【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. アメリカ・カナダ
  5. キタニング 高い意識 見えた集会

キタニング 高い意識 見えた集会

2009年10月25日

 米ペンシルベニア州の山あいの町キタニングで開かれたスペクター上院議員(民主党)の対話集会は迫力満点だった。医療保険改革をめぐりヤジと怒号の中、公的保険導入反対派の住民が議員に次々と怒りをぶちまける。

 オバマ大統領は「私の集会では誰も叫んだりしない」と、こうした議員の集会は実情を反映していないと言わんばかりだが、果たしてそうだろうか。

 確かに8割方反対派で占められた議員の集会は、共和党系団体が動員をかけていて、世論を正確に反映しているとは言い難い。

 半面、集会ではある男性が反対論で声を荒らげつつも、ヤジの加勢には「議員に礼を尽くせ」と一喝。大きな拍手がわき起こる一幕もあった。

 大統領の対話集会が決して「官製」だとはいわないが、議員の集会の方がより健全に思えた。各種世論調査では、8割まではいかないものの軒並み改革反対が賛成を上回っている。これは厳然たる事実だ。

 (岩田仲弘)

旅コラム
国内
海外