【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. ヨーロッパ
  5. パリ 名文句 使い回しでは

パリ 名文句 使い回しでは

2009年11月25日

 フランスのサルコジ大統領が先週、農産物価格の下落に苦しむ農家たちの救済策を発表した。その演説が、からかいの対象になっている。

 「農家とは、気候と市場と法令に合わせて永遠に変化し続けなければならないかじ取りの難しい企業の経営者だ」。自分は農業の厳しさを分かっていると強調した回りくどい決めぜりふが、8カ月前の演説と一字一句違わなかったからだ。話す速度や抑揚さえも。

 ふだんは迫力ある演説を武器にする大統領だけに、ちょっとした失点といえる。テレビのキャスターは、問題の2つの演説を画面に並べて再現し、ほかにも同じせりふが多いと指摘した上で「まるでコピー・アンド・ペースト(張り付け)だね」とにやり。「現在の大統領府は演説メモも満足に管理できないらしい」と大げさに嘆いてみせた。

 おそらくメモをつくった官僚の怠慢と、大統領自身の気の緩み。日本の政治家は大丈夫?

 (清水俊郎)

旅コラム
国内
海外