【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. 中東・アフリカ
  5. カイロ 命は修理できないよ

カイロ 命は修理できないよ

2010年04月01日

 自宅マンションのエレベーターに乗っていたら故障して止まり、閉じ込められた。

 このエレベーターはドアも完全に閉まらないオンボロ。30年以上、使われているとみられる。ドアのすき間も脱出できるほどの幅はなく、携帯電話で支局の助手に「助けに来てくれ」と連絡した。

 カイロでは建物も車も古く、1970年代製造のタクシーも珍しくない。少々故障しようとも、安易に捨てないのがエジプト流。件(くだん)のエレベーターも日本なら買い替えが検討されようが、警備係のおじさんが「また止まったら非常ベルを押してくれ。助けに行く」と胸をたたくのみ。今日もドアにすき間をつくったまま稼働中だ。

 支局の助手は最近、エジプト人の友人から「トヨタの問題はそんなに深刻なのか」と尋ねられた。その友人は「おれの車もアクセルを踏むと時々戻らないが、自分のつま先を使って戻す。そんなに難しくない」と真顔で語っていたという。

(内田康)

旅コラム
国内
海外