【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. 中国
  5. 上海 整形が新手わいろに

上海 整形が新手わいろに

2009年12月22日

 自宅の鍵をなくし、合鍵を作ったら劣悪だった。正確にコピーできておらず、なんとかドアが開くという出来栄え。コピー製品は中国が1番なのに、仏系大手スーパー内の店を選んだのが、失敗だったのかもしれない。

 上海では、パソコン製品や、衣服やバッグなどブランド品のコピーが街にあふれている。品質は向上し、今では簡単には本物と見分けがつかない。

 最近は、美人をコピーする美容整形も人気だ。中でも腕が立つと評判の整形外科医が「顧客の約4分の1は官僚とその妻が占める」と暴露した。

 官僚は地位が上がるとマスコミへの露出が増え、見栄えが市民の受けに影響を与える。一党独裁の中国でも、市民の意見が少なからず、官僚の出世に反映する時代になった。

 ただ、費用は業者持ちが多いという。発覚しにくい新手のわいろとして、双方に喜ばれているとか。現金、車は既に渡し済みということかもしれない。

 (小坂井文彦)

旅コラム
国内
海外