【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. 韓国
  5. ソウル あすは我が身 心得て

ソウル あすは我が身 心得て

2010年06月25日

 韓国最大財閥サムスン・グループの李健熙(イゴンヒ)前会長(68)が先月、サムスン電子会長として約2年ぶりに経営の一線に復帰した。決断の理由のひとつはトヨタ自動車のリコール問題だった。

 「世界の一流企業が倒れている。サムスンもいつどうなるか分からない」。復帰当日、会長就任の辞がサムスン社内ネットワークに掲示された。スマートフォンで出遅れていること、米国でトヨタの評判が瞬く間に崩れていく姿に、危機感を募らせた結果だという。サムスンは過去最高の売り上げを記録したばかり。会長の言葉におやっと思った。

 他企業にもトヨタの「失敗」は人ごとでない。現代自動車は米でシェア拡大の好機と喜ぶよりも、かえって緊張感が強まったと知人は話す。

 会長は「10年以内に今のサムスンを代表する製品は大部分が消えるだろう」と見通す。10年先を見る力とは何だろう。企業経営は難しい。      (築山英司)

旅コラム
国内
海外