【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. ヨーロッパ
  5. モスクワ 見えハルキないけど

モスクワ 見えハルキないけど

2008年11月07日

 先日、モスクワ市内の大型書店に出掛けたときのこと。

 「日本の本はどこにありますか」。若い女性の店員に尋ねると「ハルキ・ムラカミを探しているのか。私も彼の作品が好きだ」と返ってきた。

 ハルキ・ムラカミとはもちろん、作家の村上春樹氏のことである。ロシアでは1990年代後半に翻訳出版が始まり、あっという間に人気作家の仲間入りを果たした。大抵の本屋には専門コーナーがあるし、新刊は必ず平積みされる。今やロシアで最も有名な日本人といっても過言ではない。

 人気の秘密は定かでないが、店員の女性いわく「ハルキの作品には東洋の心がある」という。「確かに」とうなずいた後で「彼の作品には東洋の心と、西洋のファンタジーが共存している」ともっともらしく解説した。

 「へえー」と感心する彼女。本当は探したかったのは日本の「マンガ」だったのだが、それ以上、尋ねるのはやめておいた。

 (酒井和人)

旅コラム
国内
海外