【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. ヨーロッパ
  5. ベルリン 支援の心も利用され

ベルリン 支援の心も利用され

2009年05月12日

 地下鉄に乗っていると、新聞売りがやって来た。以前、取材したことのあるホームレス支援の新聞だ。定価1.2ユーロ払うと、半分ほどが本人の収入になる。いつも2ユーロ玉を渡してお釣りも取ってもらうことにしていた。

 だがその時、大きなリュックを背負った若者は「2.1ユーロです」と言う。

 値上がりしたのかと思いつつ、細かいのがないので2ユーロ玉2枚を渡すと、「新聞はお持ちになりますか」と言う。売るからには渡せと言って受け取ると、新聞は折れ曲がっていて、明らかに読み古されている。

 さては、ごみ箱から拾って“再利用”したな。仕入れもタダだから、渡した4ユーロは丸もうけだ。これでは正直に仕入れているホームレスが報われない。

 顔を上げると、若者は電車を降り、閉まるドアの向こう側に。ううむ、頼むから、それで酒なんか買わないでくれと祈るばかりであった。 (三浦耕喜)

旅コラム
国内
海外