【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. アメリカ・カナダ
  5. ニューヨーク 文豪ゆかりの看板娘

ニューヨーク 文豪ゆかりの看板娘

2010年09月28日

 ヘミングウェーやフィッツジェラルドなど、多くの作家が集った文学サロンで知られるニューヨークの老舗ホテル「アルゴンキン」。ここにかわいい「看板娘」がいると聞き、会いに出掛けた。

 彼女の名はマチルダ、15歳。バーでその名のついたカクテルを数杯飲み、ほろ酔い気分で居場所を聞くと、彼女はロビーの隅ですやすやと眠っていた。

 マチルダは白いふさふさの毛が自慢のラグドール種の猫。1930年代にふらっと迷い込んだ猫がすみ着いて以来、彼女で9代目。雄はハムレット、雌はマチルダと名前が決まっているのだそうだ。今や世界中のファンがいて専用のメールアドレスもあるほどだ。

 寝顔をずっと見つめていたら、「なでていいですよ」とホテルマン。文豪ゆかりの猫だから、文章がうまくなれるかも。いい記事が書けますように。そう願ってひたすらなでると、マチルダがしつこいなあと言わんばかりに「ニャア」と片目を開けた。

 (加藤美喜)

旅コラム
国内
海外