【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. ヨーロッパ
  5. ライプチヒ 今やコスプレ見本市

ライプチヒ 今やコスプレ見本市

2010年06月21日

 ドイツ東部ライプチヒ恒例の書籍見本市をのぞいた。規模ではフランクフルトが勝るが、旧東独時代には東西世界の接点の役割も果たした。今年も約40カ国から2000を超す出展があり、4日間で15万人以上の来場と盛況だった。

 ノーベル賞作家の朗読会や最先端の電子書籍展示などを尻目に、会期終盤の会場を埋め尽くしていたのはコスプレの若者たち。アニメの中から飛び出してきたようなファッションは日本でもおなじみだが、ドイツ人もかなり“はまっている”。トイレ前に並ぶコスプレーヤーの列にびっくりしていたら、照明を落とした中に何千人も集まっているコスプレゾーンがあってもっと驚いた。

 日本の漫画やコスプレグッズに群がる色白のドイツ人たちの中に顔を真っ青に染めた女性が。「これはまさか」と尋ねると「アバター」。最新映画とは…どんどん進化している。 (弓削雅人)

旅コラム
国内
海外