【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. アメリカ・カナダ
  5. サンティアゴ 南米屈指の勤勉気質

サンティアゴ 南米屈指の勤勉気質

2010年06月09日

 アルゼンチン西部の町メンドサからアンデス山脈を夜行バスで越え、チリに入った。大地震で空港が閉鎖され、山越えを余儀なくされた。所要8時間。月明かりに近くの山並みが浮き上がるが、標高7000メートル近い最高峰アコンカグアがどこにあるのか見当もつかない。

 「同じ南米でも、陽気なアルゼンチンなどと違いチリの人は暗い」とサンティアゴで会った日本人駐在員。偶然知り合った地元の大学生のマックスさん(23)も「みんな、怒ったような顔をして歩いているでしょ? 家の中では冗談ばかり言ってるんだけど…」と同胞の気質を説明する。

 でも、きまじめさは仕事の正確さと表裏一体。地震で陥没した道路の復旧の早さは外国人記者を驚かした。地下鉄の駅も清潔。汚臭漂う米国の大都市より数段上だ。「先進国」の象徴の一つ、南米初の経済協力開発機構(OECD)入りもうなずけた。 (嶋田昭浩)

旅コラム
国内
海外