【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. アメリカ・カナダ
  5. サンフランシスコ 根気も電気も必要で

サンフランシスコ 根気も電気も必要で

2010年01月21日

 米国では、年明け1週間くらいクリスマスの飾り付けが残される。筆者が住むサンフランシスコあたりでは、窓やベランダの電球の縁取りを年中付けっぱなしでクリスマスという家も見かける。

 クリスマスの飾り付けに費やす労力は大変なものだ。窓際にクリスマスツリーを飾り、夜はカーテンを開け外から見えるようにする家庭は多い。家によっては、前庭に電気仕掛けで動くサンタクロースやトナカイも。

 片付けも楽ではない。飾り物をツリーから一つ一つ外し、仕分けして箱詰めし、組み立て式のツリーであれば部分ごとに分解して収納するのはかなり面倒だ。飾る前から気が重くなり、「今年はクリスマスツリーを飾ろうか、面倒だからやめようか」という会話もよく交わされる。

 そこで、ツリーをそのままガレージに入れて、翌年までカバーをかけておくという横着者もいるらしい。 (岡田幹夫)

旅コラム
国内
海外