【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. アジア
  5. ジャカルタ 配分法が重要戦略!?

ジャカルタ 配分法が重要戦略!?

2009年08月05日

 貧しい人たちは、何を基準に投票したのか。それを知りたくてインドネシア総選挙後、ジャカルタの貧困地域をめぐった。多様な意見を聞けたが、投票の基準の一つは米や砂糖だった。

 「与党は貧困層に関心を持ち、助けてくれている」。よくよく聞くと、選挙前に米、砂糖、食用油などをもらっている。「与党は不公平だ。政策に偏りがある」。よくよく聞くと、隣人は米や砂糖をもらったのに自分はもらえなかった、と訴える。

 野党のTシャツを着ている男性に投票先を尋ねると「与党だ」と苦笑する。「この党がくれたのはTシャツだけ。Tシャツだけでは暮らしていけない」

 と、ここまで書いたところで目にした地元ニュースに笑ってしまった。落選者が、選挙中に配った物を返すよう有権者に要求しているそうだ。本当は笑っていい話ではないが。 (吉枝道生)

旅コラム
国内
海外