【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. アメリカ・カナダ
  5. デトロイト 一線越えて苦難の道

デトロイト 一線越えて苦難の道

2009年09月14日

 車を運転して外国に迷い込んだのも、“国外追放”されたのも初めてだった。

 米ミシガン州デトロイトに夜中の便で到着し、レンタカーでホテルを目指すと、カーナビゲーションが指示した高速道路は工事中で閉鎖。仕方なく側道に出ると、いつしかカナダとの国境の橋を越えていた。

 そんなつもりはなかったので、パスポートはない。カナダ側で事情を話すと「入国を辞退します」という書類にサインさせられ、米国側に戻された。

 問題は再入国。パスポートがないと伝えると別室行きを命じられ「連邦法違反だ」と係官2人にこってり絞られた。「外国人は常時携帯が義務だろ」「君は本当に日本人なのか」。壁でほほ笑むオバマ大統領の写真に助けを求めたかった。

 約1時間後に釈放されたが翌日、また同じことをしてしまった。「ばかにしているのか」と怒られ今度は2時間かかった。国境の重みをあらためてかみしめた。 (阿部伸哉)

旅コラム
国内
海外