【本文】

  1. トップ
  2. イベントガイド
  3. 1月 中部お出かけガイド

1月 中部お出かけガイド

2017年12月25日

催祭遊募集

催

生誕220年記念 斎藤拙堂展

2月4日(日)まで、津市垂水の石水博物館。江戸時代末期、津藩校のトップとして文教行政の隆盛をもたらし、名文家としても知られた学者・斎藤拙堂の功績を紹介。国防論や飢饉(ききん)対策などを説いた著書や遺墨、愛蔵品などを展示。19日(金)後2、拙堂のやしゃごで顕彰会会長の正和さんによる展示解説がある。年末年始と9日(火)、月曜(8日除く)休館。一般500円、高校生以上の学生300円。(問)博物館=059(227)5677

七尾でお茶道具展

2月12日(月・祝)まで、石川県七尾市の県七尾美術館。「お茶道具ならんだ」と題して、収蔵品の核となる池田コレクションから「信楽水指 銘腹鼓」「黒楽茶碗 銘福笑」など44点を紹介する。月曜休み(1月8日は開館)。一般350円、高大生280円、中学生以下無料。(問)美術館=0767(53)1500

ホワイトイルミネーションとやま

2月12日(月・祝)まで。後10・30まで富山市の富山駅南口から富山城址公園までの大通り約1キロを10万球が彩る。(問)市観光協会=076(439)0800

シャガール展 三次元の世界

2月18日(日)まで、名古屋市中区の市美術館。多彩な作品群から代表的な陶器と彫刻、スケッチ類や絵画を紹介。シャガール芸術の二次元と三次元の表現の関係に注目した日本初の試み。1月27日(土)後2に深谷克典副館長が作品解説会。月曜(祝日の場合は翌日)と12月29日(金)~1月3日(水)は休館。一般1400円、高大生1000円、中学生以下無料。(問)美術館=052(212)0001

やなせたかしのあそべる絵本展

12月27日(水)~1月8日(月・祝)、名古屋市千種区の名古屋三越星ケ丘店。「やさしいライオン」や「アンパンマン」など名作絵本に焦点を当てた、体験型あそべる展覧会。元日は休館。中学生以上700円、2歳から小学生300円。(問)同店=052(783)1111

日本の聖地~伝世の神社宝物~

1日(月・祝)~30日(火)、名古屋市熱田区の熱田神宮宝物館。各地に古くより連綿と息づく神社信仰と、それぞれの神に捧げられた祈りの証ともいえる神社ゆかりの宝物を紹介。同神宮の宝物と合わせて、静岡県の静岡浅間神社や岐阜県の南宮大社など、著名な古社が所蔵する武具なども展示する。大人800円、高大生500円、小中生200円、未就学児無料。(問)宝物館=052(671)0852

コレクション名作展 メナード美術館 30のテーマ

2日(火)~3月11日(日)、愛知県小牧市小牧のメナード美術館。開館30周年を記念し1(ローマ数字の1)・2(ローマ数字の2)期合わせ「30のテーマ」を設定し、所蔵1500余点のコレクションから各テーマに合った作品を紹介。リヒターやミロなどの作品は初公開。期間中展示替えあり。月曜(祝日の場合は翌日)休館。一般900円、高大生600円、小中生300円。共同企画として1月5日(金)後2、名古屋市中区栄4の宗次ホールで「ドビュッシーと水とジャポニスム」と題し、伊藤隆之さんがピアノリサイタル。一般自由席2000円。チケットは同ホールチケットセンターで販売中。(問)美術館=0568(75)5787

お正月イベント お楽しみ抽選会

2日(火)、3日(水)前11~後3・30、名古屋市中区金山の名古屋ボストン美術館。開催中の「ボストン美術館 浮世絵名品展 鈴木春信」関連催事。当日入館者を対象に、美術館オリジナルグッズなどが当たるお楽しみ抽選会を開催。空くじなし。(問)美術館=052(684)0101

©2016 Alter developed by Ishiguro Lab. in Osaka Univ. and Ikegami Lab. In Univ. Tokyo

©2016 Alter developed by Ishiguro Lab. in Osaka Univ. and Ikegami Lab. In Univ. Tokyo

文化庁メディア芸術祭愛知展

4日(木)~17日(水)、名古屋市中区のナディアパーク。文化庁メディア芸術祭の受賞作品を中心に、アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガ各分野の優れた作品を展示。愛知展では「人工知能/人工生命的なるもの」を感じ、考えることをテーマにアンドロイド「Alter」などを公開するほか、専門家らによるトークセッションや映像作品の上映会も。詳しくはホームページで。(問)中日新聞社会事業部=052(221)0955

モダニストの日本美-石元泰博「桂」の系譜展

4日(木)~3月4日(日)、津市大谷町の三重県立美術館。写真家の石元泰博の代表作である桂離宮シリーズ50点など。1月13日(土)と27日(土)、2月10日(土)、24日(土)後2から学芸員の解説、2月3日(土)後2からミニシンポジウム。一般900円、学生700円、高校生以下無料。祝日を除く月曜休館。(問)美術館=059(227)2100

五日えびす大祭

5日(金)、岐阜県中津川市坂下の出雲福徳神社。前5から神札配布、前10から神事。東海地方で最も早く開かれる初えびす。高さ2.2メートルの恵比寿、大黒の石像があり、商売繁盛や開運招福を願う参拝者でにぎわう。周辺で特産品販売や初売りも。(問)やさか観光協会=0573(75)4444

津軽三味線新春スペシャル公演2018 音故知新

6日(土)後1・30、名古屋市守山区の守山文化小劇場。若手演奏家を招き「津軽甚句」「津軽じょんから節」など。有料。(問)劇場=052(796)1821

「タヴォラ・ドーリア」16世紀前半 ウフィツィ美術館蔵(東京富士美術館より寄贈)Ex S.S.P.S.A.E e per il Polo Museale della citt à di Firenze-Gabinetto Fotografico

「タヴォラ・ドーリア」16世紀前半 ウフィツィ美術館蔵(東京富士美術館より寄贈)Ex S.S.P.S.A.E e per il Polo Museale della citt à di Firenze-Gabinetto Fotografico

レオナルド・ダ・ヴィンチと「アンギアーリの戦い」展

13日(土)~3月25日(日)、名古屋市瑞穂区の市博物館。16世紀イタリア・フィレンツェのベッキオ宮殿を飾り、その後失われた未完の大壁画の関連作品などを展示し、その謎に迫る。一般1300円、高大生900円、小中生500円。(問)博物館=052(853)2655

こしの水仙まつり

13日(土)、14日(日)前9・30、福井市居倉町の越前水仙の里公園。越前海岸は日本水仙三大群生地の一つで、海を望む山肌に越前水仙が咲き誇り甘い香りを漂わせる。両日午前と午後に1回ずつ先着各150人に水仙を無料配布、両日先着各100人に海産物プレゼントがある。水仙、カニ、干物、カニ汁、イカ焼きなどを販売。よさこい、コンサート、餅つき、クラフト体験なども。(問)実行委=0776(89)2002

 
越中万葉かるた大会=今年1月

越中万葉かるた大会=今年1月

越中万葉かるた大会

14日(日)、富山県高岡市のふくおか総合文化センター。万葉集のうち富山県で詠まれた100首で構成するかるたを小中学生らが競う。1980年に始まり、今年は662人の参加で、同時にかるたを行う最多人数としてギネス世界記録に認定された。一般の希望者は当日オープン参加できる。受け付けは前8・20~8・45、開会式は前8・50~9・30。(問)高岡古城ライオンズクラブ=0766(21)7079

 
だるま供養=今年1月

だるま供養=今年1月

だるま供養

14日(日)後1、岐阜市粟野の大龍寺。念願がかなって両目を入れられ、奉納されただるまを積み上げて「福竹」で点火。燃え上がる炎の中に「必勝」「合格祈願」などと書かれただるまが投げ込まれる。前10から祈祷(きとう)。(問)大龍寺=058(237)3837

こどもオペラ「3匹のこぶた」

20日(土)前11と後2、愛知県一宮市の尾西市民会館。童話「3匹のこぶた」をオペラを織り交ぜながら。3歳以上有料。(問)会館=0586(71)2021

荒波フェスタ

20日(土)、21日(日)前10、福井県南越前町の河野シーサイドパーク。水仙の無料配布や越前海岸の特産物販売。海の幸の屋台村が軒を連ねる。(問)河野観光協会=0778(48)2240

水中綱引き

21日(日)後2ごろ~、福井県美浜町の日向橋(ひるがばし)。国選択無形民俗文化財の勇壮な神事。早朝から稲荷神社で時間をかけて練った大縄を川に投げ入れて両岸に渡す。地元の若者が橋の欄干から飛び込んで東西に分かれ、綱を早く引きちぎろうと競い合う。切れた縄は大漁を祈願して運河から海へ流して奉納。橋のたもとでは温かい汁物や青竹に入った濁り酒などが楽しめる。(問)若狭美浜観光協会=0770(32)0222

奉納地歌舞伎の小屋掛け=今年1月

奉納地歌舞伎の小屋掛け=今年1月

奉納地歌舞伎の小屋掛け

28日(日)前8・30~正午、愛知県設楽町田峯の田峰観音境内。2月12日(月・祝)の奉納地歌舞伎に備え、住民総出で20メートル四方の芝居小屋を造る。江戸時代から毎年行われ、くぎを使わず青竹と丸太、荒縄で組み上げる。図面はなく、言い伝えだけが頼りの伝統工法を見学できる。(問)町観光協会=0536(62)1000

勝山年の市

28日(日)前8・30、福井県勝山市本町通り。江戸時代に始まり、当時は「ないものがない」と言われるほど何でもそろっていたという。現在は木工品、民芸品、特産品のほかアマゴやイワナの塩焼き、郷土料理などの店が並ぶ。県認定「むらの達人」も出て、ござぼうし、わら細工、竹細工、サケのこうじずしなどを販売。えちぜん鉄道勝山駅発着の電車に合わせシャトルバスも運行。(問)勝山商工会議所=0779(88)0463

トヨタ・マスター・プレイヤーズ、ウィーン

豊田公演は3月26日(月)後7、愛知県豊田市の市コンサートホール、名古屋公演は同28日(水)後7、名古屋市中区の日本特殊陶業市民会館フォレストホール。ウィーン国立歌劇場のメンバーを中心とした特別編成オーケストラの演奏会。豊田ではソプラノ歌手安藤赴美子さんを迎え、モーツァルト「フィガロの結婚」やヨハン・シュトラウス2世「こうもり」などを披露。名古屋では名古屋フィルハーモニー交響楽団も加わり、大植英次さんの指揮でマーラー「巨人」を演奏。豊田はS席6000円、A席5000円、B席3500円。名古屋はS席7000円、A席5500円、B席4000円。チケットは中日新聞販売店などで販売中。(問)中日新聞コンサートデスク=052(308)8282

祭

古式鍛錬「初打ち」

1日(月・祝)前0、福井県越前市余川町のタケフナイフビレッジ。職人たちが新年の無事を祈願し、700年前から伝わる越前打刃物の鍛錬技法を再現した古式鍛錬法「初打ち」を行う。烏帽子(えぼし)に白装束の古式姿の親方と子方が、赤く熱した鉄を鍛える伝統的な作業を披露。当日はフォトコンテストも行われ、躍動感あふれる鍛冶職人の勇姿を撮影できる。(問)ビレッジ=0778(27)7120

花祭り

愛知県の奥三河地方に700年以上前から伝わる民俗芸能で、国重要無形民俗文化財。1月は3町村の5会場で。2日(火)前9~3日(水)後5、東栄町振草古戸(ふっと)の古戸会館。2日後2~3日前8、設楽町津具の白鳥神社。2日後4~3日後3、豊根村下黒川のほのぼの会館。3日後5~4日(木)正午、豊根村上黒川の熊野神社。6日(土)後2~7日(日)後2・30、東栄町振草下粟代の生活改善センター。(問)東栄町振興課=0536(76)0502、設楽町観光協会=0536(62)1000、豊根村教委=0536(85)1611

御神楽(みかぐら)祭り=今年1月

御神楽(みかぐら)祭り=今年1月

御神楽(みかぐら)祭り

3日(水)と4日(木)の前10ごろ~後11すぎ、愛知県豊根村富山(とみやま)の熊野神社。祭場の釜の湯を神にささげ、人々に振りかけて汚れをはらい清める。氏子による「式の舞」や参列者全員が加わる「てんでの舞」に続き、鬼神、兄弟鬼、しらみふくいなどさまざまな面を着けた氏子が舞を奉納し、豊作と無病息災を祈願する。700年ほど前、天竜川を行き来した修験者がこの地に伝えたとされる。(問)村教委=0536(85)1611

「六日祭」で「花奪い」

6日(土)後1~3、岐阜県郡上市白鳥町の長滝白山神社。「六日祭」で長滝の延年を奉納。延年の舞の途中で天井からつり下げられた桜やツバキなどの「大花がさ」を落とし、花を奪い合う。花を持ち帰ると家内安全、商売繁盛につながるといわれる。(問)白鳥観光協会=0575(82)5900

 

盤(ばん)の魚(うお)

11日(木)後1ごろ、三重県志摩市浜島町浜島の宇気比(うけひ)神社。大漁や地域安全を祈願し、出世魚のボラに手を触れずに、箸と包丁でさばく神事。弓引き神事もある。(問)市観光協会=0599(46)0570

勝部の火祭り=今年1月

勝部の火祭り=今年1月

勝部の火祭り

13日(土)後6、滋賀県守山市の勝部神社。県を代表する勇壮な火祭り。境内に勢ぞろいした大松明(おおたいまつ)に一斉に点火され、燃え盛る炎を前に、ふんどし姿の若者たちが乱舞する。(問)神社=077(583)4085

羽広(はびろ)の獅子舞

14日(日)前6ごろ~、長野県伊那市羽広地区。保存会員が羽広公民館に集合、神社や道祖神に舞を奉納しながら仲仙寺へ。同寺では前7ごろから15分ほど、雌雄2体による「阿吽(あうん)の舞」を披露。地区内を巡り門付けもする。(問)市観光協会=0265(78)4111

三寺まいり=今年1月

三寺まいり=今年1月

三寺まいり

15日(月)正午~後9。岐阜県飛騨市古川町の中心部。親鸞聖人をしのび、町内の本光寺、真宗寺、円光寺を参拝する伝統行事。明治、大正時代には野麦峠を越えて信州の糸引き工場に出稼ぎした女性が帰省し、着飾ってお参りしたため縁結び行事として伝わる。瀬戸川沿いに1000本のろうそくが並び、願いを込めて手を合わせる。門前市は正午から、ろうそくの点灯式は後4から。灯籠流しもある。(問)市観光協会=0577(74)1192

初笑い神事

20日(土)後1ごろ、三重県志摩市浜島町浜島の恵比寿(えびす)神社。住民らが恵比寿像を囲んで海に向かって大笑いする。(問)市観光協会=0599(46)0570

遊

新春もちつき大会

2日(火)、3日(水)後0・30、愛知県犬山市の日本モンキーパーク。「モンパ君」「モンピーちゃん」と一緒に餅つきを楽しむ。(問)パーク=0568(61)0870

スケートリンクでお正月

3日(水)後0・30、名古屋市中区の大須スケートリンク。地元の鳴子踊り集団5グループが正月を祝って威勢よく演舞を披露。3日と7日(日)、14日(日)、21日(日)、28日(日)後2から華麗で迫力満点のフィギュアスケートのエキシビションも。滑走料・貸靴代は別途必要。(問)名古屋スポーツセンター=052(321)1591

募集

里山で学ぼう!冬郷土料理と発酵保存食づくり

28日(日)前8、名古屋市のJR名古屋駅新幹線口集合。バスで岐阜県東白川村を訪れ、みそやスルメイカのこうじ漬けづくりを体験、旅館で郷土料理を味わう。後6・30帰着予定。小学生以上対象、参加費6500円。19日(金)までに申し込む。(問)農協観光めぐみの営業支店=0574(62)1070

楽楽平家琵琶塾~諸行無常の世界~

2月28日(水)後1・30、津市一身田上津部田の三重県文化会館。盲目の琵琶法師が語る平家物語「平曲」の唯一の本格伝承者、今井検校(けんぎょう)勉さんの演奏による「那須与一・扇の的」を鑑賞。名古屋女子大文学部の林和利教授が解説。事前申し込みが必要。定員は先着150人。受講料500円。(問)県生涯学習センター=059(233)1151

 
祭礼や催事は変更もあります。お出かけの際は確認をお願いします。

旅コラム
国内
海外