【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. ヨーロッパ
  5. モスクワ 改善はおぼしめし?

モスクワ 改善はおぼしめし?

2009年12月05日

 車に乗れば、渋滞でストレスをためるか、でなければひやりとするのがモスクワ。特に深夜や休日、片道何車線もある広い道路をカーレースのごとく飛ばすタクシーに乗ると寿命が縮む思いをする。飲酒運転とおぼしき車を見かければ外へ出るのもためらわれる。

 内務省統計によると、今年1~8月の交通事故死者は1万5800人。昨年1年間の日本の死者数のほぼ3倍だ。そうでなくても人口減が深刻なロシアのこと、業を煮やしたメドベージェフ大統領は今夏、政府に徹底対策を指示したが、らちが明かないようだ。

 ついにこんな手も登場した。シベリアのケメロボ州内務局がロシア正教の司祭に協力を要請。司祭は交通パトロールに同行し、事故多発路で聖水の儀式を行うとともに、運転手に安全順守を呼び掛けている。「おかげで事故が急減した」と内務局。やはり究極は神頼みか。 (中島健二)

旅コラム
国内
海外