【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. アメリカ・カナダ
  5. チャタヌーガ 旧敵も今や恋女房に

チャタヌーガ 旧敵も今や恋女房に

2009年12月20日

 「そういや日本人には思い切りフラれたなあ」。取材で訪れた米テネシー州南東部の商工業都市チャタヌーガ。地元商議所の人と雑談中、ふとそんな話が出た。

 「でも、代わりにドイツ人がお嫁に来てくれたけどね」。昔の恋物語かと思いきや、実はトヨタの話。全市を挙げてトヨタの米南部工場誘致に取り組み、最終候補地に残ったのだが、隣のミシシッピ州に負けてしまった。

 しかし、傷心の同市に来たのがフォルクスワーゲン(VW)社。2千人の雇用を生む新工場は2年後に稼働予定で、大きな経済効果が期待されている。

 ただ、「ものすごい皮肉があるんだよ」と彼。VW工場が建つのは第二次大戦中の軍需工場跡地。そこはかつて、ドイツ爆撃用のTNT火薬の製造拠点だった。「軍用車両を造っていたVWも標的の一つだった」と彼は言う。かつての敵が街の救世主に-。何とも不思議な歴史の巡り合わせにしばし思いをはせた。 (加藤美喜)

旅コラム
国内
海外