【本文】

  1. トップ
  2. イベントガイド
  3. 9月 中部お出かけガイド

9月 中部お出かけガイド

2015年08月31日

催祭花火花スポーツ遊

催

古川美術館分館爲三郎記念館特別企画「琳派400年記念 唐長の世界~琳派文様の美」

10月12日(月・祝)まで前10~後5。名古屋市千種区堀割町の古川美術館分館。唐紙を使った掛け軸やスクリーン、ランプなどに琳派ゆかりの文様を展開。日本の伝統美を現代の生活空間に合うようアレンジした作品を展示。月曜(祝日の場合は翌日)休館。一般1000円、高大生500円、小中生300円。(問)同美術館=052(763)1991

あいち国際女性映画祭2015

1日(火)~6日(日)、名古屋市東区上竪杉町のウィルあいちほか。国内唯一の国際女性映画祭。女性が監督した作品を中心に、31本の長編映画を上映。5日(土)には「第三の男」上映と戸田奈津子さん特別講演も。一般1100円、前売り900円。3歳から大学生までは前売り、当日ともに500円。戸田さん講演回は一般1200円、前売り1000円。前売りは8月31日(月)まで(問)映画祭事務局=052(962)2520

敦賀まつり

2日(水)~5日(土)、福井県敦賀市中心部。気比神宮の例祭で2日後3・30、宵山巡行、3日前8、神輿(みこし)の練り歩き、前9、氏子らがご神体を祭った神輿を担いで回る。メーンの山車巡行は4日前9・30~後4。5日後3~9、カーニバル大行進。(問)市商工・貿易振興課=0770(22)8122

コレクション展

3日(木)~11月15日(日)前10~後5・30、土日祝は前10~後5、名古屋市東区葵のヤマザキマザック美術館。18~20世紀のフランス絵画や19世紀末にフランスで興隆したアール・ヌーヴォーのガラスなど、当時の雰囲気をそのままに展示。月曜(祝日の場合は翌日)休館。一般1000円、18歳未満500円。(問)同美術館=052(937)3737

第5回立山黒部アルペンフェスティバル

4日(金)~6日(日)、立山黒部アルペンルートの室堂、弥陀ケ原、雷鳥沢。ガイドと一緒に登る登山や山歩き講習会など立山の自然が満喫できるアウトドアイベント。参加費無料、申し込み不要。有料で事前申し込みが必要な登山ツアーもある。(問)同フェスティバル実行委=03(5368)0025

あわら北潟湖畔観月の夕べ=昨年

あわら北潟湖畔観月の夕べ=昨年

あわら北潟湖畔観月の夕べ

5日(土)後1、福井県あわら市北潟湖サイクリングパーク。名月をめでながら野立茶会、水上ステージでの伝統芸能、湖上花火が楽しめる。会場には約5000個のキャンドルが並び、幻想的な雰囲気を醸し出す。(問)市文化学習課=0776(73)8041

第8回駒ケ根もみじクラフト

5日(土)、6日(日)前10~後5、長野県駒ケ根市の菅の台特設会場。全国各地から木工、陶芸、金属、ガラス、皮革などの工芸作家が集まり、過去最高の320店が並ぶ。雨天決行。(問)実行委=090(9664)4596

イギリス王立植物園の植物画(ボタニカルアート)展

5日(土)~10月25日(日)、三重県菰野町のパラミタミュージアム。世界遺産登録されている、ロンドンのキュー王立植物園が所蔵する植物画や工芸品など約150点を展示する。一般1000円、大学生800円、高校生500円、中学生以下無料。(問)同館=059(391)1088

写楽と豊国展

5日(土)~12月6日(日)、愛知県田原市田原町巴江、田原城跡内の田原市博物館。写楽と豊国に代表される江戸時代寛政期の浮世絵から、幕末にいたる歌川派の役者絵と美人画の流れを約140点で紹介。10月18日まで「渡辺崋山・椿椿山の人物画」、同月21日からは「20世紀日本の素描と版画」を同時開催。入場料は高校生以上500円、中学生以下無料。(問)同館=0531(22)1720

第3回アコースティッカル

5日(土)前10・30、三重県鳥羽市の鳥羽マリンターミナル周辺。約50組のプロやアマチュアの演奏家とダンサーが音楽やダンスを披露する。飲食の販売やフリーマーケットも。(問)鳥羽マリンターミナル管理事務所=0599(25)4800

人形浄瑠璃ヌーベルバーグ=昨年

人形浄瑠璃ヌーベルバーグ=昨年

人形浄瑠璃ヌーベルバーグ

6日(日)後4・30、岐阜県郡上市大和町の明建神社。新作文楽「母情落日の斧(ははなさけらくじつのおの)」など上演。自由席前売り3000円など。(問)市大和庁舎=0575(88)2211

小さな藤田嗣治展

11日(金)~11月1日(日)前10~後6(9月18日と10月16日は後8まで)、岐阜市宇佐の岐阜県美術館。エコール・ド・パリを代表する日本人画家として活躍した藤田嗣治が、妻・君代に贈った小さな作品や藤田が愛した「猫」、晩年の「こども」シリーズ、藤田の名を世に知らしめた「裸婦」に続く「女性像」を中心に、日本初公開を含む100点以上を展示。10月10日と月曜日(祝日の場合は直後の平日)休館。一般700円、大学生500円で、前売りは各200円引き。高校生以下無料。(問)同美術館=058(271)1313

第84回せともの祭

12日(土)、13日(日)、愛知県瀬戸市の名鉄瀬戸線尾張瀬戸駅周辺と市内一帯。19世紀初頭に磁器の製法を瀬戸に伝えた磁祖・加藤民吉をたたえ、1932(昭和7)年から続く。安価に買える「せともの大廉売市」をはじめ、郊外の品野陶磁器センターなどでも販売される。ほかに、ご当地グルメ瀬戸焼きそば広場など、各種イベントが盛りだくさん。(問)大せともの祭協賛会=0561(82)3123

アール・ヌーヴォーのガラス展

12日(土)~10月18日(日)、名古屋市中区栄の松坂屋美術館。世界有数のガラスコレクションで知られるドイツ・デュッセルドルフ美術館より、厳選された約140点の作品で、ガラス芸術創造の軌跡をたどる。一般1100円、高大生900円、中学生以下無料。(問)同館=052(264)3611

ジブリの大博覧会

12日(土)~11月8日(日)前9~後5、愛知県長久手市の愛・地球博記念公園。愛・地球博10周年を記念して開催する全国都市緑化あいちフェアの特別催事。スタジオジブリ設立30年の歩みを紹介する「ジブリの大博覧会」と「思い出のマーニー×種田陽平展」の2つの企画で構成。会期中無休。前売り券は11日まで販売。一般800円、高大生500円、4歳~中学生300円。当日は各200円増し。(問)中日新聞社社会事業部=052(221)0955

超絶技巧!明治工芸の粋

12日(土)~12月6日(日)、多治見市東町の岐阜県現代陶芸美術館。京都・清水三年坂美術館の所蔵品から七宝、金工、木彫など明治時代に海外で高く評価された工芸品約160点を紹介。一般800円、大学生600円、高校生以下無料。(問)同館=0572(28)3100

奥三河つぐ高原マルシェ・秋の収穫祭

13日(日)前10~後7、愛知県設楽町津具の津具スポーツ広場。五平餅、トウモロコシ、高原野菜など地元の特産品を販売。ジビエ料理教室や伝統芸能「花祭り」の実演、農業青年によるミニライブも。(問)津具商工会=0536(83)2114

どまつり in 信州駒ケ根おいでなんしょ祭2015

19日(土)前10・30~後6、長野県駒ケ根市。中部各地から約30の踊りチームが出場し、よさこいソーランなどを中心市街地の3会場で披露。参加チームや観客が一体となった総踊りもある。長野県内の物産や飲食物など約30の模擬店も出店。雨天決行。(問)実行委=090(2207)9606

ヴェネツィア展

19日(土)~来年2月21日(日)前10~後7、土日祝は前10~後5、名古屋市中区金山町の名古屋ボストン美術館。16世紀から現代に至るまでのベネチアの美を集約した展示会。ベネチアレースやガラスなども展示。月曜(祝日の場合は翌日)休館。一般1300円、前売り1100円。高大生900円、前売り700円。中学生以下は無料。前売りは9月18日(金)まで販売。(問)同美術館=052(684)0101

現代短歌フォーラム「短歌で振り返る戦後70年」

19日(土)後1・30~4、岐阜県郡上市大和町の古今伝授の里フィールドミュージアム。戦中戦後を生きた歌人を、公開インタビューや講演で知ってもらう。入館料310円、小中生100円。(問)同ミュージアム=0575(88)3244

第16回織部ヒルズオータムフェア

19日(土)、20日(日)、岐阜県土岐市泉北山町の織部ヒルズ。陶磁器生産量日本一の土岐市ならではの品ぞろえで「ちょっといい陶器」「おしゃれな陶器」「かわいい陶器」をそろえる。ろくろ作陶体験やピカピカに光る泥だんご作りなどのコーナーも。19日は「ナイトフェア」と題し、後9までオープンする。(問)土岐美濃焼卸センター=0572(55)1322

茶の湯の名品

19日(土)~11月8日(日)、名古屋市東区の徳川美術館と蓬左文庫。徳川美術館に伝わる茶道具のコレクションから、足利義満、義政などの室町将軍や、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康ら天下人をはじめとする戦国大名、武野紹鷗(じょうおう)、千利休、古田織部、織田有楽ら茶人に愛好された道具に光を当て、その魅力と伝来の様相を紹介する。月曜(祝日の場合は直後の平日)休館。一般1200円、高校・大学生700円、小中学生500円。毎週土曜は小中高生無料。同時開催の「豊かなる朝鮮王朝の文化」も同館入場券で観覧可。(問)同美術館=052(935)6262

越前さかなまつり

19日(土)、20日(日)前9、福井県越前町厨(くりや)の厨漁港広場。漁船乗船体験や魚のつかみ捕り体験、クイズラリー、ビンゴ大会など。地元産の魚介類や野菜などが並ぶ市場や屋台も。(問)町観光連盟=0778(37)1234

食の祭典

19日(土)、20日(日)前10~後4、岐阜県郡上市大和庁舎。愛知、岐阜、富山など東海北陸道沿線のご当地グルメが一堂に会し、おいしさを競う。(問)実行委=0575(67)1808

GIFUクラフトフェア

19日(土)、20日(日)、22日(火・祝)、23日(水・祝)前10~後7。会場は岐阜市のJR岐阜駅と隣接のアクティブG、岐阜シティ・タワー43、アスティ岐阜。ガラス、陶磁、皮革、木工、アクセサリー、雑貨、ファッションなど、4日間で約400ブースが出店。(問)GIFUクラフトフェア事務局=058(269)3333

お月見コンサート

20日(日)後6、岐阜県郡上市大和町の古今伝授の里フィールドミュージアム。月を眺めハイドンの弦楽四重奏曲「皇帝」などを楽しむ。抹茶と菓子付き2800円。(問)同ミュージアム=0575(88)3244

六呂師高原アルプス音楽祭

20日(日)~23日(水・祝)前11、福井県大野市南六呂師の「ミルク工房奥越前六呂師高原の時計台」正面広場。東京の音楽団がヨーデルや4メートルのアルプホルン、牛の首に付ける鈴「クーグロッケン」の演奏を披露する。県内外の音楽団体の演奏も。入場無料。(問)実行委・中村さん=0779(65)0825

劇団四季ミュージカル「オペラ座の怪人」

20日(日)~12月31日(木)、新名古屋ミュージカル劇場(名古屋市中区栄)。1990年の名古屋初演以来97万5000人が来場した人気ミュージカル。19世紀のパリ・オペラ座を舞台に、切なく美しい恋の物語が繰り広げられる。3000円~9800円。(問)劇団四季名古屋オフィス=052(290)0800

小松基地航空祭

21日(月・祝)前7・45~後3・30、石川県小松市の航空自衛隊小松基地。空自のアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」による曲芸飛行や同基地所属のF15戦闘機の編隊飛行が披露される。同基地内にある駐機場での見学もできる。(問)小松基地=0761(22)2101

おがたまライブ

22日(火・祝)後3~後5、岐阜県郡上市大和町の道の駅・古今伝授の里やまと。ギターと三味線、ピアノの組み合わせで演奏会。ドリンクの注文が必要。(問)同道の駅=0575(88)2525

若狭町まつり-若祭

22日(火・祝)後10、福井県若狭町鳥浜の縄文ロマンパーク。若狭縄文丸木舟競漕(きょうそう)全国大会や、さまざまなステージイベントがあり、ウナギや福井梅などの特産品屋台も。(問)実行委=0770(45)9111

黒部峡谷星空トロッコ

26日(土)、27日(日)、10月3日(土)、4日(日)、富山県黒部市の黒部峡谷鉄道。トロッコ列車が夜間運行され、黒部峡谷で満天の星を仰ぎ見ることができる。各日、宇奈月駅を後5・01分に出発。終点の欅平駅で約50分星空観測をし、後9・06に宇奈月駅に戻る行程。費用は運賃、軽食、保険を含め大人1人5500円、子ども(小学生以下)1人3800円。(問)黒部峡谷鉄道=0765(62)1800

白鳥おどり変装踊りコンクール(中日新聞社後援)

26日(土)後8~11ごろ、岐阜県郡上市白鳥町の美濃白鳥駅前。衣装や着ぐるみの着こなし、演出を競いつつ踊る。(問)白鳥観光協会=0575(82)5900

祭

清崎の百万遍念仏=昨年

清崎の百万遍念仏=昨年

清崎の百万遍念仏

5日(土)前8~後2、愛知県設楽町清崎の毘沙門(びしゃもん)堂。先祖供養や無病息災を祈願する民間信仰行事。車座になった住民が、念仏を唱和しながら大数珠を回す。600年以上前に始まったと伝えられ、明治初期の廃仏毀釈(きしゃく)で一時中断したが、1890年に復活した。(問)町観光協会=0536(62)1000

大しめ縄張神事

5日(土)前10、三重県伊勢市二見町江の二見興玉(おきたま)神社。沖合の夫婦岩に張られた長さ35メートル、重さ40キロの大しめ縄5本を神職らが張り替える。一般の参拝者も参道から作業に参加できる。張り替え後の前11・30ごろに餅まきがある。(問)二見興玉神社=0596(43)2020

清水青龍会

14日(月)、15日(火)後2、京都市東山区の清水寺。長さ18メートルの竜が練り歩き、人々の安寧を祈る。観音の化身である竜が境内の音羽の滝で水を飲んだという言い伝えにちなむ。(問)清水寺=075(551)1234

安乗の人形芝居

15日(火)、16日(水)後6・30、三重県志摩市阿児町安乗の安乗神社。国指定重要無形民俗文化財。地元の小中学生や保存会が、400年以上前から伝わる伝統芸能の人形芝居を神社に奉納する。(問)市観光協会=0599(46)0570

白鳥の拝殿踊り

27日(日)後8~10、岐阜県郡上市白鳥町の白鳥神社。国選択無形民俗文化財で、謡と手拍子、げたの拍子だけの盆踊り。素朴だが動きが速く、踊り愛好家からの人気が高い。(問)白鳥観光協会=0575(82)5900

花火

瀬古の流星=昨年

瀬古の流星=昨年

瀬古の流星

12日(土)後6・30~7、滋賀県甲賀市甲南町の瀬古薬師堂近く。甲賀忍者ののろしを再現した花火120発が打ち上げられ、秋の夜空に光の放物線を描く。(問)甲賀市観光協会=0748(60)2690

大宮五十鈴神社の三国一

23日(月・祝)、長野県駒ケ根市の同神社。五穀豊穣(ほうじょう)祈願で奉納される「三国(さんごく)花火」の北限で、100年以上の歴史がある。境内に幅約10メートル、高さ約8メートルのやぐらを組み、松の木をくりぬいた筒から花火が盛大に噴き出して流れ落ちる。後7ごろから初三国、同8・30ごろから大三国一を打ち上げる。それぞれ約30分。(問)神社=0265(83)0939

花

信州中川赤そば花まつり

18日(金)~10月4日(日)、長野県中川村。JR伊那田島駅の南に広がる約2.4ヘクタールの畑一面に赤そば「高嶺ルビー」の花が咲く。見ごろは下旬。祭り期間中の前10~後4には赤そばのハチミツや乾麺、地元の農産物などのテント市もある。(問)実行委=0265(88)3001

スポーツ

ひるがの高原ウオーク

27日(日)前10、岐阜県郡上市高鷲町のひるがの高原コキアパーク発着。高原の木立の中や湿原など約10キロを、両手にポールを持つノルディックウオークで散策。ポールなしも可。一般1200(当日1500)円、小中生500円。(問)ひるがの高原観光協会=0575(73)2241

遊

ジビエde地ビールin千畳敷

5日(土)、6日(日)前8・15~後4、長野県駒ケ根市のホテル千畳敷レストラン。地元の南信州ビール1杯と鹿肉料理1皿のセットを税込み1000円で提供。(問)ホテル千畳敷=0265(83)5201

郡上どろんこバレーボール大会

6日(日)前9、岐阜県郡上市大和町栗巣の田んぼ。少雨決行。(問)NPO法人メタセコイアの森の仲間たち=0575(88)1085

出現!妖怪ウォッチランド-キミも妖怪と友だちになろう!

12日(土)~12月20日(日)、愛知県犬山市の日本モンキーパーク催事館。「妖怪ウォッチ」の世界を再現。ボールを蹴ってゴールに入れるなどの課題をクリアし、スタンプを集める。記念撮影コーナーも。2歳以上500円。別途、同パークの入園料(中学生以上1100円、2歳~小学生600円)が必要。(問)同パーク=0568(61)0870

 
※祭礼や催事は変更もあります。開花状況などは気候に左右されるので、お出かけの際は確認をお願いします。

旅コラム
国内
海外