【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. 韓国
  5. ソウル 甘くはない語学習得

ソウル 甘くはない語学習得

2009年10月10日

 「池袋のナイトクラブ。ええ知ってます。まだ、あるんですか?」。ソウルの昼下がり、通い慣れた喫茶店に日本語が響いた。見れば着飾った地元のご婦人。同席の女性が発音を丁寧に直し、もう一度。「ナイトクラブ。ありますか?」

 自宅近所のこの店はマンツーマンの語学練習場になっていて各テーブルで日本語や中国語、英語が飛び交う。「最近は減少傾向が続き…」。流ちょうな日本語に聞き入ってしまうこともある。

 もちろん、外国人相手の本格的な韓国語レッスンも盛ん。若い女性講師が多い某有名大の夜間スクールは「デートの誘い方」まで手ほどきする。

 講師が生徒の恋人役を実演。教室にアダルトな雰囲気が漂うが、必死の誘い文句に返ってくるのが「その程度じゃダメね!」。決して甘い言葉ではないところがミソか。

 語学の「やる気」を刺激しようと、教える側も実は懸命。ギリギリの工夫が今日も続いている。 (福田要)

旅コラム
国内
海外