【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. 韓国
  5. ソウル 商業主義の前に落胆

ソウル 商業主義の前に落胆

2010年10月13日

 8月初めにソウル郊外の南北軍事境界線に近い臨津閣で開かれる予定だった大規模な野外コンサートが、主催者と投資家とのトラブルなどで突然中止となった。

 1969年に米ニューヨーク州で開かれた野外コンサート「ウッドストック・フェスティバル」を参考にした企画。「韓国版ウッドストック」と呼ばれ海外の有名アーティストも参加する予定だっただけに、話題を呼んでいた。

 「まいりました。当面の目標が消えちゃって」。韓国のロックバンドでベースギターを担当する知人の金泰禾さん(26)は肩を落として話した。

 アルバイトをしながら活動を続ける金さんのバンドは、別の演奏会をキャンセルしてまで、この公演への出演を楽しみにしていた。商業主義の論理に押され、下積みミュージシャンの夢が消えたことに金さんと一緒にため息をついたのだった。(城内康伸)

旅コラム
国内
海外