【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. 中国
  5. 北京 誤解解くには生身で

北京 誤解解くには生身で

2009年04月20日

 日中青少年交流事業で日本にホームステイした中国の高校生に感想を聞くと、よく同じ答えが返ってくる。

 「日本は軍国主義じゃなかったので、驚きました」

 中国のテレビでは、日中戦争を題材にしたドラマがたびたび放映され、日本兵は常に残虐に描かれる。以前見た番組では、鬼のような表情の日本兵が、占領した村で中国人捕虜を処刑。日本刀で腹をえぐられ息絶える姿を、村人は悔し涙を流して見届けた。

 中国の若者は「ドラえもん」「名探偵コナン」など現代日本を舞台にしたアニメを見て育ち、日本へのあこがれもあるのだが、ドラマの強烈な印象も脳裏に残っている。

 どこかの首相が「日本のアニメは世界一」と自慢しても、越えられない壁はある。やはり、地道な生身の交流を重ねるしかない。

 日本を訪れた高校生たちは、こうも言っている。「日本人はみんな優しいことが、よく分かりました」

  (平岩勇司)

旅コラム
国内
海外