【本文】

  1. トップ
  2. イベントガイド
  3. 3月 中部お出かけガイド

3月 中部お出かけガイド

2018年02月26日

催祭花スポーツ遊募集

催

ウィリアム・モリス 原風景でたどるデザインの軌跡

25日(日)まで、愛知県豊橋市の市美術博物館。19世紀の英国で、多彩な分野で才能を発揮し「生活と芸術の一致」を唱えたモリスとその仲間たちがデザインした布製品、家具、書籍など約100点を紹介。4日(日)と17日(土)後2、学芸員のギャラリートーク(申し込み不要だが観覧券必要)。月曜休館。一般・大学生1000円、小中高生400円。(問)美術博物館=0532(51)2882

エドワード・ゴーリーの優雅な秘密展

25日(日)まで、福井市下馬3の市美術館。不思議な世界観とモノトーンの緻密な線描で熱狂的ファンを持つ異色の絵本作家ゴーリーの不気味で魅惑的な貴重な原画、草稿、書籍など約350点。(問)美術館=0776(33)2990

五箇山菅沼合掌造り集落ライトアップ=2013年

五箇山菅沼合掌造り集落ライトアップ=2013年

五箇山菅沼合掌造り集落ライトアップ

2日(金)~31日(土)の金、土曜(計10日間)、富山県南砺市菅沼。日没~後8、合掌造りの家屋をぼんやり照らし出す。後7から特設会場で五箇山民謡を披露。バスは高岡駅(同県高岡市)から運行。駐車場利用は保存協力金1000円が必要。(問)五箇山総合案内所=0763(66)2468

草間弥生 ALL ABOUT MY LOVE 私の愛のすべて

3日(土)~7月22日(日)前9~後5、長野県松本市中央の市美術館。同市出身の前衛芸術家草間弥生さんの展覧会。一般1200円、高大生800円、中学生以下無料。初日は「松本ナイトミュージアム」として後9まで開館。月曜休館(4月30日と5月7日、7月16日は開館)。(問)美術館=0263(39)7400

越前かに感謝祭

3日(土)、4日(日)前9、福井県越前町厨(くりや)の道の駅「越前」駐車場。越前がに漁を締めくくる催しで、呼び物は越前産水ガニの半身とガマエビが入った「特選かに汁」。両日とも前10・30と後1・30に、各回限定250食(引換券が必要)を1杯500円で提供する。水ガニ早むき大会、ゆるキャラ「かに太郎」とのゲームなどが開かれ、地元の新鮮な魚介類販売や海鮮グルメ屋台も。(問)実行委=0778(37)1234

東濃歌舞伎中津川保存会吉例大会

4日(日)前10・30、岐阜県中津川市の東美濃ふれあいセンター。保存会員らが「仮名手本忠臣蔵 松の間より裏門合点」など4題を上演。歌舞伎役者で市観光大使の市川笑三郎さんが素踊りで特別出演。800円。(問)保存会の兼山会長=0573(66)0083

酒蔵開放

4日(日)前10、福井県坂井市丸岡町の久保田酒造。限定「今朝しぼり」が大人気で、当日早朝に搾った純米醸造生酒と大吟醸生原酒をこの日だけ発売する。好きな言葉を書家に書いてもらいラベルにするサービスも。酒かすはがし体験、新酒や甘酒の飲み比べ、利き酒コンテスト、酒かす詰め放題などがある。えちぜん鉄道下兵庫駅、JR北陸線丸岡駅などから送迎バスがある。(問)久保田酒造=0776(66)0123

あぎの里のひなまつり つるしかざり

7日(水)~11日(日)前9~後4、岐阜県中津川市阿木の中の島公園ふれあいの里。地元の女性たちが手作りしたつるしびな200点余りを展示する。郷土菓子「からすみ」や五平餅の販売、10、11日は手打ちそばの提供もある。(問)阿木事務所=0573(63)2001

モータースポーツファン感謝デー

10日(土)、11日(日)、三重県鈴鹿市稲生町の鈴鹿サーキット。自動車の「F1日本グランプリ」が鈴鹿で今年開催30回目を迎えるのにちなみ、国内外で人気のチーム「フェラーリ」の往年の名車でデモ走行を実施。元F1世界王者のジェンソン・バトンさんらがゲストとなり、トークショーなどのイベントに臨む。無料招待券は公式ホームページから。(問)サーキット=059(378)1111

学生スプリング献血キャンペーン

10日(土)前10・30~後5、名古屋・栄の名古屋三越前・栄広場。学生ボランティアによる献血推進イベント。大須のご当地アイドルOS☆Uによるライブなどで盛り上げ、若者に献血を呼び掛ける。(問)愛知県赤十字血液センター=0561(85)4283

第6回こどものためのコンサート

10日(土)前11、後2・30、愛知県岡崎市の甲山会館。0歳から楽しめる。「サウンド・オブ・ミュージック」からの名曲の数々。(問)岡崎市民会館=0564(21)9121

養浩館庭園ライトアップ

10日(土)、11日(日)後6、福井市宝永3の養浩館庭園。早春の恒例行事で、庭園内の池が鏡のように樹木などを映し出し、約300個の手作りあんどんもずらりと並ぶ。庭園は福井藩主松平家の別邸で、国の名勝。(問)宝永公民館=0776(22)0036

文化庁新進芸術家海外研修制度50周年記念展

10日(土)~4月8日(日)、名古屋・栄の松坂屋美術館。同制度で研修に参加した作家75人の作品を展示。一般800円、高大生600円、中学生以下無料。(問)松坂屋名古屋店=052(251)1111

マーベル展 時代が創造したヒーローの世界

17日(土)~6月10日(日)、名古屋市中区の市科学館。マーベルは「アベンジャーズ」「スパイダーマン」など人気作品を生み出し続けるアメリカン・コミックの老舗。その貴重な資料や衣装など約200点を展示する。作品に登場するテクノロジーを切り口に、科学館ならではの展示解説も。一般1200円、高大生700円、小中生500円。詳しくはホームページで。(問)科学館=052(201)4486

高校生の和太鼓チームが競演=昨年

高校生の和太鼓チームが競演=昨年

高校生の和太鼓チームが競演

18日(日)後0・45~4・20、愛知県東栄町本郷の東栄ドーム。「つながろう! 愛知・希望の音inとうえい」と題した和太鼓フェスティバル。県内8高校と地元の東栄小、町に拠点を置くプロの和太鼓集団「志多ら」などが出演する。運営協力費1000円(高校生以下と障害者無料)。(問)町振興課=0536(76)0502

シカやイノシシ肉を特売

18日(日)前10~後4、愛知県設楽町津具の「奥三河高原ジビエの森」。地元住民が獣害対策で捕獲したシカとイノシシを食肉に加工し、小売価格の2割引きで販売。シカの酒かすなべの無料サービス(先着100人)やバーベキューコーナーもある。(問)ジビエの森=0536(83)3100

-ひと-人・顔・姿

21日(水・祝)~6月24日(日)、愛知県小牧市小牧のメナード美術館。開館30周年記念展。「ひと」に焦点を当てながら、所蔵する絵画や彫刻など約70点を「人」「顔」「姿」の3テーマに分けて紹介。期間中展示替えあり。3月31日(土)後2、「歌仙絵を読み解く-佐竹本三十六歌仙絵を中心に-」と題し、名古屋市の徳川美術館学芸部長、四辻秀紀さんの講演会(先着60人で無料だが会期中の入館券が必要)。電話かファクス、メールで申し込む。月曜(祝日の場合は翌日)休館。一般900円、高大生600円、小中生300円。(問)メナード美術館=0568(75)5787

名古屋城春まつり

24日(土)~5月6日(日)前9~後5・30(24日~4月8日は後7・30まで)、名古屋市中区の名古屋城。名古屋城こども王位戦、宗春おもち祭り、春姫道中など日替わりで。詳しくはホームページ(「城フェス」で検索)。大人500円、市内在住高齢者(敬老手帳持参)100円、中学生以下無料。(問)総合事務所=052(231)1700

常盤座歌舞伎保存会定期公演

25日(日)前11・30、岐阜県中津川市高山の常盤座。1891(明治24)年建造の芝居小屋で、地元の保存会員や子ども歌舞伎教室の小中学生、神戸市の神戸農村歌舞伎保存会のメンバーらが5題を上演する。無料。(問)福岡公民館=0573(72)2144

トヨタ・マスター・プレイヤーズ、ウィーン

ウィーン国立歌劇場のメンバーを中心とした特別編成オーケストラの演奏会。豊田公演は26日(月)後7、愛知県豊田市西町の同市コンサートホール。S席6000円、A席5000円。ソプラノ歌手の安藤赴美子さんを迎え、モーツァルト「フィガロの結婚」やヨハン・シュトラウス2世「こうもり」など。名古屋公演は28日(水)後7、名古屋市中区の日本特殊陶業市民会館フォレストホール。S席7000円、A席5500円。名古屋フィルハーモニー交響楽団と共演、大植英次さんの指揮でマーラー「巨人」を演奏。チケットは中日新聞販売店などで販売中。(問)中日新聞コンサートデスク=052(308)8282

名古屋城酒まつり

31日(土)~4月8日(日)正午~後7・30、名古屋市中区の名古屋城。特製おちょこでご当地の銘酒を楽しむ。詳しくはホームページ(「名古屋城酒まつり」で検索)。前売券2400円、当日券2600円。チケットぴあ店舗、各コンビニで販売中。別途、名古屋城観覧料(500円)が必要。(問)運営事務局=052(962)5223

祭

お水送り

2日(金)、福井県小浜市の神宮寺や鵜(う)の瀬。奈良・東大寺の「お水取り」に先立つ幻想的な神事。後7から大護摩法要。後7・30ごろ、大護摩壇の火がたいまつに移され、大たいまつを持つ山伏姿の行者や白装束の僧に一般参加者も加わったたいまつ行列が2キロ先の鵜の瀬へと続く。到着後、住職が送水文を読みあげて「香水(こうずい)」を遠敷川(おにゅうがわ)に注ぐ。手たいまつは1本1500円(神宮寺で予約可)。(問)若狭おばま観光案内所=0770(52)2082

布川(ふかわ)の花祭り=一昨年

布川(ふかわ)の花祭り=一昨年

布川(ふかわ)の花祭り

3日(土)後1~4日(日)前10、愛知県東栄町中設楽の布川集会所。昨年11月から奥三河3市町村で繰り広げられてきた伝統芸能「花祭り」(国重要無形民俗文化財)のフィナーレを飾る。神事の後、舞は3日後6から始まり、4日前0ごろ、山見鬼と呼ばれる最初の鬼が登場。前4ごろには主役の榊鬼が現れ、祭りは最高潮に達する。(問)町振興課=0536(76)0502

かんべの寝釈迦(ねじゃか)祭り

10日(土)~12日(月)、三重県鈴鹿市神戸の龍光寺(りょうこうじ)。室町時代の画僧、吉山明兆(きっさんみんちょう)が描いたと伝わる大涅槃(ねはん)図を開帳。参道に植木などの露店が並ぶ。(問)龍光寺=059(382)1189

一色神社例祭奉納能

11日(日)前10・30、三重県伊勢市一色町の一色神社。市無形民俗文化財「一色能」を保存会員らが披露。500年の歴史がある一色能の演目のうち、国選択無形民俗文化財になっている「一色の翁(おきな)舞」を神社前で奉納後、近くの一色町公民館で能や狂言、連吟、仕舞などを披露する。雨天の場合、翁舞も公民館で。(問)市教委文化振興課=0596(22)7884

時又初午(はつうま)はだか祭り

11日(日)、長野県飯田市時又の長石寺や天竜川時又港一帯。鎌倉時代に武将が戦勝を願って馬の身を川水で洗い清めた故事に由来。馬や酒だるなどを模した神輿(みこし)を担いだ下帯姿の男衆らが川水をかぶった後、天竜川に入り込み、勇壮に練り歩く。(問)飯田観光協会=0265(22)4851

左義長まつり=昨年

左義長まつり=昨年

左義長まつり

17日(土)、18日(日)、滋賀県近江八幡市の日牟礼八幡宮。400年以上の歴史があり、織田信長も躍り出たと伝えられる祭り。17日午後、色鮮やかに飾られた十数基の左義長が神社を出発し練り歩く。18日は、町内で左義長同士のぶつかり合いも繰り広げられ、後8から境内で燃やされる。(問)近江八幡駅北口観光案内所=0748(33)6061

売木村のお練り

21日(水・祝)、長野県売木村。前9・30ごろ、村役場前から行列が出発。若者が笛の音に合わせて伝統の所作で太鼓を打ち、舞いながら太田稲荷神社境内まで練り歩く。雨天時は前11から、村文化交流センターぶなの木で奉納上演。(問)村教委=0260(28)2677

花

浜名湖花フェスタ

21日(水・祝)~6月10日(日)、浜松市西区のはままつフラワーパークや浜名湖ガーデンパークなど、浜名湖周辺の15施設。ウメやチューリップ、サクラ、フジ、バラ、ハナショウブなどが各施設で順次、見頃を迎える。(問)実行委=053(487)0152

スポーツ

大高緑地健康スポーツまつり

4日(日)前10~後4、名古屋市緑区の大高緑地。健康やスポーツに関するブースを展示。健康相談コーナーや東京五輪の正式種目であるボルダリングの体験ができる。(問)愛知県公園緑地課=052(954)6491

中日歩け歩け大会

4月1日(日)前9~10に受け付け、名古屋市中区の中日新聞社を前10・15にスタート。白川公園をゴールとする約10キロのコース。完歩証と参加賞を贈るほか、日帰り温泉旅行券やホテルランチビュッフェなどが当たる抽選会を実施。参加料は一般500円、小中生300円。申し込みは往復はがきに代表者の郵便番号と住所、氏名(返信用にも)、年齢、電話番号、参加人数を書き、〒460 8511 中日新聞社スポーツ事業部「中日歩け歩け大会」係=052(290)0013(平日前10~後6)=へ。3月16日(金)必着。愛知県内の中京銀行でも受け付ける。

遊

ほたるいか海上観光

21日(水・祝)~5月6日(日)、富山県滑川市の富山湾。観光船に乗ってホタルイカ漁を見学する。出港は前3。大人5000円、小中生3000円。3月1日(木)から受け付ける。(問)市観光協会=076(476)9200

鳥羽湾めぐりとイルカ島 春の体験フェスタ

25日(日)~5月27日(日)、三重県鳥羽市のイルカ島。イルカへのタッチ、おやつやり、スタンプラリーなど。4月下旬~5月27日の土、日曜と祝日の一部には、水上デッキで弁当を食べながらイルカショーを楽しむオプションも。4月28日(土)前9・15~後3、写生大会。(問)志摩マリンレジャー=0599(25)3147

募集

「三多気の桜」で吟行会開く団体

「三多気の桜」で吟行会開く団体

「三多気の桜」で吟行会開く団体

山村地域にヤマザクラ並木が続く津市美杉町三多気(みたけ)の国名勝「三多気の桜」の開花時期に、俳句などの吟行会を開く団体を募集する。例年4月中旬ごろ、古寺「真福院」の参道沿いに植えられたヤマザクラの古木が開花。「日本さくら名所100選」にも選ばれている。国有形文化財の江戸末期のかやぶき屋根農家「田中家住宅」も利用できる。(問)三多気の桜景観保全会の田中会長=090(7032)6487

動く涅槃(ねはん)図を作ろう 身体をつかって美術鑑賞

24日(土)後5~7、名古屋市中区金山の名古屋ボストン美術館。開催中の「ボストン美術館の至宝展 東西の名品、珠玉のコレクション」関連。閉館後に、涅槃図に描かれた人や動物のように寝たり座ったりなど、体を動かしながら美術鑑賞を楽しむ。講師は振付家でダンサーの山田珠実さん。定員20人で無料(当日入館券必要)、メールか往復はがきで10日(土)必着で申し込む。応募者多数の場合は抽選。(問)美術館=052(684)0101

 
祭礼や催事は変更もあります。開花状況などは気候に左右されるので、お出かけの際は確認をお願いします。

旅コラム
国内
海外