【本文】

  1. トップ
  2. イベントガイド
  3. 6月 中部お出かけガイド

6月 中部お出かけガイド

2017年05月29日

催花祭ホタルスポーツ募集

催

ペーパーデコレーション協会と、やまもとえみこ作品展

4日(日)まで、前10~後6、2日(金)は後8、最終日は後4・30まで。名古屋市東区東桜1の愛知芸術文化センターB2階アートスペースX。色とりどりの紙を使って切り貼りして立体的な切り絵を仕上げる「ペーパーデコレーション」作品80点を展示する。(問)一般社団法人(ワイ・ワイクリエイション内)同協会=0568(27)5101

商家の美術展

23日(金)まで、滋賀県東近江市五個荘竜田町の近江商人博物館。近辺で栄えた近江商家に伝わるびょうぶ、掛け軸、青銅器などの芸術品14点が並ぶ。商家出身の日本画家野村文挙の大作や商人と画家、主人と店員などの絆が垣間見える風景画も。月曜休館。大人300円、小中学生150円。(問)同博物館=0748(48)7101

輪島で「漆芸の未来を拓(ひら)く」展

7月3日(月)まで、石川県輪島市水守町の輪島漆芸美術館。大学や大学院で漆芸を学び、今春に卒業・修了した若手の清新な作品50点を展示。シリーズ10年目の今回は地元の金沢美術工芸大をはじめ富山大、東京芸術大、沖縄県立芸術大など8大学を取り上げた。一般620円、大学生以下無料。会期中無休。(問)石川県輪島漆芸美術館=0768(22)9788

棟方志功展 肉筆画と板画の世界

棟方志功展 肉筆画と板画の世界

棟方志功展 肉筆画と板画の世界

7月9日(日)まで、三重県菰野町大羽根園松ケ枝町のパラミタミュージアム。版画家棟方志功(1903~75年)は木版の大画面を生かした民芸的な作風で知られる。板画や油絵、ふすま絵など56点を展示する。入館料一般1000円、大学生800円、高校生500円、中学生以下無料。会期中無休。(問)ミュージアム=059(391)1088

豊臣秀吉の企画展

7月16日(日)まで、滋賀県長浜市元浜町の曳山(ひきやま)博物館。文書や絵図など11点を並べ、長浜城主時代の羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)の足跡を紹介。秀吉が長浜の町衆に送った礼状や、鳥取城を攻めていた秀吉に宛てた織田信長の書状、江戸後期に描かれた秀吉の肖像画もある。高校生以上600円、小中学生300円。(問)曳山博物館=0749(65)3300

河川環境楽園オアシスパーク 夜のバーベキューキャンバス

10月29日(日)まで(季節により平日休み)、後5・30~10。岐阜県各務原市川島笠田町。ステーキや野菜など食材と機材がセットになったバーベキュープランを、特設会場で楽しめる。1人3080円~、利用は2人以上。海鮮セットや焼きそば、ハンバーガー、飲み放題メニューなどもある。予約は電話かウェブサイトで。(問)BBQキャンバス=0586(89)8929

第66回金沢百万石まつり

2日(金)、3日(土)、4日(日)、金沢市中心部。加賀藩祖・前田利家の金沢城入城にちなんで開催。メイン行事の百万石行列は3日後2に金沢駅東広場前を出発。約4時間市内を練り歩き、金沢城公園に入る。行列の利家役は俳優の保阪尚希さん、お松の方役は女優の佐藤藍子さん。ほかに茶会や薪能などもある。(問)実行委(金沢市観光政策課)=076(220)2194

斎王まつり

3日(土)後3~9、4日(日)前10~後3、三重県明和町の斎宮歴史博物館、さいくう平安の杜(もり)など。雨天中止。3日は前夜祭。斎王ら総勢約120人の斎王群行は4日後1にさいくう平安の杜を出発し、途中、禊(みそぎ)の儀を経て斎宮歴史博物館へ向かう。斎王市、斎王の舞など。(問)実行委=0596(52)0054

生地まち歩きフェスティバル

3日(土)前10、富山県黒部市の生地地区。豊富なわき水で知られる同地区の魅力を知ることができる、まち歩きイベント。生地漁港にある魚の駅「生地」では魚食(ウオーク)カーニバル、街中では「うんまいもん市」が開かれる。漁船ミニ遊覧やアジ釣り体験など潮の香りを体感できる催しがある。(問)事務局=090(9765)7878

いとしろアウトドアフェス

3日(土)前9~後9、4日(日)前9~後4、岐阜県郡上市白鳥町石徹白の旧いとしろシャーロットタウンスキー場駐車場。白山古道トレッキング&ウオーキング、セグウェイで森の散策、テンカラ釣り教室、自然の中で川遊び、マウンテンバイク、野草観察と野草摘みなど。夜はたき火トークやバーが開店。入場無料。駐車料金500円。各プログラムは別途有料。(問)同実行委=080(9466)7759

小松天満宮の宝物館公開

3日(土)後2~4、6日(火)前9~後4、石川県小松市天神町の小松天満宮。初代宮司で江戸時代前期の歌人能順に関する天満宮所蔵の史料を展示する。小松天満宮の創建360周年に合わせ、天満宮と連歌との関係をたどる。

家康の肖像と東照宮信仰

3日(土)~7月17日(月・祝)、岡崎市高隆寺町の市美術博物館。徳川記念財団の所蔵資料を中心に家康ゆかりの寺社に伝わる肖像画、歴代将軍の肖像画を一堂に展示する。前10~後5(入場は後4・30まで)、月曜休館(7月17日は開館)。一般1000円、小中学生500円。(問)同館=0564(28)5000

スケーエン:デンマークの芸術家村

6日(火)~7月23日(日)、愛知県碧南市の市藤井達吉現代美術館。国際的な芸術家村として知られたデンマーク最北端の漁村スケーエンの風景と人々の日常を描いた絵画約60点を紹介する。月曜(祝日の場合は翌平日)休館。一般600円、高大生400円、中学生以下無料。11日(日)前9・30から大浜漁港へ水彩画を描きに行くワークショップ、24日(土)後2から国立西洋美術館副館長の村上博哉さんによる記念講演会。(問)同美術館=0566(48)6602

松阪の偉人たち展

7日(水)~11日(日)前9・30~後4・30(最終日は後3まで)、三重県松阪市外五曲町の市文化財センターギャラリー。松坂城を築いた戦国武将蒲生氏郷や国学者本居宣長、北海道の名付け親松浦武四郎ら松阪とかかわりのある8人を遺品や関連資料で紹介する。無料。(問)市文化課=0598(53)4393

手羽先サミット2017

9日(金)後5~9、10日(土)前10~後9、11日(日)前10~後6、名古屋市中区の久屋大通公園。各地の手羽先の店舗が集い、手羽先購入者の投票でグランプリを競う。愛知県の食・技術・工芸などの魅力を発信するブースやイベントステージも毎日開催。入場無料。(問)同実行委員会=050(3385)2387

おかざきカントリーフェスタ2017

8日(木)、9日(金)、愛知県岡崎市高隆寺町の岡崎中央総合公園、総合体育館内武道館。県外からハンドメード作家、雑貨ショップ、手芸店など90店舗が集まる。夏の暮らしを彩るアイテムが中心。前10・30~後4。駐車場あり、入場無料。9日限定先着600人にプレゼント進呈。(問)オリーブ=0564(54)4776

本町パサージュ2017

10日(土)前10・30~後3、滋賀県東近江市八日市本町の八日市本町商店街アーケード。木工、アクセサリー、バッグ、焼き菓子などの手づくり市。(問)八日市まちかど情報館=0748(23)4528

めがねフェス2017=一昨年

めがねフェス2017=一昨年

めがねフェス2017

10日(土)前9、11日(日)前10、福井県鯖江市新横江のめがねミュージアムなど。福井県が日本製めがねフレームの一大産地であることにちなみ、めがね供養や最新めがねの展示即売会、めがねをテーマにした特製グルメの人気投票、グッズ販売など。1分間にめがねを何個かけられるか競うメガネリンピックや、県内外のミュージシャンのライブもある。(問)県眼鏡協会=0778(52)9111

パリジェンヌ展 時代を映す女性たち

10日(土)~10月15日(日)、名古屋市中区金山の名古屋ボストン美術館。ドレスや靴といったファッション、マネやドガらが描いた肖像、映画や舞台で活躍した女優やダンサーの写真など、ボストン美術館の所蔵品約120点によって、パリという都市を体現してきた女性、パリジェンヌの変遷を紹介する。24日(土)後2には担当学芸員によるミニ・レクチャーを開催。定員40人、当日先着順で、後1から3階受付で整理券を配布する。聴講無料だが、入館券が必要。月曜(祝日の場合は翌日)休館。大人1300円、高大生900円、中学生以下無料。(問)同美術館=052(684)0101

第26回京都こだわりマルシェ

11日(日)前10~後3、京都市上京区の京都府庁旧本館の前庭、中庭。「夏を元気に過ごす」をテーマに六十余の店が軒を連ねる。シンセサイザーと木琴、ドラムなど京都女性2人組「ビバ★シェリー」の演奏で幕開けする。府内のエコファーマーが育てた新鮮な農産物や加工食品、こだわり素材のお菓子、雑貨などを売る。熱湯氷出し玉露の試飲もある。(問)京都府庁=075(451)8111

永平寺参(まい)ろーど禅ウオーキング

11日(日)前10、福井県永平寺町の遊歩道「永平寺参ろーど」。えちぜん鉄道永平寺口駅から大本山永平寺門前までの旧京福電鉄永平寺線の片道6キロコース。一部復元された砂利(バラスト)敷きや線路跡、表示板などが残るコースを歩く。沿線ではおろしそばや団子、特産品などの販売も。参加費500円(買い物チケット400円分を含む)。飲み物、雨具を持参。(問)町観光物産協会=0776(61)1188

河野うめまつり

18日(日)前9、福井県南越前町の河野シーサイドパーク駐車場。梅もぎ体験は小学生以上が対象で、1キロ300円で12キロまで持ち帰り可。参加は前8・50~後0・50に会場で先着順に受け付ける。会場から梅園へ無料シャトルバスを運行。「梅ぼしのたね飛ばし日本海選手権」「梅早つまみ競争」といった催しのほか、青梅・梅加工品、特産品の即売コーナーもある。(問)実行委=0778(48)2111

瀧谷寺(たきだんじ)火渡り

18日(日)後1、福井県坂井市三国町の瀧谷寺。境内には国重要文化財の建造物が並ぶ。火渡りは、山伏三十数人が参道脇の道場で「柴灯大護摩供(さいとうだいごまく)」の秘法をし、多くの参拝者が護摩木をたいた火の上を渡って無病息災を祈願する。市無形民俗文化財「火の太鼓」も奉納される。(問)瀧谷寺=0776(82)0216

能楽を楽しむ能装束着付実演と能「安達原」

24日(土)後1、滋賀県東近江市躰光寺町の能登川コミュニティセンター。滋賀能楽文化を育てる会のメンバーが謡曲、仕舞を発表。観世流能楽師の着付け実演と解説があり、東北地方の鬼女伝説にちなんだ能を観劇する。前売り1800円、当日券2000円。(問)同会=0748(42)0002

奥飛騨温泉郷露天風呂の日

26日(月)、岐阜県高山市奥飛騨温泉郷の各温泉地。6・26(ろ・てん・ぶろ)の日として毎年、指定の露天風呂を無料で開放する。平湯温泉「平湯の湯」、福地温泉「石動の湯」、栃尾温泉「荒神の湯」、新穂高温泉「新穂高の湯」「ひがくの湯」の五カ所。スタンプラリーもあり、すべてを巡ると奥飛騨温泉郷のオリジナルタオルや湯の花がもらえる。(問)奥飛騨温泉郷観光協会=0578(89)2614

花

宮田高原レンゲツツジまつり=昨年

宮田高原レンゲツツジまつり=昨年

宮田高原レンゲツツジまつり

18日(日)まで長野県宮田村。マイカーで行ける標高1、650メートルの宮田高原キャンプ場内を朱色や黄色の鮮やかな花が彩る。見頃は中旬。3日(土)、4日(日)、10日(土)、11日(日)は特産品販売も。10日は自転車大会のため後1まで全面通行止め。(問)村産業振興推進室=0265(85)5864

 
花かつみ園見頃=昨年

花かつみ園見頃=昨年

花かつみ園見頃

3日(土)~18日(日)の前9~後4、愛知県阿久比町草木の花かつみ園。入園無料。園内にアヤメ科の多年草ノハナショウブ2000株が咲き誇る。期間中は町内で活動する「あぐいふるさとガイド」による花の解説がある。(問)阿久比町役場産業観光課=0569(48)1111

大安禅寺花菖蒲(はなしょうぶ)祭

3日(土)~25日(日)前9~後5、福井市田ノ谷町の同寺。境内に1万株のハナショウブ、約100種類のバラ、約1000株のアジサイが咲く。期間中の日曜には茶会、早朝ヨガ、二胡(にこ)とピアノ演奏、和太鼓演奏、バルーンアートなど。伝統工芸展や寺宝展、華展、写真コンテストもある。拝観料は大人500円、大学生400円、中高生300円、小学生200円。(問)大安禅寺=0776(59)1014

 
ゆりフェスタ-バラ園と共に=昨年

ゆりフェスタ-バラ園と共に=昨年

ゆりフェスタ-バラ園と共に

3日(土)~25日(日)、福井県坂井市春江町のゆりの里公園。園内では8万輪のユリと150種250本のバラが咲く。農産物直売所「ゆりいち」の開店を記念し、3、4日(日)にユリ球根のプレゼントも。3日にはタレント高橋愛さんが来場する。期間中、クラフト展があるほか、週末に各種体験教室やキルト展、押し花展などがある。(問)同公園=0776(58)0100

谷汲ゆり園

10日(土)~7月10日(月)前8・30~後5、岐阜県揖斐川町谷汲大洞の同園。約3ヘクタールの園内で30万球のユリが楽しめる。25日(日)には谷汲踊、コメのすくいどりなどがある。先着600人に球根プレゼント。入園料500円(障害者手帳提示で300円)、小学生以下無料。(問)同園=0585(56)3988(期間中)

香愛(かわい)ローズガーデン

10日(土)~10月中旬、飛騨市河合町角川。1300種5000株のバラが次々と開花する。入園料は大人300円、中学生以下無料。交流施設でバラを使った軽食や飲み物、バラにちなんだ物品などを販売。18日(日)にオープニングイベント開催。木曜定休(休日の場合は翌日)。(問)同園=0577(65)2080

あじさい村フェスティバル2017

24日(土)、25日(日)前10~後4、岐阜県関市板取の21世紀の森公園特設会場。園内のアジサイ3万株が見頃を迎える中、飲食ブースやマスのつかみ取り体験、ステージイベントが催される。入場無料。(問)実行委=0581(57)2111

祭

伊勢えび祭

3日(土)後2、三重県志摩市浜島町の浜島海浜公園。伊勢エビなど海の幸に感謝し、豊漁と安全を祈願する。後6・30から呼び物の「じゃこっぺ踊り」のパレードや伊勢エビみこしの巡行、総踊り、花火がある。(問)伊勢えび祭保存会=0599(53)3330

漏刻祭=昨年

漏刻祭=昨年

漏刻祭

10日(土)、大津市神宮町の近江神宮。「時の記念日」に、時計メーカーが新製品を献納する。お供えするのは女官役の采女(うねめ)たち。天智天皇が大津京に日本初の水時計を設置した故事にちなむ。(問)近江神宮=077(522)3725

 
御印祭(ごいんさい)=昨年

御印祭(ごいんさい)=昨年

御印祭(ごいんさい)

19日(月)、20日(火)、富山県高岡市金屋町。高岡銅器の礎を築いた加賀藩主・前田利長の遺徳をしのぶ。19日の前夜祭は、鋳物師の作業歌に合わせて法被姿の男性と浴衣姿の女性が流し踊りを披露する。(問)高岡市観光交流課=0766(20)1301

夏至祭

21日(水)前3・30、三重県伊勢市二見町江の二見興玉(おきたま)神社。本殿での祭典に続き、前4すぎから、近くの二見浦に浮かぶ夫婦岩の男(お)岩と女(め)岩の間から見える日の出に合わせ、ふんどしや白装束姿の男女が海に入り、みそぎをする。(問)二見興玉神社=0596(43)2020

伊雑宮(いざわのみや)御田植祭

24日(土)、三重県志摩市磯部町上之郷の伊雑宮。国重要無形民俗文化財で日本三大御田植祭の一つに数えられる。前11・20ごろから、裸男が忌竹(いみだけ)を倒して奪い合う竹取神事や、早乙女らによる御田植神事がある。(問)志摩市観光協会=0599(46)0570

清水のちょうちん祭り

30日(金)後6~9、愛知県設楽町西納庫(なぐら)の清水地区。夏の悪疫避けを氏神の清水津島神社に祈願する伝統行事。屋台に立てたササを約200張りのちょうちんで飾り、国道257号を通って神社まで引き回す。神社前では氏子たちが奪い合うようにちょうちんを取り外し、持ち帰って自宅の軒先につるす。(問)町観光協会=0536(62)1000

ホタル

信州辰野ほたる祭り

10日(土)~18日(日)、長野県辰野町のほたる童謡公園。東日本随一とされる同町・松尾峡のゲンジボタルが発生のピークとなる見込み。入場にはホタル保護育成協力金として1人500円が必要(中学生以下無料)。発生時期が前後することがあり、問い合わせを。(問)実行委=0266(41)0258

スポーツ

全日本フライボード選手権

24日(土)、25日(日)前9・30、浜松市西区舘山寺町の星野リゾートホテル前の浜名湖。24日は各部門の予選や世界チャンピオンによる演技が、25日には各部門の決勝がある。(問)全日本フライボード協会事務局=098(989)7647

募集

ものづくり文化再発見!ウオーキング

17日(土)前9、日本遺産「六古窯」の一つ常滑焼の産地を歩く。古い町並みで知られる「やきもの散歩道」や開発が進むりんくう地区などを巡る9キロのコース▽名鉄常滑駅(スタート)-とこなめ陶の森-陶彫のある商店街-登り窯-土管坂-イオンモール常滑(ゴール)。参加料大人500円、中学生以下無料。詳細はHP「ものづくり文化再発見」で検索。(問)カーネルコンセプト=052(459)0883

 
※祭礼や催事は変更もあります。開花状況などは気候に左右されるので、お出かけの際は確認をお願いします。

旅コラム
国内
海外