【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. ヨーロッパ
  5. パリ 恋の都に原油高の影

パリ 恋の都に原油高の影

2008年09月21日

 パリのエッフェル塔が変わる。フランスが欧州連合(EU)の議長国になった7月から毎晩、EU旗と同じ青色にライトアップされていたが、22日にそれが終わるのだ。

 議長国の任期はどうせ年末に切れるし、本来の金色の照明に戻るだけだから、こちらは好みの問題。

 ただ、同時に始まるもう一つの変化は、ちょっぴり重大かも。

 塔全体に仕掛けられた2万個のフラッシュライトが毎夜1時間に1回、10分間点滅するが、その電飾が半分の5分間に縮められるのだ。

 1999年の大みそかから続いている、この街の名物。幻想的なイルミネーションを眺めながらお相手に思いを告げようと考えている人は、これから早口でしゃべらなければいけない、かもしれない。

 原油高は「恋の都」にも確実に影を落としている。 (清水俊郎)

旅コラム
国内
海外