【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. ヨーロッパ
  5. ベルファスト 事故原因は暗礁に…?

ベルファスト 事故原因は暗礁に…?

2009年04月15日

 かつて造船で栄えた北アイルランドの港町ベルファスト。造船所の跡地を見渡し、観光担当の市職員が「ここに世界で最も有名なアイルランド製品の博物館を造ります」と得意げに話した。

 なぞなぞの答えを聞くと、豪華客船タイタニック号。1912年に沈没した同船はこの町で建造された。新築5階建ての博物館は今年着工し、沈没からちょうど100年の2012年に完成を予定する。

 タイタニック号は当時、世界最大で「不沈船」と宣伝された。最高の造船技術を集めたことを地元は誇りにする。一方で約1500人の犠牲者を出し、沈没事故の原因はいまだに議論になる。

 昨年には、米科学者が、船が氷山にぶつかって急に沈んだのは造船会社が使ったリベットの強度が十分でなかったためだ、との新説を発表したという。市職員は「最高の製品だったのに。問題は運航だった」と納得できない表情。さて博物館は「史実」をどう物語るのだろう。 (松井学)

旅コラム
国内
海外