【本文】

  1. トップ
  2. イベントガイド
  3. 3月 中部お出かけガイド

3月 中部お出かけガイド

2017年02月27日

催祭募集スポーツ花花火

催

いき粋墨俣=2015年の様子

いき粋墨俣=2015年の様子

いき粋墨俣 つりびな小町めぐり2017

12日(日)まで、岐阜県大垣市墨俣町の美濃路墨俣宿一帯。つりびなが飾られた店舗や寺院を巡るスタンプラリーを実施。4日(土)と11日(土)の後6~8は光受寺のしだれ梅ライトアップに合わせ、一帯に設置したあんどんを点灯。5日(日)は前10~後3に東コミュニティーセンターで「園遊会」を開催。会費500円。(問)いき粋墨俣創生プロジェクト(茶房とお山、後1~5)=0584(62)3439

歌川広重 二つの東海道五拾三次 保永堂版と丸清版

28日(火)まで、三重県菰野町大羽根園松ケ枝町のパラミタミュージアム。浮世絵の名作「東海道五拾三次」を2種類の版で展観する。会期中無休。一般1000円、大学生800円、高校生500円、中学生以下無料。(問)同ミュージアム=059(391)1088

ガラス美術館で収蔵品展

4月9日(日)まで、石川県七尾市の県能登島ガラス美術館。「ガラスの不思議な世界」と題し、透明性と色、技法と形、光などをテーマに、収蔵品から国内外の125点を紹介する。3月21日(火)休館。高校生以上800円、中学生以下無料。(問)同美術館=0767(84)1175

春の火災予防運動ロビー展

1日(水)~25日(土)、愛知県豊田市長興寺の市防災学習センター。暴風、地震、煙、初期消火、119番通報体験や地盤構造などの展示物から備える大切さを学ぶと、こども消防隊員証を進呈。入場無料。20日(月・祝)を除く月曜休館。(問)豊田市消防本部予防課=0565(35)9703

いわむら城下町のひなまつり

1日(水)~4月3日(月)、岐阜県恵那市岩村町の重要伝統的建造物群保存地区の町並みと周辺。江戸時代から伝わる古今びなや、豪華な御殿びななどを約110カ所で展示。期間中の日曜は「なべまつり」やクラフトフェア、音楽祭など多彩なイベントがある。25日(土)後3~8・30は「宵のひなまつり」を開催。灯籠による演出、夜店、映像と音楽のステージなど。(問)市観光協会岩村支部=0573(43)3231

お水送り=昨年

お水送り=昨年

お水送り

2日(木)、福井県小浜市の神宮寺や鵜(う)の瀬。奈良・東大寺の「お水取り」に先立つ神事。弓打ち神事、修二会(しゅにえ)などを経て後7から大護摩法要。7・30ごろ、大護摩の火がたいまつに移され、大たいまつを持つ山伏姿の行者や白装束の僧に一般の人も加わって2キロ上流の鵜の瀬へたいまつ行列。到着後、再び大護摩に火がともされ、住職が送水文を読みあげて「香水(こうずい)」を遠敷川(おにゅうがわ)に注ぐ。たいまつは有料。JR小浜駅や竜前臨時駐車場から有料シャトルバスあり。(問)若狭おばま観光案内所=0770(52)2082

モータースポーツファン感謝デー

4日(土)、5日(日)、三重県鈴鹿市稲生町の鈴鹿サーキット。元F1ドライバーのジャン・アレジさんと息子のジュリアーノさん、国内最高峰のスーパーフォーミュラで活躍する中嶋一貴選手と小林可夢偉選手らによるドライブ対決のほか、多彩なデモレースを開催。ホンダF1マシンの展示も。無料招待券は公式ホームページから。(問)鈴鹿サーキット=059(378)1111

梅まつり

4日(土)、5日(日)の前10、福井県若狭町成出のJA敦賀美方・梅の里会館。三方五湖の湖畔にある西田梅林で約7万本が開花する時期に合わせた催し。観梅のほか、梅エキス入りの飼料で育てた「梅フグ」の吸い物の振る舞い、梅シロップ作り体験など。種が小さくて果肉が厚く、味がいいと評判の梅干しや梅酒、梅入りのスイーツといった加工品、若狭湾の干物、地酒の販売もある。(問)梅の里会館=0770(46)1501

酒蔵開放

5日(日)前10~後3、福井県坂井市丸岡町の久保田酒造。限定の「今朝しぼり」が呼び物で、当日早朝に搾った純米吟醸生酒と大吟醸生原酒をこの日だけ販売。好きな言葉を書家に無料で書いてもらい、ラベルにするサービスもある。酒かすはがし体験、新酒や甘酒の飲み比べ、利き酒コンテスト、杜氏(とうじ)による酒蔵案内、酒かす詰め放題のほか、今年は日本酒やゆず酒の化粧水作り体験も。JR丸岡駅、えちぜん鉄道下兵庫駅などから送迎バスあり。(問)久保田酒造=0776(66)0123

「平和の文化と希望展」名古屋展

7日(火)~12日(日)、名古屋市中区のナディアパーク3階デザインホール。少子高齢社会をテーマにしたパネルを展示。高齢期の疑似体験ができるコーナー、介護ロボットの展示もある。入場無料。(問)創価学会中部池田記念会館=052(521)7311

「アドルフ・ヴェルフリ 二萬五千頁の王国」展

7日(火)~4月16日(日)、名古屋市中区の名古屋市美術館。アウトサイダー・アートを代表する伝説的芸術家アドルフ・ヴェルフリの日本初の大規模個展。月曜(祝日の場合は翌平日)休館。一般1300円、高大生800円、中学生以下無料。19日(日)後2から甲南大准教授の服部正さん、25日(土)後2から写真家の都築響一さんによる記念講演会。(問)同美術館=052(212)0001

テーマ展「直弼発見! 大老・井伊直弼の職務」

10日(金)~4月11日(火)、滋賀県彦根市の彦根城博物館。幕末に大老を務めた彦根藩主井伊直弼が江戸城で行っていた仕事を紹介する。3月11日(土)前11と後2、学芸員が解説する。一般500円、小中学生250円。(問)彦根城博物館=0749(22)6100

日本酒イベント「MEETS TONO」

10日(金)後5~9、11日(土)正午~後7、12日(日)正午~後5、名古屋市中区の名古屋テレビ塔下「タワースクエア」。岐阜県東濃地域の日本酒の酒蔵9蔵が一堂に会する。27種類の地酒の飲み比べを、地元の陶磁器メーカーや陶芸家が手掛けた美濃焼のさかずきで楽しめる。おつまみも東濃にゆかりのあるメニューがそろう。前売り2500円、当日3000円。(問)多治見市産業観光課=0572(22)1250

春の大陶器市

11日(土)~20日(月・祝)前10~後5、名古屋市西区則武新町3のノリタケの森。有田や九谷、瀬戸焼などの和食器を中心に、有名産地の陶磁器を特別価格で販売する。ノリタケ食器が特別価格になる企画もある。13日(月)は休園。(問)ノリタケの森=052(561)7290

クラシックカーミーティングin美濃

12日(日)前10~後2・30、岐阜県美濃市中心部のうだつの上がる町並み。1979年以前に生産されたクラシックカー約100台が全国から集結。町並み内でパレードし、車両を展示する。(問)市観光協会=0575(35)3660

歴史文化講演会「発見!熱田神戸節の魅力」

15日(水)後1・30~3・30、名古屋市熱田区神宮3の熱田文化小劇場。同区神戸町で生まれ、江戸に渡って都々逸として流行した熱田神戸節の魅力に迫る。実演や歴史の話、唄のレクチャーなどがある。入場無料で先着350人。(問)熱田文化小劇場=052(682)0222

つばき展

17日(金)~20日(月・祝)、名古屋市中区大須4の久屋大通庭園フラリエ。名古屋椿協会の会員が丹精した「サンディマス」や「キティ」などツバキ約300点を展示。苗木の販売もある。(問)久屋大通庭園フラリエ=052(243)0511

滑川ほたるいか発光ショー

18日(土)から、富山県滑川市のほたるいかミュージアム。毎朝捕獲したホタルイカが館内の半円形の特殊水槽で発光する様子を見ることができる。前9から毎時2回で、後4台の1回が最終回。5月末までの予定だが、漁の状況により早く終了する場合も。入館は前9~後4・30。高校生以上800円、3歳~中学生400円。(問)ほたるいかミュージアム=076(476)9300

ジュゴンのバックヤードツアー

18日(土)~4月16日(日)の土、日曜日の後2~2・30、三重県鳥羽市の鳥羽水族館。国内で唯一飼育されているジュゴン「セレナ」の入館30周年イベント。水槽の裏側、餌の準備などを見学する。定員各10人、参加費200円。小学生未満は保護者同伴。実施日の2週間前までに申し込み。多数の場合は抽選。(問)同館=0599(25)2555

全国椿サミット野々市大会

18日(土)、19日(日)前9、石川県野々市市の市文化会館フォルテ、野々市中央公園。ツバキの展示やツバキを主題にしたアート展、花と緑の市、特産物市などがある。(問)実行委=076(227)6121

越前かに感謝祭

18日(土)、19日(日)前9、福井県越前町厨(くりや)の道の駅「越前」駐車場。越前がに漁を締めくくる催しで、呼び物は越前産水ガニの半身とガマエビが入った「特選かに汁」。両日とも一日2回、各回限定250食を1杯500円で提供(前10・30と後1に引換券販売)。水ガニ早むき大会やゆるキャラ「かに太郎」と遊ぶ催し、ビンゴ大会、魚介類の販売、海の幸グルメ屋台、越前がに最上級ブランド「極(きわみ)」の展示もある。(問)町観光連盟=0778(37)1234

あいの土山斎王群行

19日(日)、滋賀県甲賀市土山町一帯。平安時代、天皇の名代として京都から伊勢神宮へ遣わされた未婚の皇女・斎王の行列を再現。後1ごろ、お発(た)ち式の後に同町の大野小学校を出発。斎王を中心に、時代装束の総勢70人が旧東海道を練り歩き、道中で舞などを披露しながら約3キロ先の垂水斎王頓宮跡を目指す。(問)実行委=0748(66)1602

春のイルカふれあいまつり

19日(日)~5月28日(日)、三重県鳥羽市のイルカ島。イルカタッチ、おやつやり、おでこタッチ、スタンプラリーなどが楽しめる。3月19日、26日(日)はちゃんこ鍋の振る舞い。4月2日(日)、9日(日)は砂浜で大アサリの貝殻を探す宝探し大会、23日(日)は磯釣り大会、29日(土・祝)は春の写生大会。写生大会以外は遊覧船乗船代などが必要。(問)志摩マリンレジャー=0599(25)3147

ゴッホとゴーギャン展

20日(月・祝)まで、名古屋市東区の愛知県美術館。近代絵画の2人の巨匠の関係に焦点を当て、南仏アルルで共同生活を送っていた時期の油彩画など64点を展示。衝突しながらも互いに友情を抱き続けた彼らの歩みを振り返る。20日を除く月曜休館。一般1500円、高大生1200円、中学生以下無料。(問)ハローダイヤル=050(5542)8600

 高校生の和太鼓チームが競演=昨年

高校生の和太鼓チームが競演=昨年

高校生の和太鼓チームが競演

20日(月・祝)後1~4・30、愛知県東栄町本郷の東栄ドーム。「つながろう! 愛知・希望の音inとうえい」と題した和太鼓フェスティバル。県内7高校と地元・東栄小、町に拠点を置くプロの和太鼓集団「志多ら」が出演する。運営協力費1000円(高校生以下と障害者無料)。(問)町振興課=0536(76)0502

中部日本個人・重奏コンテスト本大会

25日(土)、26日(日)の前9・40、富山県魚津市宮津の新川文化ホール。愛知、岐阜、三重、静岡、長野、滋賀、福井、石川、富山の各県大会で選ばれた中学生と高校生らが管・打楽器の演奏を競う。入場料1000円。(問)中部日本吹奏楽連盟本部事務局長の多田信さん=070(5333)3326

備える!中日サバイバルキャンプ

25日(土)後1~後4、愛知県豊田市長興寺の市防災学習センター。防火・防災に役立つ初期消火体験、紙食器づくりなどの「技」を習得するとオリジナル缶バッジがもらえる。先着400人。参加無料。(問)豊田市消防本部予防課=0565(35)9703

イディナ・メンゼル名古屋公演

30日(木)後7、名古屋市昭和区の名古屋市公会堂。映画「アナと雪の女王」英語版の主題歌「Let It Go」で知られるアメリカのミュージカル女優で歌手のイディナ・メンゼルさんが2年ぶりに日本で公演。S席1万1000円、A席1万円。(問)CBCテレビ事業部=052(241)8118

祭

布川の花祭り=昨年

布川の花祭り=昨年

布川の花祭り

4日(土)後1~5日(日)前10、愛知県東栄町中設楽の布川集会所。昨年11月から奥三河各地で繰り広げられてきた伝統芸能「花祭り」(国指定重要無形民俗文化財)のフィナーレを飾る。5日前0ごろ、最初の鬼(山見鬼)が登場。前4時ごろには榊(さかき)鬼が現れ、祭りは最高潮に達する。(問)町振興課=0536(76)0502

初午(はつうま)まつり

7日(火)~9日(木)、三重県松阪市中町の継松寺と周辺市街地。寺の初午大祭で、厄払いの祈とうが行われる。7、8日(水)は周辺の交通が規制され、竹製の縁起玩具さるはじきや名物ねじりおこしを売る露店が並ぶ。寺へ参拝に向かう振り袖姿の女性の行列が市街地を練る厄まいり宝恵かご道中行列は8日後2~4。雨天中止。(問)市観光情報センター=0598(23)7771

かんべの寝釈迦(ねじゃか)祭り

11日(土)~13日(月)、三重県鈴鹿市神戸の龍光寺(りょうこうじ)。室町時代の画僧、吉山明兆が描いたと伝わる大涅槃(ねはん)図を開帳。参道に植木などの露店が並ぶ。(問)龍光寺=059(382)1189

一色神社例祭 奉納能

12日(日)前11、三重県伊勢市一色町の一色神社や一色公民館能舞台。地元の能楽保存会員らが、450年以上の歴史を持つ市無形民俗文化財「一色能」を披露する。奉納するのは国選択無形民俗文化財の能「翁(おきな)」、狂言、連吟など。(問)保存会事務局=0596(25)6526

乙川(おっかわ)祭=昨年

乙川(おっかわ)祭=昨年

小川寺の獅子舞

12日(日)後2・30ごろから、富山県魚津市小川寺地区の千光寺観音堂境内。春の祭礼で、てんぐなどが神輿(みこし)を先導し、2人立ちの獅子が観音堂を7周半回る。獅子舞の原初的な様を色濃く残し、神仏混交の行事を伝える県内唯一のものとして県無形民俗文化財に指定。(問)市教委生涯学習・スポーツ課=0765(23)1045

乙川(おっかわ)祭

18日(土)、19日(日)、愛知県半田市乙川地区。乙川八幡社の祭礼。4台の豪華な山車が参道を駆け上がる「坂上げ」が見どころ。山車のかじ棒を奪い合う激しさから「けんか祭り」の異名を持つ。坂上げは18日前10ごろと、19日後2・10ごろから。(問)乙川八幡社=0569(23)4321

募集

講演会「浮世絵で楽しむ東海道の美味(おい)しい名物」

26日(日)後2~3・30、名古屋市中区の名古屋都市センター11階ホール。名古屋ボストン美術館で18日(土)から開催の「歌川広重 東海道五拾三次展」関連催事で、講師はキュレーターでアートキッチン主宰の林綾野さん。定員150人、聴講無料だが、当日入館券または半券が必要。メールまたは往復はがきで事前申し込み(15日必着)。(問)同美術館=052(684)0101

スポーツ

名古屋ウィメンズマラソン=昨年

名古屋ウィメンズマラソン=昨年

名古屋ウィメンズマラソン

12日(日)前9・10、名古屋市東区のナゴヤドームをスタート。ギネス世界記録に認定された世界最大の女子マラソンで、今年は2万人が出走予定。ナゴヤドームではランナー以外も楽しめるマラソンEXPOを開催。(問)ランナーコールセンター=(0570)550661

 

花

安八梅まつり=昨年

安八梅まつり=昨年

安八梅まつり

12日(日)まで、岐阜県安八町外善光の安八百梅園。100種類以上、1200本以上の梅が次々に開花する園内で、各種バザーや盆梅展がある。5日(日)は「安八園遊会」を開催。各種イベント、特産品や梅苗木の販売、モデル撮影会(正午~後2)など。(問)町産業振興課=0584(64)3111

花火

熱海海上花火大会

11日(土)後8・20~8・45、静岡県熱海市の熱海湾。毎月の開催が決まった今年の第1弾。名物のスターマインや大空中ナイアガラなど5000発を打ち上げる。(問)熱海温泉ホテル旅館協同組合=0557(81)5141

 
※祭礼や催事は変更もあります。開花状況などは気候に左右されるので、お出かけの際は確認をお願いします。

旅コラム
国内
海外