【本文】

  1. トップ
  2. イベントガイド
  3. 6月 中部お出かけガイド

6月 中部お出かけガイド

2014年05月26日

催味遊祭花募集ホタル

催

日本の心 第62回神宮式年遷宮写真展

22日(日)まで、津市一身田上津部田の三重県総合博物館(通称MieMu)。開館記念企画展の第2弾で、伊勢神宮で20年に1度営まれる式年遷宮をテーマに、同県出身の写真家南川三治郎さん撮影の作品約80点を展示。中日新聞社など主催。大人600円、大学生360円、高校生以下無料。基本展示室の観覧料は別途必要。(電)同博物館=059(228)2283

企画展「真珠の広告120年」

来年4月5日(日)まで、三重県鳥羽市のミキモト真珠島真珠博物館。宝飾販売「ミキモト」の創業者・御木本幸吉が真珠養殖に世界で初めて成功してから120年余りの歴史を、創業時からの広告資料や宝飾品を展示し紹介。入場料は高校生以上1500円、小中学生750円。(電)ミキモト真珠島=0599(25)2028

ほお葉祭り

5月31日(土)~7月6日(日)、長野県木曽郡と岐阜県中津川市の道の駅や観光施設。団子をホオの葉で包んだ「ほお葉巻き」など初夏の郷土食を販売。6月7日(土)は5会場でイベントを開催。(電)レストハウス木曽路=0264(52)2554

世界を知ろう!JICAを知ろう!

1日(日)前10~後5、名古屋市中村区平池町4の国際協力機構中部国際センター(JICA中部)の「なごや地球ひろば」。開設5周年の記念イベント。午前の部は「世界の遊び」。遊びを通して世界の子どもたちの暮らしを紹介する。要予約。午後の部は、インドネシアで学んだ中部大生の報告や青年海外協力隊の体験談など四つのテーマ別の講座。要予約で定員各80人。参加無料。(電)JICA中部=052(533)0220

白鳥おどり講習会

4日(水)から毎週水曜日後8、岐阜県郡上市白鳥町の白鳥ふれあい創造館。7月19日(土)から始まるおどりに備える。演目は「世栄」や「神代」など9曲。無料。8月13日(水)~15日(金)は徹夜おどり。(電)白鳥観光協会=0575(82)5900

第30回有松絞りまつり

7日(土)、8日(日)前9~後5、名古屋市緑区有松の有松・鳴海絞会館など。旧東海道沿いの民家の軒先で、浴衣や着物、小物などを市価より安く販売。絞りの体験教室や伝統工芸士と若手職人の実演も。(電)同会館=052(621)0111

阿弥陀ケ滝滝開き

8日(日)前11、岐阜県郡上市白鳥町前谷の同滝。夏の観光シーズン到来を告げる法要で、関係者が安全とにぎわいを祈る。(電)白鳥観光協会=0575(82)5900

第18回能登よさこい祭り

13日(金)~15日(日)、石川県七尾市の和倉温泉街。全国から約60のよさこいチームが参加。13日は前夜祭。14、15日は、ステージや通りで、踊り子たちが鳴子を打ち鳴らし、自由奔放に踊りを楽しむ。(電)祭りの國能登の賑い実行委=0767(62)1555

ポール・デルヴォーとベルギー近代絵画

14日(土)~9月23日(火・祝)、名古屋市東区葵1のヤマザキマザック美術館。20世紀のシュールレアリスムを代表する画家ポール・デルヴォーの扉絵4点と油彩画、版画など20点を展示。19~20世紀のベルギー人画家の作品23点もある。入館料は一般1300円、18歳未満600円、小学生未満無料。月曜休館(祝日の7月21日と9月15日は開館し、翌日休館)。9月22日(月)と23日(火・祝)は開館。(電)同美術館=052(937)3737

光風会100回展記念「洋画家たちの青春-白馬会から光風会へ」

14日(土)~7月6日(日)、名古屋・栄の松坂屋美術館。大正、昭和に活躍した光風会の画家の油彩画と水彩画計82点を展示。入場料は一般1100円、高校・大学生900円、中学生以下無料。(電)同美術館=052(264)3611

志摩海産市

14日(土)、15日(日)前10~後3、岐阜県郡上市大和町の道の駅・古今伝授の里やまと。三重県志摩市産の干物や焼きガキなど販売、両日先着200人にあおさ汁の振る舞いも。(電)同駅=0575(88)2525

沙羅の花を愛(め)でる会

15日(日)~30日(月)前9・30~後4、京都市右京区の妙心寺塔頭(たっちゅう)、東林院。寺の庭にある十数本の沙羅双樹の白い花の風情を楽しむ。庭に落ちた白い花が梅雨の雨にぬれる様子が心を打つ。抹茶付き1600円、抹茶と精進料理付きで5950円。(電)東林院=075(463)1334

企画展「あなたのリアル、わたしのリアル。」

20日(金)~7月21日(月・祝)、名古屋・栄の愛知県美術館。同美術館の所蔵作品の中から、作家がリアルとは何かを追求した洋画や日本画、版画など約60点を展示。月曜休館(祝日の7月21日は開館)。入館料は一般500円、高校・大学生300円、中学生以下無料。(電)同美術館=052(971)5511

色鉛筆画展

21日(土)~30日(月)前9~後6、岐阜県郡上市大和町の道の駅・古今伝授の里やまと。市内の愛好家団体が作品を展示。(電)同駅=0575(88)2525

都の賑(にぎわ)い 京都五花街合同公演

6月28日(土)、29日(日)前11と後2・30、京都市東山区の南座。京都にある五つの花街の芸舞妓(げいまいこ)が一堂に会して、それぞれの花街の舞を披露。五花街の舞妓20人が合同で舞う「舞妓の賑い」の豪華な舞台も楽しめる。特別席1万5000円、一等席1万円、2等席6000円。(電)京都伝統伎芸振興財団(おおきに財団)=075(561)3901

企画展「The美人画」

5月31日(土)~7月21日(月・祝)、名古屋市千種区池下2の古川美術館。鏑木清方や上村松園をはじめとする美人画家の作品37点を展示。100年間の美人画の歴史をたどる。月曜休館(祝日の7月21日は開館)。入館料は一般1000円、高校・大学生500円、小中学生300円。小中学生は土曜無料。(電)同美術館=052(763)1991

味

肉料理のオンパレード 石川県志賀町 能登牛玉手箱

サーロインステーキ、カルビ焼き肉、すき焼き。さらにローストビーフ、ハンバーグまでも。石川県のブランド牛「能登牛」をさまざまに調理し、惜しげもなく詰め込んだ。
能登牛は、肉の柔らかさや香りの高さが特長。知名度は高くないが、全国和牛能力共進会での受賞歴もある石川一押しの品だ。
町内のレストラン「てらおか風舎」富来本店で予約制販売。税別1万5000円と少々高めだが、運営会社の寺岡一彦専務(49)は「石川は日本海の幸が注目されがちだけど、和牛もぜひ」と話す。(電)同店=0767(42)2941

遊

親子でおみこしわっしょい

親子でおみこしわっしょい

親子でおみこしわっしょい

6月29日(日)までの土日と祝日、愛知県美浜町の南知多おもちゃ王国。いずれも1日2回、特製法被を着てダンスを踊り、ダイヤブロックでできた「おみこし」を引く。無料。申し込み不要。入園料は南知多ビーチランドと共通で高校生以上1700円、3歳以上中学生以下800円。(電)同王国=0569(87)2000

石徹白フィッシャーズ・ホリデー

7日(土)前9・30~8日(日)後3、岐阜県郡上市白鳥町石徹白のスキー場いとしろシャーロットタウン。釣って放すキャッチ・アンド・リリースを体験し、魚の自然増殖に理解を深めてもらう催し。フライやルアー釣りの体験教室、夕食会など。釣りには遊漁券1000円、夕食会には会費2500円がそれぞれ必要。(電)実行委事務局の佐々木茂さん=0575(86)3131

谷汲ゆり園

8日(日)~7月20日(日)前8・30~後6、岐阜県揖斐川町谷汲大洞の同園。15日(日)と22日(日)はゆりまつりがあり、歌謡ショーやカラオケ、谷汲山米両手すくいどり、沖縄舞踊民謡、フラダンスなど。入園料500円(障害者200円、小学生以下無料)。(電)同園=0585(56)3988(開園期間のみ)

南知多ビーチランド父の日イベント

南知多ビーチランド父の日イベント

南知多ビーチランド父の日イベント

15日(日)、愛知県美浜町の同ビーチランド。子どものいる動物の父親に日頃の感謝を表し、来園者が一緒に記念写真を撮ったり、餌をやったりする。対象の動物はハナゴンドウ「ネオ」(前11・10)、カリフォルニアアシカ「ハヤト」(前11・50)、ゴマフアザラシ「ジャック」(後0・15)。各動物10人ずつ(3歳以上)、開園より先着順で受け付ける。入園料は高校生以上1700円、3歳以上中学生以下800円。(電)同ビーチランド=0569(87)2000

高原のおともだちステージショー

6月28日(土)、29日(日)前11・30、後1・30、後3の3回、岐阜県郡上市高鷲町のひるがの高原牧歌の里。ピエロ3人が舞台で演じたり、客に風船細工を贈ったりする。(電)牧歌の里=0575(73)2888

サマーゲレンデ

5月31日(土)~10月5日(日)前8・15~後4・30、岐阜県郡上市白鳥町石徹白のスキー場・ウイングヒルズ白鳥。プラスチック製マットの上を専用のスキー板やスノーボードで滑る。専用板レンタル1日1000円から、リフト1日券大人(19~49歳)平日3100円、土日祝日4200円。シニア(50歳以上)と中学・高校生2600円(平日、土日祝日とも)。小学生1000円(同)。(電)同スキー場=0575(86)3518

祭

加賀片山津温泉菖蒲(しょうぶ)湯まつり

4日(水)後6ごろ、石川県加賀市片山津温泉の愛染寺で法要。後4~9ごろ、砂走公園あいあい広場で模擬店・各種催事。(電)同温泉観光協会=0761(74)1123

加賀山代温泉菖蒲(しょうぶ)湯まつり

4日(水)、5日(木)、石川県加賀市の山代温泉。4日後7、薬王院温泉寺で祈願祭。後8、山代温泉街で菖蒲みこし。後9ごろ、古総湯(そうゆ)で入湯式。5日後6・30、代っこみこし。後8ごろ、湯の曲輪(がわ)で山代音頭輪踊り。(電)同温泉菖蒲湯祭実行委=0761(76)0018

津沢夜高あんどん祭り

6日(金)、7日(土)、富山県小矢部市津沢地区で豊年満作を願う伝統の田祭り。最大で高さ7メートル、長さ12メートルの迫力ある大小の夜高あんどんが、太鼓の響きと掛け声とともに街を練る。後9時ごろには向かい合った夜高あんどんのぶつかり合いが始まり、祭りは最高潮に達する。(電)市商工会津沢支所=0766(61)2356

勇壮に練り歩く伊勢エビのみこし=昨年6月、三重県志摩市の浜島海浜公園で

勇壮に練り歩く伊勢エビのみこし=昨年6月、三重県志摩市の浜島海浜公園で

伊勢えび祭

7日(土)後2、三重県志摩市浜島町の浜島海浜公園。市民が小エビが跳ねる様子を表した「じゃこっぺ踊り」で練り歩き、伊勢エビをかたどった全長5.5メートル、重さ500キロの巨大みこしも登場。住民らによる芸能披露も。(電)同祭保存会=0599(53)3330

金沢百万石まつり百万石行列

7日(土)後2~6、金沢市内中心部。金沢の礎を築いた前田利家の偉業をしのび開催。俳優の原田龍二さんが前田利家役、菊池麻衣子さんがお松の方役を演じ、金沢駅東広場前から金沢城公園まで市内を盛大にパレードする。(電)市観光交流課=076(220)2194

御印祭(ごいんさい)

19日(木)、20日(金)、富山県高岡市金屋町など。高岡の町を開いた加賀2代藩主前田利長の遺徳をしのぶための祭り。19日の前夜祭では、後7・20から鋳物師の作業唄「弥栄節(やがえふ)」に振りを付けた踊りを約1000人が踊る。(電)市観光交流課=0766(20)1301

夏至祭

21日(土)前3・30、三重県伊勢市二見町江の二見興玉(ふたみおきたま)神社。本殿で神事の後、前4・30ごろからふんどしや白装束姿の男女が海に入ってみそぎをし、神社沖の夫婦岩の間から昇る朝日を拝む。(電)二見興玉神社=0596(43)2020

泥まみれで忌竹を取り合う人たち=昨年、三重県志摩市の伊雑宮で

泥まみれで忌竹を取り合う人たち=昨年、三重県志摩市の伊雑宮で

伊雑宮(いざわのみや)御田植祭

24日(火)前11、三重県志摩市磯部町の伊雑宮。日本三大御田植祭に数えられる国指定重要無形民俗文化財。忌竹(いみだけ)を取り合う竹取神事と雅楽に合わせて苗を植える御田植神事。(電)市観光協会=0599(46)0570

 
豊漁と安全を願い、ホースやバケツで海水を掛け合う漁船=昨年、三重県志摩市の和具漁港で

豊漁と安全を願い、ホースやバケツで海水を掛け合う漁船=昨年、三重県志摩市の和具漁港で

潮かけ祭り

6月27日(金)前10、三重県志摩市の和具漁港周辺。豊漁と海の安全を祈り、海女が収穫したアワビなどを無人島のほこらに納める。漁港に戻る途中、多数の漁船がバケツやホースを使って海水を掛け合う。(電)潮かけ祭り奉賛会=0599(85)6551

 
悪疫よけの伝統行事「清水のチョウチン祭り」=昨年、愛知県設楽町西納庫で

悪疫よけの伝統行事「清水のチョウチン祭り」=昨年、愛知県設楽町西納庫で

清水のチョウチン祭り

6月30日(月)後6~9、愛知県設楽町西納庫の清水地区。悪疫よけの伝統行事。120張りのちょうちんで飾られた山車が津島神社まで引き回され、最後に住民たちが競ってちょうちんを取り外し、持ち帰って軒先につるす。(電)町観光協会=0536(62)1000

花

ゆりフェスタ

ゆりフェスタ

ゆりフェスタ

6日(金)~29日(日)、福井県坂井市春江町石塚のゆりの里公園。黄や赤紫、ピンク色など20種類15万輪のユリが咲き誇る。ユリの切り株、野菜などを販売する直売市も開催。期間中はクラフト体験や押し花展などのイベントがある。(電)同公園=0776(58)0100

「花かつみ」一般公開

7日(土)~22日(日)、愛知県阿久比町の花かつみ園。約2500株の「花かつみ」ことノハナショウブが咲く。期間中、和太鼓の演奏や野だても。(電)町産業観光課=0569(48)1111

曽根城公園花しょうぶ祭

7日(土)、8日(日)前10~後5(8日は後4まで)、岐阜県大垣市曽根町の曽根城公園。約150種、2万8000株のハナショウブが徐々に色づき、見頃を迎える。舞台イベントやバザーなども。花が見頃の時期は、園内が後9・30までライトアップ。(電)市都市施設課=0584(47)8409

花菖蒲祭

7日(土)~29日(日)、福井市田ノ谷町の大安禅寺。国の重要文化財に指定されている福井藩主松平家の菩提(ぼだい)寺で、60種類1万株のハナショウブを楽しめる。期間中には、華道展やお茶会を催すほか、二胡(にこ)とピアノのコンサートなど多数のイベントがある。(電)同寺=0776(59)1014

頼成の森花しょうぶ祭り

20日(金)~29日(日)前9~後5、富山県砺波市頼成の県民公園頼成の森の水生植物園。北陸最大級の6ヘクタールの園内で、日本最大級の600品種70万株のハナショウブが楽しめる。会期中の土日にはハナショウブの育て方講習会などがある。入園無料。(電)頼成の森管理事務所=0763(37)1540

関市板取あじさいまつり

21日(土)~7月13日(日)、岐阜県関市板取地区一帯。主に幹線道路沿いに植えられた10万本が見頃を迎える。28、29日は「あじさい村フェスティバル2014」があり、マスのつかみ捕りやステージイベントなどが繰り広げられる。(電)市板取事務所内の実行委=0581(57)2111

募集

知多半島太鼓祭和太鼓コンテスト「夏の陣」出場者募集

8月23日(土)、愛知県南知多町のビアシティ南知多である「第7回知多半島太鼓祭」の実行委員会が、和太鼓コンテスト「夏の陣」の出場者を募集。最優秀賞は浅野太鼓製の長胴太鼓。対象は2人以上の和太鼓集団。応募者は8分以内のオリジナル曲の演奏映像を録画してDVDで提出し、映像審査による予選を通過した団体が本選に進む。映像は打ち手全員の動作が確認できる全体風景で個別のアップは不要。コンサートなどの記録映像の流用は不可。公式ホームページで入手できる募集用紙に書いて6月末までに実行委にDVD同封で郵送し、参加費3500円を指定口座に振り込む。(電)同太鼓祭実行委事務局=090(1094)0797

高校生の小松サマースクール参加者募集

7月30日(水)~8月4日(月)、石川県小松市の市里山自然学校大杉みどりの里。全国公募の高校生40人が米国ハーバード大など海外の大学生と交流する。少人数グループに分かれて大学の授業を模した議論や講座、小松の文化や歴史を体感するワークショップなどを予定。スクールのホームページから書類をダウンロードしてメールで応募。書類選考がある。締め切りは6月5日。(電)代表の光井一恵さん=090(7084)7038

ホタル

韮山(にらやま)反射炉ホタル観賞の夕べ

15日(日)までの後8~9・30、静岡県伊豆の国市中の韮山反射炉付近古川護岸で、天然のゲンジボタルが楽しめる。ホタルの数は、例年6月上旬がピーク。(電)市観光協会=055(948)0304

浜名湖ほたる観賞ガイドツアー

5月30日(金)~7月13日(日)、浜松市西区のはままつフラワーパーク。同パークの浜名湖ゲートを後8に出発。ガイドが約1時間、ホタルの生態や環境学習、育て方などを説明。事前予約が必要。大人500円、小中学生200円。(電)浜名湖かんざんじ温泉観光協会=053(487)0152

 
※祭礼や催事は変更もあります。開花状況などは気候に左右されるので、お出かけの際は確認をお願いします。

旅コラム
国内
海外