【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. アジア
  5. ウランバートル 勝因が“口撃”術とは

ウランバートル 勝因が“口撃”術とは

2009年06月09日

 先ごろ行われたモンゴル大統領選は、中傷合戦ばかりが目についた。

 モンゴル人は、清朝時代に間接支配された経緯から中国に嫌悪感を抱くとされ、現職だったエンフバヤル陣営は「相手候補の先祖は中国人。それに性格は口先ばかりだ」と攻撃。エルベグドルジ陣営は「相手は公金で私腹を肥やしている」と応酬し、モンゴルの外交筋は選挙戦を冗談交じりに「泥棒とペテン師の争い」と表現した。

 政策面の争点が分かりにくい中、勝ったのはエルベグドルジ氏。モンゴル紙は選挙戦後、「両陣営とも、悪口を言うためにテレビCMに膨大な金をかけた」と批判。現職の敗因を「中傷の仕方が悪かった」と皮肉たっぷりに分析した。

 「選挙中は両陣営が次々に自宅に来て、うんざりだった」とはウランバートルのタクシー運転手。選挙が終わり「やっと解放される」と苦笑していた。 (朝田憲祐)

旅コラム
国内
海外