【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. アメリカ・カナダ
  5. ロサンゼルス 迷宮入り阻む進展は

ロサンゼルス 迷宮入り阻む進展は

2008年12月18日

 ロサンゼルス銃撃事件の関与を疑われた三浦和義元社長がロス市警の拘置所で死亡した。当局は自殺と発表したが、遺族は納得していないようだ。ただ、これで事件の真相が明らかになることは多分なくなった。

 今回の逮捕について検察の公式見解は「新証拠はなかった」とする。だが、三浦元社長の友人で1979年にロス郊外で遺体で発見された白石千鶴子さんの件で、捜査に進展があった可能性も。

 元社長の妻一美さんが銃撃された場所は観光客があまり行く場所ではなかった。白石さんが泊まったホテルも、ビニール袋に入れられた腐乱死体が見つかった場所も郊外の辺ぴな場所だ。身元不明だった遺体は、歯型から本人だと5年後に確認された。

 現在はDNA利用の科学捜査がある。別件で共犯者が逮捕されれば、司法取引で何か自白するということもあり得る。天国の白石さんはどう思っているだろうか。

 (野口修司)

旅コラム
国内
海外