【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. アメリカ・カナダ
  5. ニューヨーク 破たんの元凶見たり

ニューヨーク 破たんの元凶見たり

2009年08月03日

 ニューヨークに来て約1年たつが、この街のお金の流儀にはなかなか慣れずにいる。

 例えば割り勘。自分の分は現金で払っていたのだが、最近親しくなった複数の金融関係者からカード払いを勧められた。3人ならカードを3枚出し、店に請求を3等分してもらって各自サインする。「10人で平気で10枚出すグループもいるよ」と言う。

 銀行員の知人は「現金で買う人を見ると、この人はカードを持てないのかなと思う」とも言う。カードはその人の信用そのもの。限度額の大きいカードは地位の象徴だ。彼は「たくさん借りられるのは財産」「借金で自殺するという感覚がわからない」とまで言う。

 月々の返済義務が緩いため、平気で身の丈以上の生活ができてしまう。借金への抵抗感のなさには驚く。でも、金融危機で、そんな時代も変わるのだろうか。 (加藤美喜)

旅コラム
国内
海外