【本文】

  1. トップ
  2. イベントガイド
  3. 8月 中部お出かけガイド

8月 中部お出かけガイド

2017年07月31日

催花火祭スポーツ遊募集

催

浮世絵 ねこの世界展

27日(日)まで、愛知県豊橋市の二川宿本陣資料館。歌川国芳、広重、国貞たちによる猫を描いた浮世絵を展示。12日(土)、23日(水)後2からは学芸員によるギャラリートークを開催。事前申し込みは不要だが入館料が必要。14日を除く月曜休館。一般400円、小中高校生100円。(問)同資料館=0532(41)8580

Go!Go!家族でびじゅつかん

31日(木)まで、名古屋市中区金山の名古屋ボストン美術館。同美術館で開催中の「パリジェンヌ展 時代を映す女性たち」関連催事。期間中は中学生以下1人につき、同伴の保護者2人の当日入館料を200円引き(ほかの割引との併用不可)。中学生以下は無料。家族で参加できるクイズシートなどの企画もある。月曜休館。(問)同美術館=052(684)0101

テオ・ヤンセン展

9月18日(月・祝)まで、津市大谷町の三重県立美術館。「21世紀のレオナルド・ダビンチ」と呼ばれるオランダ出身の芸術家テオ・ヤンセンさんの作品展。プラスチックチューブの骨格に帆を張り、風で生き物のように動く大型造形「ストランドビースト」を展示する。9月18日を除く月曜日休館。一般1000円、学生800円、高校生以下無料。(問)同美術館=059(227)2100

外宮さんゆかたで千人お参り

1日(火)後5、三重県伊勢市の伊勢神宮外宮。五穀豊穣(ほうじょう)や無病息災を祈って参拝するかつての風習「八朔(はっさく)参宮」にちなんだ催し。後6・15に外宮の火除(ひよけ)橋に集合し、浴衣姿で一斉にお参りする。浴衣の無料着付けもある。合唱やバイオリンなどの演奏も。参道には伊勢和紙行灯(あんどん)と竹あかりが並ぶ。(問)実行委の坂田さん=090(3257)7674

下呂温泉まつり

1日(火)~4日(金)、岐阜県下呂市の下呂温泉街。1日後6・30からの「龍神火まつり」は、光と炎の中、5体の龍がみこしを追って「白鷺(しらさぎ)橋」周辺を練る。2日(水)後6・30からの「湯の華みこしパレード」は、みこしやサンバの隊列が温泉街を練る。3日(木)後8から「下呂温泉花火ミュージカル夏公演」(中日新聞社協賛)。1万3000発を音楽に合わせて打ち上げる。4日後7から白鷺橋特設ステージでカラオケ大会もある。(問)下呂市観光課=0576(24)2222、市総合観光案内所=0576(25)4711

福井フェニックスまつり

4日(金)~6日(日)、福井市中心市街地。4日後7・30から足羽川河川敷で花火大会。「まちなか全編音楽花火」として1万発を打ち上げ。5日(土)後2・30、300人の太鼓生演奏に始まり、民踊大会やYOSAKOIイッチョライ演舞。6日後5から福井競輪場で「100万人のためのマーチング」。映画にもなった福井商業高校チアリーダー部「JETS」も登場。(問)実行委=0776(20)5325

名古屋城夏まつり

4日(金)~15日(火)後4~9、名古屋市中区の名古屋城。盆踊り、ビアガーデン、お化け屋敷、縁日コーナーなどを毎日開催。ステージではlol(エルオーエル)のコンサートやジャズコンサート、薪能など日替わりでイベントを実施。スケジュールはホームページで確認を(名古屋城夏まつりで検索)。名古屋城の開門は前9で、入場は後8・30まで。入場料は大人500円、名古屋市内在住の高齢者(敬老手帳持参)100円、中学生以下無料。(問)名古屋城総合事務所=052(231)1700

若狭おおいのスーパー大火勢(おおがせ)

5日(土)後5・30、福井県おおい町のうみんぴあ大飯。ヨサコイ演舞で幕開け。後7に「松明(たいまつ)行列」、後7・25から和太鼓演奏、後8に高さ20メートル、重さ1トンの木の葉形の大松明「スーパー大火勢」に点火。松明が立ち上がり、炎を上げて燃えるのを若者たちが勢いよく回転させた後、海へ倒す。同時に1万発の花火と音楽の競演。有料観覧席もある。(問)実行委=0770(77)9111

すずかフェスティバル

5日(土)、6日(日)、三重県鈴鹿市算所の弁天山公園など4会場。県内外から84チーム、約2000人が集結し順次踊りを披露。6日後8・30からは同公園で全参加者による総踊り。地元企業などによる出店もある。(問)市観光協会内の実行委=059(380)5595

リアル(写実)のゆくえ

8日(火)~9月18日(月・祝)、愛知県碧南市の藤井達吉現代美術館。注目を集めている細密描写による写実に焦点を当て、高橋由一や岸田劉生、オマージュ作品を描く現代画家・磯江毅さんなど、明治から現代までの写実絵画を紹介する。月曜(祝日の場合は翌平日)休館。一般700円、高大生500円、中学生以下無料。26日(土)後2から、同館向かいの大浜まちかどサロンで、平塚市美術館館長代理の土方明司さんと足利市立美術館学芸員の江尻潔さんによる記念対談。(問)藤井達吉現代美術館=0566(48)6602

ダンボール動植物園

9日(水)~21日(月)、名古屋市千種区の名古屋三越星ケ丘店。6回目の開催となる「ダンボール遊園地」で、今年は動植物園をテーマに楽しめる。ビッグすべり台や迷路のほかエアロバイク列車など。有料。(問)名古屋三越星ケ丘店=052(783)1111

DINO-A-LIVE in ふくい勝山2017=昨年

DINO-A-LIVE in ふくい勝山2017=昨年

DINO-A-LIVE in ふくい勝山2017

10日(木)~21日(月)前11、福井県勝山市のJAテラル越前多目的ホール。世界初の恐竜体験ライブ。恐竜は全長8メートルのティラノサウルスやアロサウルス、ラプトル、トリケラトプスなど。フクイラプトルは県内初公開。公演は日によって2~4回ある。入場料は前売りが13歳以上2300円、4~12歳1800円(当日はいずれも200円増し)。(問)実行委事務局=0779(88)8117

越前おおのとんちゃん祭2017

19日(土)前11~後9、20日(日)前10~後4、福井県大野市役所駐車場。大野市ではホルモンを「とんちゃん」と呼び、郷土名物。県内外から味自慢のホルモン屋台が集まり、来場者が「おいしい」と思った屋台に割り箸を投げ入れて投票、ホルモン日本一を決定する。会場では大野グルメも味わえる。(問)市商工観光振興課=0779(66)1111

永平寺大燈籠(とうろう)ながし

20日(日)、福井県永平寺町の九頭竜川永平寺河川公園。民間組織が認定する日本夜景遺産の「歴史文化夜景遺産」の一つ。後6・40から曹洞宗大本山永平寺の役僚や雲水衆による大施食法要(だいせじきほうよう)。この後、先祖の供養や願いを託した1万個の灯籠が九頭竜川に流され川面に幻想的で荘厳な光の帯が描かれる。終幕は打ち上げ花火1000発。(問)実行委=0776(61)3930

マニュエル・ルグリさん (c)KYOKO

マニュエル・ルグリさん (c)KYOKO

ルグリ・ガラ~運命のバレエダンサー~

20日(日)後5、名古屋市東区の愛知県芸術劇場大ホール。パリ・オペラ座バレエ団の最高位、エトワールを23年間務めたマニュエル・ルグリさんが、英国ロイヤル・バレエ団、ボリショイ・バレエなどから自身が選んだスターダンサーと共演する。S席1万7000円、A席1万3000円、B席9000円、C席7000円。D席は完売。(問)中日新聞コンサートデスク=052(308)8282

「ランス美術館展」出張講演会

22日(火)に名古屋市科学館、30日(水)に名古屋市博物館で、いずれも後2。フランスのランス美術館が所蔵する珠玉の名品を紹介する「ランス美術館展」(10月7日~12月3日、名古屋市美術館)の開催に向けて、ランス市の魅力を歴史と美術の両面から解説する。22日は同美術館副館長の深谷克典さん、30日は同美術館学芸係長の保崎裕徳さんがそれぞれ講師。入場無料。(問)同美術館=052(212)0001

劇団四季ミュージカル「アンデルセン」

24日(木)後6・30、愛知県豊橋市草間町のアイプラザ豊橋講堂、27日(日)後6・30、岐阜県高山市昭和町の高山市民文化会館大ホール。「親指姫」などの著者として知られるアンデルセンの青春の物語を音楽やクラシックバレエとともにお届けする。豊橋公演はS席8640円、A席6480円。高山公演はS席8000円、A席6000円。(問)劇団四季名古屋オフィス=052(589)8758

第19回にっぽんど真ん中祭り(どまつり)

25日(金)~27日(日)前8・50(25日は後5)~後9、名古屋市中区の久屋大通公園など市内16会場と愛知県安城、東海、春日井市の会場。国内外の207チームが演舞を披露する。ファイナルステージにはレゴランド・ジャパンのキャラクターも登場。12歳以下のキッズダンサー「チルど連」のメンバーを募集中。参加費500円で先着100人。15日(火)締め切り。詳細はホームページ(どまつりで検索)で。(問)同祭り文化財団=052(241)4333

「減災」でつくる地震に強いあいち

27日(日)後1・30~4・50、名古屋市中区の名古屋都市センター。川口淳・三重大准教授のお話し会や、中日新聞切り抜き作品コンクール受賞作品を参考にした地震への備えを話し合う。ワークショップではストローハウスで地震に強い家の仕組みを学ぶ。定員150人。参加無料だが、ワークショップは事前連絡が必要。20日(日)まで。(問)耐震化アドバイザー協議会=052(683)6312

花火

和倉温泉で北陸中日夏花火

3日(木)後8・30、石川県七尾市の和倉温泉。直径90センチの三尺玉が七尾湾に大きな半球を描き、上空で直径600メートルの大輪を咲かせる。音楽に合わせたスターマインも初登場、約3000発が1時間にわたって打ち上げられる。小雨決行。荒天時は4日(金)に順延。(問)北陸中日新聞事業部076(233)4642

おん祭MINOKAMO夏の陣

5日(土)後5・30~10、岐阜県美濃加茂市の木曽川緑地ライン公園。太鼓演奏や大蛇の演舞、手筒花火に続き、後7・45から約3500発を打ち上げる。盆踊り大会も。(問)美濃加茂商工会議所=0574(24)0123

びわ湖大花火大会=昨年

びわ湖大花火大会=昨年

2017びわ湖大花火大会

8日(火)後7・30~8・30、大津市浜大津の滋賀県営大津港周辺。荒天の場合は11日(金・祝)の同時刻に延期。今年のテーマは「日本遺産 滋賀・びわ湖 水の文化ぐるっと博」。琵琶湖とともに育まれてきた水の文化や県内各地の魅力を、湖面を彩る1万発の花火で表現する。(問)実行委=077(511)1530

みすぎ夏まつり納涼花火大会

11日(金・祝)後8、津市美杉町八知の美杉中学校グラウンド。地元住民らによる手筒花火など約2000発を打ち上げる。後6・30から太鼓演奏など。JR名松線「伊勢八知駅」から徒歩1分で、臨時列車が運行される。駐車場もある。雨天の場合は12日(土)に延期。(問)市美杉総合支所内の実行委=059(272)8085

三国花火大会

11日(金・祝)後7・30、福井県坂井市三国町の三国サンセットビーチ。直径450メートルの大輪を咲かせる二尺玉や一尺玉、スターマイン、ナイアガラ、仕掛け花火など多彩。名物は花火師が船から花火玉を海に投げ込む水中花火。海面すれすれで、美しい扇状に開く。この大会は、長野県の伊那火工堀内煙火店が一玉一玉手作りし、総勢30人の花火師が打ち上げる。荒天順延。(問)実行委=0776(50)3152

福井・気比の松原の花火大会=昨年

福井・気比の松原の花火大会=昨年

とうろう流しと大花火大会

16日(水)、福井県敦賀市の気比の松原海水浴場。名勝「気比の松原」は日本三大松原の一つ。後6・30から僧侶の読経の中、赤、青、黄色の灯籠約6000個が海に流される。灯籠が夜の海を幻想的に彩る中、後7・30から花火1万3000発が打ち上げられる。(問)敦賀観光協会(平日)=0770(22)8167、敦賀観光案内所(土日・祝)=0770(21)8686

若狭たかはま漁火想(いさりびそう)

19日(土)、福井県高浜町の若宮海水浴場一帯。夏の風物詩「いさり火」をイメージし、砂浜や街中にキャンドル1万1000個を並べる。後4に屋台村がオープン。後4・30にキャンドルが点火され、後5から夕日をバックにサンセットライブ、後8からは水中花火。玩具花火を使った音と光の豪快なショーも。(問)実行委=0770(50)1308

馬瀬川大花火

26日(土)後8から、岐阜県下呂市馬瀬中切の馬瀬川河畔。飛騨地域で最大級の1尺玉など打ち上げ花火が夜空を彩る。山々に響く花火の音も魅力。中日新聞社後援。(問)南飛騨馬瀬川観光協会=0576(47)2841

祭

じゃんとこい魚津まつり

4日(金)~6日(日)、富山県魚津市。4、5日の夜は大漁と海上の安全を祈るたてもん祭りが行われる。国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録された祭りで、高さ16メートルの大柱に90余りのちょうちんを帆型につるした「たてもん」を若者たちが威勢良くひき回す。5日に「山・鉾(ほこ)・屋台交流フェス」やジャズイベント、海上花火大会。6日は郷土芸能「せりこみ蝶(ちょう)六踊り」の町流しがある。(問)実行委=0765(22)1200

四万六千日

9日(水)後9~10日(木)前6、三重県松阪市中町の岡寺山継松寺。夜通しお経を上げ、お参りすると4万6000日分の御利益があるとされる。9日後6・30~9、境内で、ホオズキや風鈴の販売、コンサートなど。(問)継松寺=0598(21)0965

徹夜で白鳥おどり

13日(日)~15日(火)後8~前4、岐阜県郡上市白鳥町の駅前通りなど。白鳥おどりを明け方まで踊る。おどり上手には保存会から曲名ごとに免許状を進呈。当日おどり本部で受け付け。参加料は500円。14、15日は宝暦義民太鼓の演奏がある。(問)白鳥観光協会=0575(82)5900

朝田地蔵まつり

16日(水)~23日(水)、三重県松阪市朝田町の朝田寺。初盆の故人の衣服を本堂につるして供養し、23日後10・30ごろ境内でおたき上げ。23日後7~9、境内で盆踊り、打ち上げ花火、護摩。(問)朝田寺=0598(51)8661

田峯(だみね)念仏踊り=昨年

田峯(だみね)念仏踊り=昨年

田峯(だみね)念仏踊り

17日(木)後6・30、愛知県設楽町田峯の田峰観音。亡くなった人々を供養し観音様に感謝をささげる盆行事。県無形民俗文化財。念仏衆が鉦(かね)と笛のはやしに合わせ太鼓を打ち鳴らしながら「跳ね込み」と呼ばれる勇壮な踊りを披露する。住民による昔ながらの手踊りもあり、伝統の盆唄が境内に響く。(問)町観光協会=0536(62)1000

 
貝津田の棒の手=昨年

貝津田の棒の手=昨年

貝津田の棒の手

19日(土)後8~9、愛知県設楽町西納庫貝津田地区の諏訪神社。六尺棒や長柄鎌、槍(やり)、刀などを携えた地元保存会員らが拝殿でおはらいを受けた後、ほら貝の合図で演武を奉納する。戦国時代、農民が自衛のため身に付けたとされる武芸。鋭い気合とともに六尺棒を繰り出し、相手の鉢巻きを飛ばす光景は圧巻。(問)町観光協会=0536(62)1000

おわら風の盆前夜祭

20日(日)~30日(水)、富山市八尾町。9月1日(金)~3日(日)の本番前の11日間、毎日後8~10に、町内ごとに町流しや輪踊りが行われる。観光客も一緒に踊りの輪の中に加われる。降雨時は中断。八尾曳(ひき)山展示館ホールでは、後6・30から前夜祭おわらステージがあり、踊り方教室や舞台でのおわら踊りが楽しめる。入場料1500円。(問)越中八尾観光協会=076(454)5138

おっしょべ祭り

24日(木)~26日(土)石川県小松市の粟津温泉。24日後6・30から太鼓の祭典、25日(金)後8から正調踊り、26日後8からおっしょべ踊り大会。北陸最古の湯といわれる温泉街で開かれる伝統の祭り。最終日のおっしょべ踊り大会では、地元に伝わる民謡「おっしょべ節」に合わせて、観光客も踊りに参加できる。(問)粟津温泉観光協会(問)0761(65)1834

スポーツ

夏の雪まつり

6、13、20、27日(日)前10~後5、名古屋市中区の大須スケートリンク。雪の滑り台や雪だるまが設置されるほか、参加無料の初心者スケート教室も。「スペシャル感謝デー」の13日は滑走料600円の特別料金でリンク開放。フィギュアスケートのエキシビション開催。(問)名古屋スポーツセンター=052(321)1591

女性限定中央アルプス日帰りトレッキングツアー

8日(火)、26日(土)、9月2日(土)、同3日(日)前10・15、長野県駒ケ根市集合。女性山岳ガイドとともにホテル千畳敷を出発し、標高約2860メートルの乗越(のっこし)浄土を目指す。後3・30に解散。対象は登山初心者の女性で、定員は各回15人。料金8600円。各回とも1週間前までに申し込む。(問)駒ケ根観光協会=0265(81)7700

遊

志摩スペイン村夏休み営業

31日(木)まで、三重県志摩市磯部町のスペイン村。ナイター営業を実施。期間限定のショー「ロストレジェンド~シルコ・デ・ティエラ」を連日上演。夜は電飾のフロートが練り歩くナイトパレードやプロジェクションマッピング、花火が楽しめる。(問)志摩スペイン村=0599(57)3333

募集

お盆の移住就職相談会

10日(木)、14日(月)前9~後5、長野県飯島町役場。UターンやIターンを考えている学生や家族、移住希望者を対象に、人材を求めている町内企業を紹介。当日は予約者を優先。(問)町定住促進室=0265(86)3111

南信州・飯島町を体感する現地de検索会

12日(土)後0・45、長野県飯島町役場集合。町への移住を考えている人を対象とした町内案内。オリエンテーション、先輩移住者宅の訪問、名水「越百(こすも)の水」試飲、農作物の収穫体験など。後4・30に解散。参加無料。(問)町定住促進室=0265(86)3111

第10回こども絵画コンクール

愛知県教育・スポーツ振興財団が、幼児と小学生を対象に絵画作品を募集。幼児は「スポーツ」または「あそび」、小学生は「スポーツ」または「アウトドア」をテーマに、四つ切り画用紙に描く。応募期間は18日(金)~9月15日(金)。応募用紙を添えて同財団事務局へ持参または郵送。(問)同財団=052(242)1588

メナード美術館と薬師寺を巡る 田渕俊夫絵画特別鑑賞会

9月2日(土)、15日(金)前8・30~後6・30、名古屋市のJR名古屋駅西口発着。愛知県小牧市のメナード美術館で9月18日まで開催中の「所蔵企画展 田渕俊夫」の関連催事。学芸員の解説付きで同展を鑑賞した後、奈良県薬師寺へ行き、田渕さんが奉納した食堂ご本尊「阿弥陀三尊浄土図」と「仏教伝来の道と薬師寺」の壁画全14面を鑑賞する。定員は各回40人(20人以上で催行)。参加料は中学生以上1万1500円、小学生以下1万500円。事前申し込みが必要。(問)サンフイルド=052(962)7381

ナゴヤドーム6時間リレーマラソン参加チーム

9月16日(土)、名古屋市東区のナゴヤドーム。6時間リレー、42・195キロリレーの2種目。それぞれ男子、女子、男女混成の3部門。競技前に特設コースを1周するファミリーランも行われる。参加料(1人あたり)は3~5人チーム4000円、6~10人チーム3500円、ファミリーラン500円。申し込みや部門の詳細はホームページ(ナゴヤドームリレーマラソンで検索)で。8月14日(月)締め切り。(問)テレビ愛知事業部=052(243)8600

ハートフルツアー

9月16日(土)~17日(日)、岐阜県白川町の美濃白川クオーレの里。25~40歳の独身女性15人が対象で、町内の独身男性らと朴葉ずしづくりやバーベキュー、登山などで交流する。名古屋市の名古屋駅、岐阜県美濃加茂市の美濃太田駅からバスで送迎。参加費8000円。8月31日(木)までに申し込む。(問)農協観光めぐみの営業支店=0574(62)1070

 
祭礼や催事は変更もあります。お出かけの際は確認をお願いします。

旅コラム
国内
海外