【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. 中国
  5. 麻栗坡県 自由になれない少女

麻栗坡県 自由になれない少女

2009年11月04日

 中国・雲南省の省都昆明から南へ車で12時間。ベトナムとの天保国境は熱帯植物が生い茂る山中にある。住民は、通行証さえあれば国境を自由に往来でき、多くは貿易をなりわいにしている。

 その日、ベトナムから一人の少女が歩いて国境を越えてきた。10代後半だろうか。何の商売をしているか興味を持ち、話しかけた。片言の中国語は理解するようだったが、顔も上げず、逃げるように長屋の一角に入ってしまった。

 そこには「マッサージ」の看板があった。出てきた経営者らしき男性が「30元(約400円)。遊んでく?」と声をかけてきた。彼女はここで売春していたのだ。

 「中越間の荷物を運ぶ運転手らが常客さ」と地元住民。辺りには同じような店が10数軒ある。働き手はみな、貧しい家に生まれたベトナム人だという。

 中越戦争から30年。両国国境は戦場から自由貿易区へと変化を遂げようとしているが、その陰にはこんな現実もある。 (朝田憲祐)

旅コラム
国内
海外