【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. ヨーロッパ
  5. パリ 地下にもぐって運動

パリ 地下にもぐって運動

2010年07月07日

 「わが国の失業率をご存じですかー?」「10%!」

 「そんな政治に我慢できる?」「ノーン!」

 パリの地下鉄の車内に駆け込んだダニエルさん(38)が地声で演説を始めた。六人の仲間が合いの手を入れた。左派の少数政党の新手の選挙運動だ。

 午前十時。混雑する時間帯は避けるため乗客は十四人。苦笑いする人、携帯電話を片手に「うるさい」と怒る人。それでも全員がチラシを受け取った。

 地下鉄は二分で次の駅に到着。一行はいったんホームに飛び出し、全力疾走で隣の車両に移って演説を繰り返した。

 「ほんのひとときだけれど、このやり方なら有権者は逃げていかない」とダニエルさん。街頭演説をしてもなかなか足を止めてもらえない悩みは、どの国の政党も一緒らしい。

 アコーディオン弾きや物ごいと同様、この街の地下鉄の新名物になるかもしれない。 (清水俊郎)

旅コラム
国内
海外