【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. アジア
  5. サンニコラス 援助と死…心に重く

サンニコラス 援助と死…心に重く

2009年05月28日

 フィリピン北部パンガシナン州のサンニコラスで、貧しい農家に泊めてもらった。孫(5つ)と二人で住むドミンガさん(65)が、井戸の水をくみ、薪(まき)でご飯を炊いてくれた。

 ドミンガさんの夫ホセ・ドトンさんは3年前、近くの農道で射殺された。日本が援助したサンロケダム建設に反対する運動のリーダーだった。

 夜になると、家族や友人たちがやってきてホセさんの話をしてくれた。一緒に撃たれた弟ジョスダードさんも、傷を見せながら説明してくれた。

 犯人一人が捕まったが、政治的な背景は分かっていない。間違いないことは、事業に反対していた農民のリーダーが、何らかの理由で殺された-ということだけだ。

 彼の死と、自分が支払ってきた税金の関係について考えてみたが、正直に言って、よく分からなかった。その夜、ドミンガさんが作ってくれた夕食は温かく、とてもおいしかった。

 (吉枝道生)

旅コラム
国内
海外