【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. アジア
  5. コタキナバル 国境・国籍超え生活

コタキナバル 国境・国籍超え生活

2010年02月12日

 「タガログ語(フィリピン語)が通じるよ」と言われて向かったマレーシア・ボルネオ島のサバ州コタキナバル。州内に住むフィリピン人は30万人ともいわれる。

 店員やタクシー運転手にタガログ語で話し掛けると、みな「フィリピンから来たの?」と目を輝かせる。近くのミンダナオ島などから渡ってきたフィリピン人たちだ。彼らにとって、コタキナバルはマニラより近い「お隣」であり、国境は大きな意味を持たない。

 ある飲食店員は「一度ふるさとに帰りたい」と嘆く。「お金がたまったら帰るの?」と聞くと「いや、まあ…」と言葉を濁す。不法移民で、ビザの問題があるらしい。

 実際、何人のフィリピン人がいるのだろう。マレーシアの比大使館に聞いてみると「そんなのだれにも分かりません。山の中にも大勢いるし、勝手に行ったり来たりしてるし」と笑われた。(吉枝道生)

旅コラム
国内
海外