【本文】

  1. トップ
  2. イベントガイド
  3. 8月 中部お出かけガイド

8月 中部お出かけガイド

2016年07月25日

催花火祭遊スポーツ募集

催

岐阜城パノラマ夜景

31日(水)まで、岐阜市の金華山ロープウエーと岐阜城が夜間営業。標高329メートルの山頂から夜景を楽しめる。▽ロープウエー=後10・30まで。後6時以降、往復で12歳以上900円、4~11歳450円▽岐阜城=後10まで。16歳以上200円、4~15歳100円。(問)岐阜城=058(263)4853

特別展「南極へ行こう!!」

9月4日(日)まで、前9・30~後5(入場は閉館30分前まで)、名古屋市中区の市科学館。8月15日を除く月曜休館。南極観測隊の生活や研究、南極の自然や生きものなどを紹介。ブリザード体験や雪上車の展示もあり、南極に行ったような感覚も味わえる。観覧料は一般1200円、高校・大学生700円、小中学生500円。(問)同展事務局=080(2660)5669

お化け屋敷「だるまさんがころんだ」

9月19日(月・祝)まで、名古屋市中区の若宮大通公園。体験型の新感覚お化け屋敷。悲惨な運命をたどった女性の霊を楽しかった過去の記憶を思い出すことで成仏させる物語。7月、9月は平日後4~8、土日祝日前11~後8。8月は平日後1~8、土日祝日と12日(金)、15日(月)~19日(金)は前11~後8。入場料は1000円。未就学児は入場不可。(問)事務局=052(915)8811

木曽踊り

1日(月)~16日(火)、長野県木曽町福島の広小路。期間中の毎日、後8~9ごろ、木曽踊保存会の会員らが、正調木曽節を披露しながら踊りの輪をつくる。飛び入り参加も歓迎で、会員の踊り指導もある。(問)町観光協会=0264(22)4000

外宮さんゆかたで千人お参り

1日(月)後5・30~9、三重県伊勢市の伊勢神宮外宮。無病息災を祈る1日の「八朔(はっさく)参り」にちなんで、市民団体「外宮にぎわい会議」などが参加を呼び掛けている。外宮前のバス停周辺には飲食の屋台が出店。奉納舞台ではダンスやオカリナ演奏もある。参加無料。(問)外宮にぎわい会議の坂田さん=090(3257)7674

下呂温泉まつり=昨年

下呂温泉まつり=昨年

下呂温泉まつり

1日(月)~4日(木)、岐阜県下呂市の下呂温泉街。1日は5体の龍(りゅう)が街を練る「龍神火まつり」。2日(火)はみこしやサンバなどの「湯の華みこしパレード」を予定。3日(水)は約1万3000発を打ち上げる「花火ミュージカル夏公演」、4日は「歌塚歌謡祭」と「いでゆ夜市」など。花火は荒天・河川増水時、19日(金)に延期。(問)市観光課=0576(24)2222

立山・山の日ウイーク

1日(月)~11日(木・祝)、富山、長野県を結ぶ立山黒部アルペンルートの室堂ターミナル屋上など。11日の「山の日」を記念した初めてのイベント。スイーツや麺類、カレーなどが選べる「雲上グルメクーポン」、日本で初めて氷河と認められた「立山氷河」の展示・解説、山の安全を祈願する護符作りなど、多彩なイベントが繰り広げられる。(問)立山黒部貫光=076(432)2819

ダンボール水族館

3日(水)~15日(月)前10~後7(最終日は後5)、名古屋市千種区の名古屋三越星ケ丘店。5回目の開催となる段ボール遊園地で水族館をイメージした展示。潜水艦や大型滑り台などで遊ぶ。(問)同店=052(783)1111

名古屋城宵まつり

5日(金)~15日(月)前9~後9(入場は30分前まで)、名古屋市中区の名古屋城。盆踊り、ビアガーデン、昔懐かしい縁日遊びが楽しめる「名古屋城お遊び処」などを毎日開催。ステージでは「ナゴヤアニソンフェスin名古屋城」(別途料金が必要)やコンサート「ジャズイン名城」など日替わりのイベントがある。スケジュールはHPで確認を(「名古屋城」で検索)。入場料は大人500円、名古屋市内在住の高齢者(敬老手帳持参)100円、中学生以下無料。(問)名古屋城総合事務所=052(231)1700

安城七夕まつり

5日(金)前10~7日(日)後9、愛知県安城市のJR安城駅前一帯。約1000本の竹に取り付けられたくす玉や吹き流しなどの飾りが通りに並び、願い事を書いた短冊が多数飾られる「短冊ロード」、子どもたちのパレード、ダンスなど多彩なイベントがある。6日(土)は後5・35から「願いごとふうせん」の一斉飛ばしがあり、夜には安城七夕神社で「願いごとキャンドル」がともる。(問)まつり協賛会(安城商工会議所内)=0566(76)5175

第66回大須夏まつり

6日(土)、7日(日)、名古屋市中区の大須商店街と大須観音境内。6日は太鼓ショーやサンバショー、7日にはコスプレパレード。7日後9からは、手筒花火と大須太鼓の共演もある。(問)大須商店街連盟=052(261)2287

世界コスプレサミット2016

6日(土)、7(日)、名古屋市東区のオアシス21や愛知芸術文化センターなど。30カ国・地域のコスプレーヤーが参加する。「コスプレチャンピオンシップ」では、世界各地の予選会を勝ち抜いてきたコスプレーヤーたちがパフォーマンスを競い合う。名古屋テレビ塔ではコスプレ商品を扱うフリーマーケットがある。(問)同サミット事務局=052(962)2003

若狭おおいのスーパー大火勢(おおがせ)

6日(土)、福井県おおい町のうみんぴあ大飯。後7、一般参加の人を含む総勢500人が松明(たいまつ)を持って大火勢台船まで炎を運ぶ「松明行列」。後8に高さ20メートル、重さ1トンの木の葉形大松明「スーパー大火勢」に点火。燃え盛る大松明を若者60人が勢いよく振り回し、炎が衰え始めたころに海へ倒す。直後に1万発の花火と音楽の競演も。花火は30分間、ノンストップで打ち上げる。有料観覧席もある。(問)実行委=0770(77)9111

若狭おばま空き家ツアー

6日(土)後1、福井県小浜市のJR小浜駅集合。移住を考える人たちに、山間部の農家や市街地の古民家など築50年以上の中古物件5軒を紹介。小浜市に移住した市民グループ代表が地域の良さを話しながら案内する。無料。(問)市人口増未来創造課=0770(64)6008

夏の雪まつり

7、14、21、28日(いずれも日)前10~後5。名古屋市中区の大須スケートリンク。雪の滑り台や雪だるまで遊ぶコーナーや参加無料の初心者スケート教室。スペシャル感謝デーの14日は滑走料600円(貸靴料別途必要)でリンクを開放するほか、華麗なフィギュアエキシビションも楽しめる。(問)名古屋スポーツセンター=052(321)1591

最恐怪談師決定戦 怪談王

7日(日)後1、5の2回公演、愛知県犬山市の博物館明治村。4人の怪談師がトーナメント形式で怖さを競い、この夏“最恐”の怪談師を決める。入場料2000円で明治村入村料が別途必要。未就学児入場不可。チケットはローソンチケットのみで販売中。(問)東海ラジオ=052(962)6151

エトワール・ガラ2016

9日(火)後6・30、名古屋市東区の愛知県芸術劇場大ホール。バレエ界最高峰の「パリ・オペラ座バレエ団」でエトワールと称されるトップダンサーらが一堂に集結。「チャイコフスキー・パ・ド・ドゥ」などの名場面を演じる。S席17000円、A席13000円、B席9000円、C席7000円、D席5000円。(問)中日新聞コンサートデスク=052(308)8282

内藤ルネ展

10日(水)~22日(月)前10~後7・30(最終日は後6)、名古屋市中区の名古屋三越栄店。現在のkawaii文化の火付け役として知られる内藤ルネ(愛知県岡崎市出身)の世界を4部構成で展示。(問)同店=052(252)1111

豊臣から徳川へ 徳川美術館の名品で綴る

10日(水)~9月19日(月・祝)前9~後5(8月10日は前10~)、岐阜市歴史博物館。徳川美術館の特別協力のもと豊臣秀吉、徳川家康ゆかりの名品を紹介し、豊臣から徳川へと移りゆく「天下人」の時代を振り返る。15日と9月19日を除く月曜休館。高校生以上800円、小中学生400円。(問)岐阜市歴史博物館=058(265)0010

木曽義仲旗挙げまつり

14日(日)後1~9・30、長野県木曽町日義の宮ノ越地区一帯。山吹山の山腹に、たいまつの「木の字焼き」が現れるほか、地元の子どもたちが義仲菩提(ぼだい)寺の徳音寺などを巡る「らっぽしょ行列」、義仲や巴御前らにふんした一行が練り歩く武者行列、太鼓の演奏や花火など。(問)町観光協会=0264(22)4000

第50回常滑焼まつり

20日(土)前9~後9、21日(日)前9~後5。愛知県常滑市のボートレースとこなめ、セラモール、やきもの散歩道、イオンモール常滑の4会場。陶芸体験や伝統工芸士の実演、常滑焼の即売市など。(問)常滑焼まつり協賛会=0569(34)3200

「鬼才 河鍋暁斎-幕末と明治を生きた絵師」

20日(土)~10月2日(日)、愛知県碧南市音羽町の市藤井達吉現代美術館。強烈な個性で筆を操り、鬼才とよばれる河鍋暁斎(かわなべ・きょうさい)の世界を肉筆彩色画、水墨画に錦絵を加えた約120点で紹介する。展示替えあり。月曜(祝日の場合は翌平日)休館。一般900円、高大生600円、小中生400円。(問)同館=0566(48)6602

立山山麓音楽祭2016

20日(土)後1~4、富山県の立山山麓スキー場らいちょうバレーエリア。立山山麓地域の活性化を図る音楽と参加型環境イベント。コンサートには加藤登紀子、太田裕美、BORO、白井貴子の各アーティストが出演予定。地元特産品コーナーや、エコスタンプラリーなど家族で楽しめる催しもある。当日は「エコ特典」として、電車で来た場合は帰りの乗車券が無料。マイカーの場合はエコ協力金として1台500円の駐車料金が必要。(問)実行委(富山市観光政策課)=076(443)2072

若狭たかはま漁火想(いさりびそう)

20日(土)、福井県高浜町の若宮海水浴場周辺。いさり火きらめく昔からの若狭の海の風景をイメージした催し。後4に屋台村がオープン。後4・30から砂浜と街中にキャンドル1万1000個が置かれ、光が揺らめく中でサンセットライブ。後8から水中花火がある。最後は、市販のおもちゃを使った創作花火「櫓龍(やぐらドラゴン)」。地元若者でつくる花火師集団が豪快なショーを繰り広げる。(問)実行委=080(4200)9624

O・TA・I・KO響2016

20日(土)、福井県越前町のオタイコ・ヒルズ野外ステージ。後2から太鼓のワークショップや県内太鼓チームの演奏など。後6から「O・TA・I・KO響宴」。5尺(1.5メートル)の大太鼓「明神」をメインに、越前町のO・TA・I・KO座「明神」が大迫力の演奏を披露。東京、島根など県外団体との競演も。入場無料。(問)実行委=0778(36)1111

神宮林の境界を歩く

21日(日)前8・30、三重県南伊勢町切原の切原グラウンド集合。伊勢神宮が管理する神宮林は人の手が入ることが少なく原生林に近い。南側の境界から眺めて自然を満喫する。NPO法人「南勢テクテク会」など主催。小学生以上で、事前申し込みが必要。500円。(問)宮川流域交流館たいき=0598(86)3851

九頭龍フェスティバル・永平寺大燈籠(とうろう)ながし=昨年

九頭龍フェスティバル・永平寺大燈籠(とうろう)ながし=昨年

九頭龍フェスティバル・永平寺大燈籠(とうろう)ながし

21日(日)、福井県永平寺町の永平寺河川公園。後7から、曹洞宗大本山永平寺の役僚や雲水120人による大施食法要(だいせじきほうよう)、後7・50から1万個の灯籠が九頭竜川に流される。川面に灯籠の光の帯、夜空は1000発の花火が彩る。昼は川下り体験やステージショー、バザーなども。(問)実行委=0776(61)3930

全国バレエコンクールinNAGOYA

24日(水)~26日(金)=予選、27日(土)と28日(日)=決選、名古屋市東区の市芸術創造センター。ジュニア、シニアの部門別コンクール。モスクワ国立ボリショイ劇場プリンシパルのユーリー・ヴァシュチェンコ氏が審査委員長を務める。予選3000円、決選5000円で全席自由。(問)CJB中部日本バレエ団=052(481)5017

第18回にっぽんど真ん中祭り(どまつり)

26日(金)~28日(日)前8・50(26日は後4・50)~後9、名古屋市中区の久屋大通公園など市内16会場と愛知県安城、東海、春日井各市の会場。国内外の207チームが演舞を披露する。観客も一緒に踊る「総踊り」や学生チームが競う「キャンパスバトル」などが見どころ。久屋大通公園内エンゼル広場の「ご当地ぐるめぱーく」では全国のグルメが楽しめる。(問)同祭り文化財団=052(241)4333

木曽の手仕事市

27日(土)前10~後5、28日(日)前9~後4、長野県木曽町福島の中山道福島宿一帯。木工やガラス、陶器をはじめ、全国から集まったクラフト作家が蔵やテント、空き家などを会場に出店。今年は130店ほどが参加予定。(問)まちづくり木曽福島=0264(22)2766

ヤマザキマリ×とり・みき「プリニウス」スペシャルトーク

28日(日)後2、名古屋市瑞穂区の市博物館講堂。開催中の「世界遺産 ポンペイの壁画展」の関連イベント。古代ローマ時代が舞台の漫画「プリニウス」を共作する2人が語る。申し込みは7月31日(日)までに往復はがきか市電子申請サービスで。定員220人、応募多数の場合は抽選。聴講無料だが観覧券が必要。(問)同館=052(853)2655

花火

美濃市中日花火大会

1日(月)後7・40~8・40、岐阜県美濃市前野の長良川河畔。約1000発を打ち上げる。ニコちゃんマークの花火を数えて応募すると、正解者の中から美濃和紙のちょうちんが10人に当たる催しも。(問)市観光協会=0575(35)3660

2016びわ湖大花火大会=昨年

2016びわ湖大花火大会=昨年

ふくろい遠州の花火

6日(土)後7~9、静岡県袋井市の原野谷川親水公園一帯。東海地方でも有数の2万5000発が打ち上げられる。有料観覧席あり。(問)実行委=0538(42)6151

岡崎城下家康公夏まつり花火大会

6日(土)後6・50~9、愛知県岡崎市の乙川(殿橋下流)河畔・矢作川河畔。市制100周年記念の「ドラマチック・ハナビ」、ワイドミュージックスターマイン、尺玉100発など。公共交通機関の利用を。(問)市観光協会=0564(23)6217

2016びわ湖大花火大会

8日(月)後7・30~8・30、大津市浜大津の滋賀県営大津港周辺。荒天の場合は12日(金)に延期。今年のテーマは「虹色の旅へ。滋賀・びわ湖」。「歴史の旅」「食と技の旅」など、滋賀県の旅を幸福のシンボルでもある七色の虹になぞらえて花火で表現する。熊本地震への追悼や復興の願いが込められた花火も打ち上げられ、1万発が琵琶湖上を華やかに彩る。(問)実行委=077(511)1530

とうろう流しと大花火大会=昨年

とうろう流しと大花火大会=昨年

大井川大花火大会

10日(水)後7・30、静岡県島田市のJR東海道線大井川鉄橋と県道島田金谷線の大井川橋の間の河川敷。島田側と金谷側の両岸から8000発の花火を打ち上げる。荒天や河川増水の場合は27日(土)に延期。(問)市観光協会=0547(46)2844

三国花火大会

11日(木・祝)後7・30、福井県坂井市三国町の三国サンセットビーチ。北陸最大規模の花火大会。直径450メートルの大輪が海面まで垂れ落ちるように見える2尺玉をはじめ1尺玉、スターマイン、ナイアガラ、仕掛け花火など。名物は船から花火師が直接海に投げ入れる水中花火。海面すれすれで扇状に花開く。荒天順延。(問)実行委=0776(50)3152

とうろう流しと大花火大会

16日(火)、福井県敦賀市の気比の松原海水浴場。日本三大松原の一つ、名勝「気比の松原」での名物行事。後6・30から赤、青、黄色の灯籠約6000個が海に流される。灯籠が夜の海を彩る中、後7・30から日本海側最大級という1万3000発の花火を打ち上げる。(問)敦賀観光協会(平日)=0770(22)8167、敦賀観光案内所(土日・祝)=0770(21)8686

 
第51回内海中日花火大会=昨年

第51回内海中日花火大会=昨年

第51回内海中日花火大会

17日(水)後7~8・30、愛知県南知多町の内海海水浴場。砂浜にござを敷いて眺められるのが特徴。海面に半円形に開く水中スターマインなどが人気。小雨決行(荒天時は中止)。(問)内海観光協会(内海商工会内)=0569(62)0985

 

祭

石崎奉燈(ほうとう)祭=昨年

石崎奉燈(ほうとう)祭=昨年

石崎奉燈(ほうとう)祭

6日(土)、石川県七尾市石崎町。高さ10メートル超、重さ2トンの大奉燈6基が町内で乱舞する。日が暮れると奉燈の明かりがともって、華やかさと力強さが増す。(問)奉賛会=0767(62)2835

白鳥の拝殿踊り

16日(火)、岐阜県郡上市白鳥町の前谷白山神社、17日(水)と9月25日(日)、同町白鳥神社、8月20日(土)、同町野添貴船神社。いずれも後8~10ごろ。キリコ灯籠をつり下げた神社の拝殿で、唄と手拍子、げたの足拍子だけで踊る。国選択無形民俗文化財。(問)白鳥観光協会=0575(82)5900

田峯(だみね)念仏踊り

17日(水)後6・30、愛知県設楽町田峯の田峰観音境内。念仏衆が鉦(かね)や太鼓、笛に合わせて踊り、先祖の霊を供養する。地面を蹴りながら勇壮に踊ることから「跳ね込み」とも呼ばれ、県無形民俗文化財に指定されている。住民による昔ながらの手踊りもある。(問)町観光協会=0536(62)1000

貝津田の棒の手=昨年

貝津田の棒の手=昨年

貝津田の棒の手

19日(金)後8、愛知県設楽町西納庫貝津田地区の諏訪神社。戦国時代、農民が自衛のために身に付けたとされる武芸。六尺棒や長柄鎌、槍(やり)、刀などを携えた地元保存会員らが拝殿でおはらいを受けた後、ほら貝の合図で起倒流棒の手の演武を奉納する。(問)町観光協会=0536(62)1000

輪島大祭

22日(月)~25日(木)、石川県輪島市中心地にある4神社の夏祭り。初日は奥津比●(ひめ)神社大祭。袖ケ浜海岸で海士町の男性が化粧で女装し、みこしを担いで海に入る海中渡御がある。50キロ先の舳倉島の女神が男神に会うために海を渡る伝説による。大祭は重蔵(河井町)、住吉(鳳至町)、輪島前(輪島崎町)の各神社順に展開。重蔵と住吉は大きなキリコ、輪島前はタイの張り子と竹キリコが、みこしと地域を練り歩く。(問)わじま観光案内センター=0768(23)1100
(注)●は、口へんに羊

おっしょべ祭り

25日(木)~27日(土)、石川県小松市の粟津温泉。温泉街に伝わる男女の恋物語にちなんだ「おっしょべ節」に合わせ、老若男女がおっしょべ踊りを楽しむ。太鼓の祭典は25日後6・30、おっしょべ踊りは26日(金)、27日の後8から。(問)粟津温泉観光協会=0761(65)1834

ぐず焼きまつり

27日(土)~29日(月)、石川県加賀市動橋町、振橋神社。27日後6・30ごろから、約10メートルの巨大な張り子のぐず2基が町内を練り回り、後10すぎ、同神社で焼却退治して厄払いをする。28日(日)、29日は獅子舞や輪踊りなどがある。(問)実行委=0761(74)0715

遊

志摩スペイン村ナイター営業

31日(水)まで、三重県志摩市磯部町のテーマパーク「志摩スペイン村」。6日(土)~21日(日)は後9、ほかは後8・30まで。ヒマワリ畑や闘牛を表現したプロジェクションマッピング、電飾の山車とダンサーが行進するナイトパレードのほか、ギターの音色に合わせた花火の打ち上げもある。(問)志摩スペイン村=0599(57)3333

ひるがのシャワークライミング

9月30日(金)までの前8・30~11・50か後1~4・20。岐阜県高山市荘川町牧戸のODファーム荘川から往復して長良川源流の沢登り体験。泳ぎやスライダー、滝登りなどを楽しみながら上流を目指す。中学生以上6500円、小学生4300円。(問)ODファーム荘川=05769(2)1011

スポーツ

中日少年野球大会・ポッカサッポロ杯愛知県大会

【中学生の部】3日(水)~6日(土)、名古屋市瑞穂区のパロマ瑞穂野球場、同熱田区の熱田神宮公園野球場。開会式は3日前9、パロマ瑞穂野球場で。【小学生の部】2日(火)~8日(月)、同市緑区の大高緑地公園野球場。開会式は2日前9、同野球場で。愛知県内の各地区予選を勝ち抜いた小中学校のチームが出場。観戦無料。(問)中日新聞社スポーツ事業部=052(290)0013

中部日本地区選抜中学軟式野球大会

15日(月)~17日(水)前8、試合開始。名古屋市東区のナゴヤドーム。愛知、岐阜、三重、静岡、滋賀、長野、福井、石川、富山、新潟各県の代表チームが中部一の座を目指し、トーナメント方式で対戦する。観戦無料。(問)中日新聞社スポーツ事業部=052(290)0013

募集

防災・減災ピクニック

6日(土)前10~後4、名古屋市千種区の名古屋大減災館、中区の名古屋都市センター、港区の名古屋市港防災センターをバスで移動しながら防災・減災を学ぶ。対象は愛知県内の小学生と保護者20組40人。参加無料だが申し込みが必要。7月31日(日)必着。(問)日本損害保険協会中部支部=052(249)9760

木曽の「すんき漬け」体験ツアー

29日(月)前11~後1・30、長野県木曽町のふるさと体験館きそふくしま。塩を使わず赤カブの葉を乳酸発酵させてつくる木曽地域伝統の漬物「すんき」をカブの種まきから漬けるまで体験。体験は2回で、8月は種まき、11月は漬け込み。みそむすび、きのこそばなどの昼食、トウモロコシやそばなどの土産も付いて3000円(1回)。現地集合。解散後の観光や宿泊の希望者向けに観光デスクも開設。定員15人。締め切りは19日(金)。(問)ふるさと体験館=0264(27)1011

留学生による第1回愛知カラオケフェスティバル東海3県大会

東海3県在住の留学生・元留学生が日本語の歌を競う。参加希望者は、カラオケ店舗「JOYSOUND」の「うたスキ動画」から参加できる。21日(日)締め切り。成績上位者による本大会は9月25日(日)に愛知県長久手市のモリコロパークで。(問)主催のメイクミラクルズ=090(9948)3263

 
※祭礼や催事は変更もあります。開花状況などは気候に左右されるので、お出かけの際は確認をお願いします。

旅コラム
国内
海外