【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. ヨーロッパ
  5. オスロ 現実にも快い調べを

オスロ 現実にも快い調べを

2010年01月28日

 ノルウェーのオスロでノーベル平和賞授賞式を取材した帰り、飛行機の待ち時間に、フィヨルドに向かって巨大艦船のようにそびえる歌劇場に寄った。

 演目はイタリアの作曲家プッチーニの「西部の娘」。音楽のすばらしさとは裏腹に、欧州人が夢想するおとぎ話のような西部劇になりがちな舞台には、幻滅することもしばしばだ。でも、カナダ出身のカーセン氏の演出は西部劇映画に触発された現代人の幻想としてドラマを描いているようで、おもしろい。

 幕あいに隣のノルウェー女性に話しかけられた。「みんなオバマさんを見たいって。でも(平和賞は)重圧になったかしら…」

 あまりに期待が高まれば、幻想を生む。前夜、街頭デモに加わっていた運動家は、オバマ大統領の「核なき世界」を賛美しながら、今の取り組みに不満を漏らした。現実は容易に変わらぬにせよ、響きのよい言葉でオペラのような幻想の世界に誘い込むだけでは罪である。 (嶋田昭浩)

旅コラム
国内
海外