【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. 中国
  5. 北京 解釈は自由の革命歌

北京 解釈は自由の革命歌

2009年08月25日

 親しい中国人と食事中、「『共産党がなければ新中国はない』という歌を知ってる?」と尋ねられた。「♪共産党は人民を解放した」と歌う、中年以上の中国人はみな口ずさめる革命歌曲だ。

 彼はニヤリと笑い、「もう一つ意味があるんだ。『共産党がなければ、こんな中国はなかった』って」。

 彼は言う。今の中国人は金ばかり追い求めている。共産党独裁で政治に希望がないためだ。言論の自由を認め、野党をつくって政権を監視すべきだと。

 持論の後、「でも」と付け加えた。「中国は13億の人口を抱え国土も広い。分裂を防ぐには一党支配は仕方ない」。結局、中国でよくある意見に落ち着いた。

 しかし突然なぜ、ご法度の政治批判をしたのか。「買った株が暴落した。党がしっかり経済を管理しないからだ」。義憤の理由は小さかった。先の歌曲は確かに「♪共産党は人民の生活を改善する」と歌っているが。 (平岩勇司)

旅コラム
国内
海外