【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. アジア
  5. 台北 風化させない難しさ

台北 風化させない難しさ

2009年03月23日

 国民党政権が台湾人を虐殺した1947年の「二・二八事件」に、台湾の人たちはさまざまな思いを抱いている。

 父親が犠牲になり、自ら事件の真相究明を続ける遺族の一人は「知れば知るほど恐ろしく、憎い。国民党が信じられると思います?」と訴える。

 台湾政府が観光名所「台湾民主紀念館」の名前を、事件当時の国民党最高指導者・蒋介石の功績をたたえる「中正紀念堂」に戻した措置に遺族らは反発するが、国民党関係者は「著名な歴史的建造物であり、『民主紀念館』では意味がない」と主張する。

 国民党独裁政権時代は教科書にも載っていなかったから、事件そのものを知らない世代もいる。「時間がたち過ぎて、事件が特別なことだとは思わなくなった。今、思い返す必要があるだろうか」と吐露する事件の目撃者さえいる。

 悲劇から62年。人権侵害の恐怖を語り継ぐ難しさを実感した。

 (栗田秀之)

旅コラム
国内
海外