【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. 中国
  5. 済南 希望の灯 消さないで

済南 希望の灯 消さないで

2009年07月02日

 山東省済南市の空港出口で「ライター売りのおばあさん」に遭遇した。農民風のお年寄りが両手に10個ほど握り締め「ライターはいらんかね」と声を掛けてきた。

 売値は1個1元(約14円)。中国では昨年から、テロ対策で機内へのライター持ち込みが禁止に。搭乗時にライターを没収された喫煙家向けの新商法という。

 ただ、農村の市場で仕入れた古ぼけたライターを買う人は少ない。「1日で売れるのは2、3個。月収は30元(約420円)かねえ」。30元?北京の工事現場で働く低賃金の出稼ぎ農民の「日給」分だ。

 「ほかに仕事もない。仕方ない」。思わず「田畑は無いの?」と尋ねると、地面を指さし「空港建設に取り上げられた。補償金も残ってない」。おばあさんは力のない笑いを浮かべ、次の客へ向かった。ライターに火を付けると、細い炎がともった。

 (平岩勇司)

旅コラム
国内
海外