【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. ヨーロッパ
  5. ロンドン 肩書不要の良質授業

ロンドン 肩書不要の良質授業

2009年02月05日

 ロンドンのトラファルガー広場に面した絵画専門の美術館。ギャラリーの床に10数人の小学生たちが座り、学芸員らの話が始まる。居合わせた大人の見学者も聞き耳を立てている。

 「この絵が好きな人は」「村の風景の中に鳥は何匹見つかるかな」

 期待した美術の解説ではなく、どちらかといえばお絵描きの延長のようだ。子どもたちはよく反応し、「この花は黄色じゃなくて、私だったら赤く塗る」と言って先生を黙らせる女の子もいた。

 子どもたちが無名の絵に夢中になっている隣ではルーベンスやフェルメール、モネといった画家の絵が見向きもされずに壁に掛かっている。「もったいない」と思うけど、名画の肩書にとらわれない教え方なのだろうか。

 市内の国立美術館は特別展以外は無料という制度が、こんな授業を支えている。

  (松井学)

旅コラム
国内
海外