

花祭り

愛知県奥三河地方の伝統芸能で、鬼の舞で知られている。12月は東栄町で開催。7日(土)後1~8日(日)後6、中設楽花祭舞庭。8日(日)後2~10・30、老人憩いの家明寿荘。(電)町経済課=0536(76)1812

熱さと煙に耐えながら火渡り場を歩く参拝者=昨年、愛知県小牧市大草の福厳寺で

熱さと煙に耐えながら火渡り場を歩く参拝者=昨年、愛知県小牧市大草の福厳寺で

福厳(ふくごん)寺の秋葉三尺坊(あきばさんじゃくぼう)の大祭

8日(日)、愛知県小牧市大草の福厳寺。前11時~、加持祈祷(きとう)。後4~8ごろ、火渡り神事。後5、和太鼓芸能集団「鼓童」による特別奉納演奏。
火渡り神事は、国内最古といわれ、参拝者が1年のけがれを焼き清める。秋葉三尺坊大権現が祭られ、民衆を火難から守り、心身を清める儀式として、1476(文明8)年の創建から続く行事。しめ縄で囲んだ火渡り場を参拝者が熱気と煙に耐え、無病息災や家内安全を祈って歩いて身を清める。だれでも参加できる。(電)同寺=070(5322)2183

秋葉の火まつり

15(日)、16日(月)、浜松市天竜区春野町領家の秋葉山本宮秋葉神社。15日後2・30、御阿(みあ)礼祭。16日後1・30、例大祭。後10、火まつり。火まつりでは、3人の神職が「弓の舞」「剣の舞」「火の舞」の順に舞う。「火の舞」では、たいまつを頭上や足元に振りかざしたりしながら、火難、水難などをはらい清める。(電)同神社=053(985)0111

味

潮風を感じかぶりつく 静岡県御前崎市 波乗りバーガー

マリンスポーツが盛んな街の新グルメとして2009年に生まれた。御前崎港で水揚げされる高級魚シイラを共通食材に、潮風を感じながらかぶりつくバーガーだ。
現在は海岸沿いのカフェなど8店が提供し値段は500円均一。シイラはタンパク質豊富で脂肪が少なく、スポーツ後に適しているという。
シイラに特産銘柄の遠州夢咲牛のハンバーグを添えたり、お茶をまぶし、ワカメをソースに使うなど、各店ごとに地場食材を活用している。
(電)御前崎市商工会=0537(86)2146

花火

下呂温泉花火ミュージカルクリスマス特別公演

24日(火)後8~8・30、岐阜県下呂市の下呂温泉街を流れる飛騨川河川敷。1万発の仕掛け花火、10基のスターマインなどを音楽に合わせて打ち上げ。7、14、21日も冬公演として15分間開催。(電)市観光課=0576(24)2222

遊

雪そりゲレンデ

7日(土)、愛知県豊田市旭八幡町の旭高原元気村でオープン。14年3月31日(月)まで、前9~後4に楽しめる。幅30メートル、長さ100メートルの雪そり専用ゲレンデで、上りは動く歩道で上がれる。雪遊び広場もある。大人、子どもとも500円で滑り放題。原則、月曜日は休園。(電)旭高原元気村=0565(68)2755

 
※祭礼や催事は変更もあります。お出かけの際は確認をお願いします。

旅コラム
国内
海外