【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. ヨーロッパ
  5. ロンドン 英国の味病みつきに

ロンドン 英国の味病みつきに

2008年10月03日

 母国を離れて恋しくなる味は何だろう。私は、納豆だ。ロシア人の友人は、黒パンだと言った。なるほど酸味の効いた味は独特で忘れがたい。英国人がよく挙げるのは、マーマイトなる商品である。

 マーマイト、ご存じですか。見た目はチョコレートペーストだが、味は似ても似つかず、塩辛い。酵母と野菜エキスなどで作ってあり、バターとともにトーストに塗って食べる。

 英国を理解するには、この味を理解するしかない。そう意気込んで初めて食べたときは、頭の中に大きな「?」が浮かんだだけだった。コンソメのような風味だが、実に微妙で煮え切らない味なのだ。それが英国的といえば、英国的なのかもしれないけれど。

 だが三カ月余食べ続けて、病みつきになった。ならばと、納豆に混ぜて食べてみた。日英の文化融合の試みだが、成功とは言い難い味だった。 (星浩)

旅コラム
国内
海外