【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. アジア
  5. 台北 追い風感じた生舞台

台北 追い風感じた生舞台

2008年11月11日

 台湾プロ野球のプレーオフを観戦した。今年吹き荒れた八百長疑惑がうそのように、台北の天母球場は超満員。頂点を目指す緊迫感がプロスポーツの命と実感する。「来シーズンは(八百長の影響で)一球団減る予定」と話す連盟職員も胸をなで下ろした。

 スター選手の海外流出もあって人気の衰えが懸念され、球場には野党民進党の蔡英文主席や台北市長も駆け付け、盛り上げに一役買った。

 日本のプロ野球を三年間担当した感覚から言えば、目を見張るレベルではない。とは言っても、生で見る野球はやはり格別だ。特にこの球場は、陽明山国家公園に連なる山すそが後方に広がり、吹き抜ける風が心地よい。

 通路には本場のギョーザやちまきが並ぶ。イカ焼きのにおいにもそそられる。何より、生ビール一杯五十台湾元(約百五十円)の安さが胸(腹?)に染み入った。

(栗田秀之)

旅コラム
国内
海外