【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. アメリカ・カナダ
  5. ニューヨーク 博物館で目覚める朝

ニューヨーク 博物館で目覚める朝

2010年10月11日

 映画では化石のティラノサウルスなど、博物館の展示物が夜になると暴れだすのだが、果たして-。

 「ナイト・アット・ザ・ミュージアム」。ヒット作の舞台となったニューヨークの自然史博物館は夏休み中、親子で一晩泊まり込める企画を実施している。イベント名も映画のタイトル通り。

 昼間とは一転した夜の不気味な静けさが映画のモチーフなのだが、当夜は人気企画だけあって数百人が参加。恐竜化石の展示フロアは照明が落とされ、懐中電灯で「探検」するが、恐竜たちは人込みに気おされたように固まっている。

 寝袋をシロナガスクジラの実物大模型の下に敷き、消灯後も闇に浮かぶ巨体が動かないか目を凝らしたが、周りの寝息とともにまぶたが重くなってきた。

 翌朝、息子と2人で人けのない恐竜化石フロアに戻った。白い光の中で際立つ骨格化石の黒さ。動きはないが、早朝の博物館の荘厳さは映画のシーン通りだった。(阿部伸哉)

旅コラム
国内
海外