【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. 中国
  5. 舟曲県 違反いとわない協力

舟曲県 違反いとわない協力

2010年10月23日

 中国甘粛省の土石流被害の取材の際、西安の空港でチャーターしたタクシー運転手はなかなかの強者(つわもの)だった。

 「被災地の舟曲に行きたい」と告げると、「よし分かった」と自宅に戻り、自家用車のナンバーを別のナンバーに付け替え。「大丈夫か」と尋ねると「大丈夫」と自信満々。高速を180キロでぶっとばし、路肩からの追い越しは当たり前。

 舟曲に入った橋での検問は、警官に「中国中央テレビの記者を乗せている」とうそをつき通り抜け。次の検問で止められると車を放棄し、消防の緊急車両を無理やり止めて乗り込んだ。おかげで行きは約2キロ歩いただけで現場にたどり着いた。

 電話会社にネット回線を借りる時は運転手自身が「北京から来た記者」になりきっていた。

 違反は違反。だが、順法精神が染み付いた日本人には到底かなわない、中国人パワーを見せつけられた。(安藤淳)

旅コラム
国内
海外